« 暴走している乙武洋匡も何か特権意識とかに囚われているのか | トップページ | ワタミ会長擁立でも自民は勝つのだろうが・・・・・・ »

2013/05/30

崔竜海と人民武力部長人事

http://japanese.joins.com/article/202/172202.html?servcode=100&sectcode=120

【コラム】中国の対北朝鮮政策、本当に変わったのか(1)

2013年05月30日15時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

comment
8
hatena
0

 

  先週、各メディアは北朝鮮の崔竜海(チェ・ヨンヘ)人民軍総政治局長が中国訪問で冷遇を受けたと伝えながら、大きな関心を見せた。中国政府は北朝鮮が最近見せている好戦的な態度に怒りを抱き、今回の冷遇は北朝鮮を無視する中国の態度のうち最も最近に表れたものだという。中国が怒っているのは、崔竜海が数日間待った後ようやく習近平国家主席に会えたという事実に明確に表れているというのが、いくつかの新聞の推測だ。習主席は4月の博鰲アジアフォーラムでも「どちらか一方が利己的な目的のために一つの地域、さらには世界全体を混乱させることが容認されてはならない」と発言し、これは北朝鮮に向けたものだと解釈されている。

  専門家は、中国の怒りは言葉にだけ表れているのではないと見ている。今月初め、中国銀行(Bank of China)が北朝鮮の朝鮮貿易銀行の口座を閉鎖し、金融取引を中断する措置を取ったのは、実際の行動の事例ということだ。4月にケリー米国務長官が自信を持って声明を発表したのも、北朝鮮を扱ううえで米国と中国がようやく同意したという印象を与えた。こうした進展は、北京で新しい考え方が浮上していることを表すものと解釈される。これは、2月の北朝鮮の3度目の核実験後、学者のトウ聿文(中国中央党校機関紙・学習時報の副編集長)がフィナンシャルタイムズのオピニオン欄に寄稿した内容に集約されている。ここでトウ聿文は中国が北朝鮮政権との関係を断ち切るべきだと主張した。

  しかし大勢を性急に判断してはならない。過去に北朝鮮に対して生ぬるい態度を見せてきた中国のこうした変化は確かにプラスだ。また北朝鮮の悪い行動を容認する寛大な態度が減った雰囲気も見える。しかし中国の過去の行動パターンを考慮すれば、韓半島政策が変わったと喜ぶのはまだ早い。

  中国の対北朝鮮政策が本当に変わったかどうかを判断する3つの試金石がある。一つ目は、朝鮮貿易銀行に対する制裁を無期限に続けるかどうかだ。国連安全保障理事会は2月の核実験後、対北朝鮮制裁を決議したが、ここには朝鮮貿易銀行は含まれていない。これが除外されたのは主に中国のためだった。北朝鮮の核心機関が制裁リストに含まれないように努力したのだ。しかし中国がすでに朝鮮貿易銀行を制裁している中でこれが問題になる理由は何か。それは中国が技術的には制裁を維持しなければならない義務がないからだ。後に制裁を解除しても国連の決議を違反しない。もし中国が対北朝鮮強硬策を新たに選択したのが事実なら、こうした制裁は6カ国協議の再開や時期に関係なく維持されるだろう。しかし意味ない会談が再開され、ここに平壌(ピョンヤン)が単に顔を出すことに対する見返りとして制裁をこっそりと撤回すれば、これは中国の対北朝鮮政策はほとんど変わっていないことを意味する
二つ目の試金石は、中国が丹東と新義州(シンウィジュ)をつなぐ新しい橋の建設を続けるかどうかだ。これは今日の中朝関係で最も重要なプロジェクトと推定される。長さ3キロのこの橋は、国境を越えて新義州との通商の大半を担当する朝中親善橋(鴨緑江鉄橋)を補強するためのものだ。従来の鉄橋は老朽化が進んでいるが、朝中貿易の約70%がこれを通る。新しい橋は2010年後半に着工され、3億5600万ドルを投入し、2014年に完工する予定だ。この橋は両国間の経済関係がさらに深まったという証拠になるだろう。08年に中国は北朝鮮の豊富な鉱物資源を採掘し、内陸の吉林省と遼寧省に供給するための契約をいくつか締結し、それ以降、両国間の貿易規模は増えた。また中国は丹東港に鉱石を荷役・貯蔵する新しい埠頭の建設を計画中だ。今月初めまで公開された文献で確認された内容によると、中国は鴨緑江(アムノッカン)の新しい橋の建設を中断していない。これは残念な部分だ。

