« 「はだしのゲン」の表現規制とそこに潜む影 | トップページ | 続々「はだしのゲン」閲覧規制 »

2013/08/21

続「はだしのゲン」の表現規制-「中途半端」なる自慰史観

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kyodo-2013082101001389/1.htm

下村文科相、閲覧制限を容認

 

 

2013年8月21日(水)17時5分配信 共同通信

 

 

 松江市教育委員会が市立小中学校に漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を求めた問題について、下村博文文部科学相は21日の記者会見で「市教委の判断は違法ではなく問題ない。子どもの発達段階に応じた教育的配慮は必要だと思う」と述べ、理解を示した。また下村氏は、過激な描写と指摘されている部分を自らも確認したことを明らかにし「小中学生が必ずしも正しく理解できない描写だ、と考える人もいるかもしれない」と語った。

 

まあ別にこの「容認」発言は驚くべき事でもなんでもないですが。冷静に考えれば。

必ずしも正しく理解できない」って、あなたは子供達を馬鹿にしているのか?ですが、まあウヨクまたは保守主義系の方々にとってはこの「はだしのゲン」だけでなく、「火垂るの墓」(これだって主人公兄妹の母親の死等の描写とか、金曜ロードショーで初めて見たときはショッキングでしたけどね。)とか、強力若本も出演されていた「うしろの正面だあれ」とか、「ひめゆりの塔」シリーズとか戦争の悲惨さや残酷さを訴えたアニメ・漫画・映画は1から100まで皆皆存在自体認めたくない代物でしょうからね!!

今回のこの文部科学大臣の発言も、「せっかく衆参両院で過半数獲得したのに、実際戦争を体験したジジイ・ババアどもがどんどんいなくなる代わりに、ガキどもに戦争否定の漫画なんかも読まれたら、この先憲法改正だってやりにくくなる。日本を俺たちの思い通りにする為に愚民どもには愚民のままでいてもらったほうがいいんだ!!」と「焚書」の許可を公に認めたに過ぎないのです。たとえは悪かったけど、あくまで冷静な憲法改正の議論等を訴えたに過ぎない麻生発言よりもこっちの方が問題だろ?そんなに戦前・戦中の日本を1から100まで全部全部肯定したいのなら、さっさと河野談話や村山談話否定しろよ。案の定今年も靖国参拝について文句言ってきた中国・韓国にももっとガツンと反論してやれよ。韓国大統領のアメリカ議会での発言についても韓国だけじゃなくてアメリカにもハッキリ抗議しろよ。「朴の言ってる事は全部デタラメだ。」ってね!!でもまあ無理ですよね。だって今の総理大臣からして、お祖父さんがアメリカ駐日大使とズブズブの仲だったおかげで戦犯不起訴を勝ち取ったのだから。結局なんちゃって保守な内弁慶なのですが、中途半端なんですよ。「強く美しい日本にしたい。でも、アメリカ様の意向には逆らえない。」なのだから。これだったらまだ戦前・戦中の日本の方がマシだったかもしれないと言うか、前ログでも強調して、ヤフコメでも案の定肯定コメも多く見られたけど、自慰史観だって所詮思想者達の自己満足に過ぎないというか、中国・韓国の「歴史認識という名の『捏造』」押しつけにだって却って対抗できなくなるだけです。真正保守主義であるはずの安倍政権もそれを証明している形と残念ながらなってしまっていますが、この下村文部科学大臣の「焚書公認発言」も、自慰史観は自慰史観でも、「中途半端で、国内の保守系論者やネット右翼等がヌカ喜びしているに過ぎない、『狭いストライクゾーンな自慰史観』」である事を改めて証明したニュースであると言えます。

|

« 「はだしのゲン」の表現規制とそこに潜む影 | トップページ | 続々「はだしのゲン」閲覧規制 »

自民党」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/52973526

この記事へのトラックバック一覧です: 続「はだしのゲン」の表現規制-「中途半端」なる自慰史観:

« 「はだしのゲン」の表現規制とそこに潜む影 | トップページ | 続々「はだしのゲン」閲覧規制 »