« 福田萌叩きからも見える歪さ | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか »

2013/07/21

国道6号について思うことその5-仙台南部道路と東部道路

http://www.pref.miyagi.lg.jp/soshiki/road/hikitugisiki.html

つい最近知った事ですが、仙台都市圏高速環状ネットワークの一つである仙台南部道路、宮城県道路公社から東日本高速道路株式会社への移管に伴って国道6号に指定されたんですね。という事は、仙台東部道路も法令上は国道6号扱いですから、交点である仙台若林JCTで国道6号はさらにルートが分かれるという事?しかし、南部道路が国道6号と言われても正直地元の人もピンとこないのではないだろうか?

仙台南部道路は国道6号よりも国道286号(バイパスとして)に指定したほうが良かったでしょう。そして仙台東部道路は亘理町あたりで直接国道6号と接続させて、本道としての国道6号は、岩沼~名取までは今まで通り重複させても、名取~仙台市街までの国道4号本道は6号のみの指定にして、仙台バイパスのみを国道4号指定にした方がしっくりきます。(なお、仙台市街から泉区までの区間は県道に降格されている。)何と言うか、1桁国道なのに実質終点が岩沼では何だか寂しいですし。岩沼で合流させなければ、国道4号だってもっと渋滞緩和されるでしょうから。まあ理想は、まずは国道6号は、4号が新4号等で宇都宮までほとんど4車線化されているように、水戸まで完全4車線化する事ですね。それには千代田石岡バイパスや漸く残り区間の4車線化が始まった土浦バイパスだけでなく、美野里バイパスの事業化・茨城町バイパスの4車線化も始めないと。

|

« 福田萌叩きからも見える歪さ | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/52543207

この記事へのトラックバック一覧です: 国道6号について思うことその5-仙台南部道路と東部道路:

« 福田萌叩きからも見える歪さ | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか »