« 銭形警部も天国に旅立つ・・・・・・ | トップページ | ポストチャベス戦略は出足からつまづいたか »

2013/03/16

中国新国務院閣僚が決定

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130316/chn13031618360002-n1.htm

中国新内閣が発足 新外相に元駐日大使の王毅氏

2013.3.16 18:34

 

6日、中国全人代で発言する元駐日大使の王毅氏=北京(共同)

6日、中国全人代で発言する元駐日大使の王毅氏=北京(共同)

 

 【北京=川越一】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は16日、北京の人民大会堂で全体会議を開き、李克強新首相(57)が提出した組閣名簿を承認し、副首相(4人)、国務委員(5人)、閣僚、人民銀行(中央銀行)総裁ら新政府の顔ぶれが決まった。

 新外相には駐日大使を務めた王毅国務院台湾事務弁公室主任(59)が就任。日本語が堪能で日本政界とも通じる知日派だが、逆に国内で「親日派」とみられることは痛手となる。外交担当の国務委員に、外相として対日強硬発言を繰り返した楊(よう)潔(けつ)●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(ち)氏(62)が就いたこともあり、沖縄県・尖閣諸島をめぐって悪化した日中関係の早期改善は難しそうだ。

 副首相には張高麗共産党政治局常務委員(66)のほか、李首相と同じ共産主義青年団(共青団)出身で、広東省トップ時代に「改革は党と政府のあり方にメスを入れることから始まらなければならない」と述べた改革派の汪洋政治局員(58)らが就任した。

 また、人民銀行総裁は、「ミスター人民元」として10年間総裁を務めてきた周小川氏(65)の、異例の続投が認められた。

 全人代は17日に閉幕。閉幕後、李首相が記者会見で今後の方針を示す。

夜7時のNHKニュースでも放送されてましたが、まあwikiにも書かれていた通り、いくら日本語が堪能な知日派とは言え、国益のためなら平気で嘘も言ってますからね。この人って。この他、国防部長には江沢民に近くて、本来は制服組最高位である中央軍事委員会副主席に据えられる(結局制服組枠は2人とも胡錦涛派の軍人が就任。)と思われた常万全が就任決まったようですが、いずれにせよ、中共の一党独裁が続く限り、反日を止める事なんてこの先無いだろうから、日本も毅然とした態度とらないとダメですよね。TPP交渉共々安倍政権の力の見せ所でしょうが・・・・・・・

|

« 銭形警部も天国に旅立つ・・・・・・ | トップページ | ポストチャベス戦略は出足からつまづいたか »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/50796335

この記事へのトラックバック一覧です: 中国新国務院閣僚が決定:

« 銭形警部も天国に旅立つ・・・・・・ | トップページ | ポストチャベス戦略は出足からつまづいたか »