  三つ目の試金石は、来月、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を招待するかどうかだ。先週の崔竜海総政治局長の北京訪問目的の一つは、金正恩を招請してほしいということが含まれていたのは間違いない。しかしこうした意味は他の報道に埋もれた。メディアは中国側交渉担当者が彼を冷遇した理由について多くの推測を出した。

  朴槿恵(パク・クネ)大統領が6月末、中国を訪問する予定であるため、北京は金正恩にも首脳会談を認めるべきだという圧力を受けているだろう。最近の歴史で中国が一方の訪問だけを受け入れ、他方の訪問を受け入れない例はなかった(北朝鮮の立場で見れば、ここには食糧・エネルギー、その他の物品など経済的贈り物が常に伴った)。実際、中国は韓国哨戒艦「天安」沈没と延坪島(ヨンピョンド)砲撃後にも金正日(キム・ジョンイル)の訪問を受け入れ、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領を当惑させた。当時、李大統領は北朝鮮の露骨な挑発を考慮すれば、金正日の訪中を受け入れるべきではないと公開的に要請した。

  今回の崔竜海の訪中は、近いうちに金正恩が国家首班として中国を訪問し、最初の首脳会談を開催するよう準備しようということであるのはほぼ間違いない。韓国としてはこうした点に警戒心を抱く必要がある。中国は南北と同じ距離を維持するという従来の政策から抜け出すとは考えにくく、朴槿恵大統領の「信頼外交(trustpolitik)」を難しくする可能性がある。

  ビクター・チャ米国ジョージタウン大教授

この崔竜海、訪問した様子は職場食堂のテレビで目にしたワイドスクランブルでも報道されていて、コメンテーターも色々分析していたけど、習近平が何だかぎごちなかったのが印象に残りましたね。身長は崔より10センチぐらい高かった感じだっただけに余計そう感じられました。

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-bb2a.html

そう言えば、ほぼ同時期に金格植上級大将(朝鮮語では大将)が2007年から2年間務めていた総参謀長に復帰したらしいけど、その後任の張正男、どんな人なのかと思いきや、年齢はまだ50代で階級も大将(朝鮮語では上将)なんですね。しかも、2011年に少将から中将に昇進していたばかりでしたが、歴代の総参謀長って、過去ログでも触れた通り政争に巻き込まれる人がホント多い。

結局前任者の玄永哲も次帥から上級大将に降等されたまま短期で解任されてしまったけど、今まで皆上級大将以上の階級にありました。だからこの張正男の起用は大抜擢と言うか、どんな人だか良く分からない。まあロシア軍の参謀総長(ヴァレリー・ゲラシモフ)も予想していた通り在任中に四つ星から大型の一つ星に階級章が変わった上級大将に昇進したし、この張も数年でそうなるかもしれない。それに若返りとの声も聞くけど、それで北朝鮮自体がまともな国になるわけではないですしね。

【2013年12月15日追記】

どうやら張正男はその後今年8月末に上級大将に昇進したようです。

|

« 暴走している乙武洋匡も何か特権意識とかに囚われているのか | トップページ | ワタミ会長擁立でも自民は勝つのだろうが・・・・・・ »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/51840029

この記事へのトラックバック一覧です: 崔竜海と人民武力部長人事:

« 暴走している乙武洋匡も何か特権意識とかに囚われているのか | トップページ | ワタミ会長擁立でも自民は勝つのだろうが・・・・・・ »