« カーネーションの再放送中止はまさに痛手か | トップページ | 中国新国務院閣僚が決定 »

2013/03/11

銭形警部も天国に旅立つ・・・・・・

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/11/kiji/K20130311005371740.html

「ルパン三世」銭形警部役 納谷悟朗さん死去

 

 アニメ「ルパン三世」シリーズの銭形警部役などで知られる声優で、俳優の納谷悟朗(なや・ごろう)さんが5日午前3時、慢性呼吸不全のため千葉市内の自宅で死去した。83歳。北海道出身。11日に所属事務所の「テアトル・エコー」が発表した。

 葬儀・告別式は近親者のみで行った。後日お別れの会を開く予定。喪主は妻で女優の火野カチ子(ひの・かちこ、本名納谷捷子=なや・かちこ)さん。

 1950年代に俳優としてデビュー。59年に「テアトル・エコー」所属後、俳優として活躍する傍ら、外国映画の吹き替えで人気となり、クラーク・ゲーブル、チャールトン・ヘストン、ジョン・ウェインなどの声を担当した。低音の渋い声が魅力で、ほかにアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長、仮面ライダーシリーズのショッカー首領役なども演じた。

[ 2013年3月11日 11:48 ]

本多知恵子氏がまだお若かったのに亡くられたのに驚いたばかりだったのに、納谷悟朗氏まで・・・・・・・・

アニメではやはり銭形警部や沖田艦長、映画吹き替えではチャールトン・ヘストン氏が印象深かったですが、ギャオで見た「新造人間キャシャーン」でのナレーションも、「キャシャーンがやらねば誰がやる」等内に秘めた熱いものがありましたよね。ゴッドマーズのズール皇帝も、その威圧感等悪役としてかなりキャラが立っていました。クオリティ低下が顕著な状態(ちなみに個人的なTVシリーズ最後の良作は「DEAD OR ALIVE」。)となってしまったまま、銭形役を降板する事になってしまったのは悔やまれましたが、きっと天国でもルパンと仲良く追いかけっことかされている事でしょう。ご冥福をお祈りします。

|

« カーネーションの再放送中止はまさに痛手か | トップページ | 中国新国務院閣僚が決定 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/50712821

この記事へのトラックバック一覧です: 銭形警部も天国に旅立つ・・・・・・:

« カーネーションの再放送中止はまさに痛手か | トップページ | 中国新国務院閣僚が決定 »