« そんなに土井正三は悪いのか | トップページ | オメガルガール95の面白画像集 »

2013/02/16

ノムさんもついに「迷走」阪神に毒舌

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130216-00000031-sph-base

阪神】ノムさん、野手ばかりの補強に“毒ガス”噴出

スポーツ報知 2月16日(土)7時3分配信   

 阪神元監督の野村克也氏(77)=野球評論家=が15日、沖縄・宜野座の古巣キャンプを訪れ、野手偏重の補強に皮肉交じりの“毒ガス”を噴出した。今季は福留=前ヤンキース3A=、西岡=前ツインズ=ら大物打者の獲得に成功したが、投手陣に不安があると指摘。激辛の“ノムラの考え”で、今年のチームに警鐘を鳴らした。

 珍しい褒め言葉は、厳しいセリフを繰り出す下準備だった。阪神キャンプを視察し、帰り際に報道陣に囲まれた野村氏。「打線の方は文句なし」と絶賛したと思いきや、その直後に「77年のプロ野球の歴史で、攻撃力で優勝したチームはない」とピシャリ。チームの弱点をピンポイントで突いた。

 今年は福留、西岡に加え、外国人でもコンラッド=前レイズ=を獲得。来日4年目のマートンや4番候補の新井貴もそろい、打線の破壊力はハイレベルになった。名将もその部分は認めながらも「まあ、野球はピッチャーだからな」と持論を展開。「(先発)ローテーションも聞いたけど、ちょっと心配だな」と、投手陣がコマ不足だと断じた。

 返す刀で野村氏は「V9時代の巨人にもすごいピッチャーがたくさんいた。王、長嶋が目立ってたけどね。西鉄(現西武)もそうだ」と、強力打線で勝ったイメージが強い過去の常勝軍団も、強力な投手陣がチームを支えていたと力説。今年は絶対的な守護神だった藤川が米大リーグ・カブスに移籍したが、投手陣での大きな補強はドラフト1位の藤浪=大阪桐蔭高=くらい。確かに、不安要素になる可能性は否定できない。

 フリー打撃中にノムさんと打撃ケージ裏で談笑し、野球談議に花を咲かせた和田監督。「いろんな話をしたよ。昔のミーティングを思い出した。いろんなヒントもいただいた」と笑顔だったが、野村氏は就任2年目の指揮官について言及することも忘れなかった。

 「今年はAクラスに入らないと、立場上ね…。ま、大丈夫だよ、と思うけど」と、なんとも意味深な発言を残して球場を去った。元監督の厳しい言葉を覆すには、05年以来のリーグ優勝を勝ち取るしかない。

正確には、「攻撃力で優勝したチームも僅かにあったけど、長続きしなかった。」ですよね。

1985年の阪神や2001年の近鉄がそうでしたが、前者は投手陣も、片方は残念ながら負傷で途中離脱してしまったけど、山本和行&中西清起のダブルストッパーが活躍していました。ロイヤルズでもワールドシリーズ出場経験があったリッチ・ゲイルは、翌1986年も防御率はあまり変わらなかった(勝敗は5勝10敗)のだから、あれが本当の実力に近かったですが。

この毒舌には、自分が監督だった時に補強してもらえなかった無念(信者にはしきりに「遺産」等を連呼して、彼を何が何でも良い様に見せたがる悪癖がありますが。)もあったのでしょうが、確かに近年の阪神は迷走しているというか、補強金の出し惜しみも考えものでしょうが、出しすぎもダメというか、数年前の巨人よりも酷い気もしますね。この有様では、横浜DeNAはマトモな補強をしたらしいけど、今年は少なくともこの阪神か広島よりは上に行けますかな?

|

« そんなに土井正三は悪いのか | トップページ | オメガルガール95の面白画像集 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/49448479

この記事へのトラックバック一覧です: ノムさんもついに「迷走」阪神に毒舌:

« そんなに土井正三は悪いのか | トップページ | オメガルガール95の面白画像集 »