« 安倍総理の発言以上に民主党が | トップページ | ハム・二岡の戦力外とハンカチ斎藤佑の「10.2」 »

2013/09/29

2014年こそハムは再浮上できるのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000034-dal-base

栗山監督「一番悪いのはオレと吉川」 下位低迷の責任を痛感

デイリースポーツ 9月28日(土)15時17分配信   

 「オリックス‐日本ハム」(28日、京セラ)

 日本ハム・栗山英樹監督が試合前に報道陣の取材に対して今季の敗因を自身と試合前の時点で7勝14敗と大きく負け越したエース吉川光夫投手を挙げた。

【写真】栗山監督のかつての秘蔵っ子・佑ちゃん10・2に今季1軍初先発!

 5、6位の対戦になったことについて「本当に申し訳ない」と謝罪。

 昨季のMVPながら期待を裏切った吉川については「力からしたら全然ダメ。ウルフもそう、(武田)勝は足の故障なんかもあったけど、みんなどうして今年ダメだったのか考えないとね。吉川はここからの登板は課題を消していく作業になっていく」と話した。

 その上で「一番悪いのはオレと吉川」と下位低迷の責任を痛感している様子だった

これヤフコメでも発言の真意とかについて賛否両論(?)だったけど、吉川光夫投手どう思っただろうか・・・・・・・

確かに「何くそ!!」と発奮するようなタイプの選手ならそうやってあえて名指しするのも手なのでしょうがね。今は亡きウォーリー与那嶺氏の某自伝にも、「中日監督時代は選手の性格に応じて接し方を変えていった。」というような人心掌握術が書かれていましたが。でも、この吉川投手って、確かに大きく負け越してはいるけど、内容は防御率3.27マー君とオリックスの金子千尋投手とは大きく差があるけど、ちゃんとベスト10に入っていて悪くはないんですよね。投手を見ると、今年のハムは先発陣よりも中継ぎ陣の方がもう一つピリッとしてない感じを受けます。

「みんなどうして今年ダメだったのか考えないとね。」とかも言っていて、斎藤佑投手が来月2日に一軍登板予定となったのも、あくまで好意的に見ればですが、もうそんなプレッシャーとかない場面で来年につながるキッカケを掴ませようとする監督の配慮なのでしょう。しかし、まあマー君と比較するのは酷だろうですが、今年はますますハッキリ明暗が別れた年になってしまったのは皮肉でした。これではマスゴミの佑ちゃん呼称も余計虚しさしか感じられません。まあ彼らは彼らで別のアイドル候補が出たらもう斎藤佑投手とかの事なんて知ったこっちゃないのでしょうが。

|

« 安倍総理の発言以上に民主党が | トップページ | ハム・二岡の戦力外とハンカチ斎藤佑の「10.2」 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/53431773

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年こそハムは再浮上できるのか:

« 安倍総理の発言以上に民主党が | トップページ | ハム・二岡の戦力外とハンカチ斎藤佑の「10.2」 »