« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/24

旧タイカンの懐かしCM

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6850978

これは玖保キリコ氏原作「バケツにごはん」のギンペーをイメージキャラクターに起用したタイカンのCM動画です。何げに印象に残ったというか、このタイカンって、現在も存在しているのかちょっと調べてみましたが、もう10年以上も前に他の企業と合併して存在しないらしいようで・・・・・・玖保氏は現在イギリス在住らしいですが、いまどきのこどもの方が面白かったですかね?氏の主な作品では。2013年現在もアニメ化されていないのも意外ですが、いい線いくんじゃないですか?

| | トラックバック (0)

2013/02/17

オメガルガール95の面白画像集

http://www.angelfire.com/ult/ace/omegarugal95.html

これはオメガルガール95の人形ですが、いや似てますねえ。特に胸を引っ掻かない方の勝利ポーズが。マッドマンとの夢の(?)対決はまだ実現していないけど、ネオジオバトルコロシアム2でも出れば実現しますかな?

http://jaredjlee.deviantart.com/art/Omega-Rugal-Bernstein-275011512

これはその胸を引っ掻いた画像だけど、凄い上手です。胸のキズや、義手にこびりついた血とか生々しいですね。うぉっっっっっっ!!!!

http://srminerva.blogspot.jp/2012/02/dossie-fighters-rugal-bernstein-parte-1.html

これはブラジルの人のブログのページですが、中国語の漫画の画像です。これも目がちょっとイっちゃってますね。

http://dekki0n.deviantart.com/art/Omega-Rugal-x-Wolverine-36225540

これはあのウルヴァリンとの対決時の画像だけど、いやあカッコイイですね!!何故か黒シャツ等上着が敗れた跡がないですが。

http://listas.rpp.com.pe/juegos/6469-personajes-de-la-kof

これはそれ以降登場していない人もKOF12風にデザインされた画像が掲載されているページですが、本当に新ドット姿でのルガールを見られる日って来るのでしょうかね?アッシュ編って、結局ある意味ネスツ編以上に消化不良だったと言うか、何だか14が登場する可能性も微妙な感じ(?)だけど・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2013/02/16

ノムさんもついに「迷走」阪神に毒舌

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130216-00000031-sph-base

阪神】ノムさん、野手ばかりの補強に“毒ガス”噴出

スポーツ報知 2月16日(土)7時3分配信   

 阪神元監督の野村克也氏(77)=野球評論家=が15日、沖縄・宜野座の古巣キャンプを訪れ、野手偏重の補強に皮肉交じりの“毒ガス”を噴出した。今季は福留=前ヤンキース3A=、西岡=前ツインズ=ら大物打者の獲得に成功したが、投手陣に不安があると指摘。激辛の“ノムラの考え”で、今年のチームに警鐘を鳴らした。

 珍しい褒め言葉は、厳しいセリフを繰り出す下準備だった。阪神キャンプを視察し、帰り際に報道陣に囲まれた野村氏。「打線の方は文句なし」と絶賛したと思いきや、その直後に「77年のプロ野球の歴史で、攻撃力で優勝したチームはない」とピシャリ。チームの弱点をピンポイントで突いた。

 今年は福留、西岡に加え、外国人でもコンラッド=前レイズ=を獲得。来日4年目のマートンや4番候補の新井貴もそろい、打線の破壊力はハイレベルになった。名将もその部分は認めながらも「まあ、野球はピッチャーだからな」と持論を展開。「(先発)ローテーションも聞いたけど、ちょっと心配だな」と、投手陣がコマ不足だと断じた。

 返す刀で野村氏は「V9時代の巨人にもすごいピッチャーがたくさんいた。王、長嶋が目立ってたけどね。西鉄(現西武)もそうだ」と、強力打線で勝ったイメージが強い過去の常勝軍団も、強力な投手陣がチームを支えていたと力説。今年は絶対的な守護神だった藤川が米大リーグ・カブスに移籍したが、投手陣での大きな補強はドラフト1位の藤浪=大阪桐蔭高=くらい。確かに、不安要素になる可能性は否定できない。

 フリー打撃中にノムさんと打撃ケージ裏で談笑し、野球談議に花を咲かせた和田監督。「いろんな話をしたよ。昔のミーティングを思い出した。いろんなヒントもいただいた」と笑顔だったが、野村氏は就任2年目の指揮官について言及することも忘れなかった。

 「今年はAクラスに入らないと、立場上ね…。ま、大丈夫だよ、と思うけど」と、なんとも意味深な発言を残して球場を去った。元監督の厳しい言葉を覆すには、05年以来のリーグ優勝を勝ち取るしかない。

正確には、「攻撃力で優勝したチームも僅かにあったけど、長続きしなかった。」ですよね。

1985年の阪神や2001年の近鉄がそうでしたが、前者は投手陣も、片方は残念ながら負傷で途中離脱してしまったけど、山本和行&中西清起のダブルストッパーが活躍していました。ロイヤルズでもワールドシリーズ出場経験があったリッチ・ゲイルは、翌1986年も防御率はあまり変わらなかった(勝敗は5勝10敗)のだから、あれが本当の実力に近かったですが。

この毒舌には、自分が監督だった時に補強してもらえなかった無念(信者にはしきりに「遺産」等を連呼して、彼を何が何でも良い様に見せたがる悪癖がありますが。)もあったのでしょうが、確かに近年の阪神は迷走しているというか、補強金の出し惜しみも考えものでしょうが、出しすぎもダメというか、数年前の巨人よりも酷い気もしますね。この有様では、横浜DeNAはマトモな補強をしたらしいけど、今年は少なくともこの阪神か広島よりは上に行けますかな?

| | トラックバック (0)

2013/02/11

そんなに土井正三は悪いのか

http://news.nifty.com/cs/sports/baseballdetail/postseven-20130211-170378/1.htm

土井正三氏がイチローの振り子打法を否定したという説はウソ

 

 

2013年2月11日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン

 

 

 プロ野球もキャンプ入りし、盛り上がりを見せているが、「国民的スポーツ」と称されるプロ野球で起こった「大事件」の裏側を、当時を知る人々の証言を元に明らかにしよう。

 1991年、オリックス監督に就任した土井正三監督。選手としては巨人のV9戦士として評価が高いが、監督としては「イチローの素質を見抜けなかった」「振り子打法を否定した愚将」という見方をされる。

 しかしこの点について、生前の土井氏は強く否定していた。本誌は氏がすい臓がんに倒れ、療養中だった時に話を聞いている。

「監督就任2年目に入団してきたイチローは、チームの将来を背負う逸材に違いなかった。当初は二軍で鍛えるつもりだったが、ファームで3割8分をマークしていることもあり、オールスター前に昇格させた」

 9月頃、このままでは新人王の資格がなくなるというので本人にも打診したが、「一軍にいたい」と訴えられ、そのままにしたという。

 だが2年目には、予想通り成績が2割以下に低迷。一軍に置き続けても平凡な選手になってしまうことを苦慮した結果、走塁ミスを理由に二軍落ちを宣告した。

「もうミスはしないから置いてください! と泣き叫んだが、降格を決めた。鬼みたいですが、鍛え直すのが目的でした」

 二軍へ戻ったイチローが河村健一郎コーチと取り組んだのが、“振り子打法”だった。土井氏が振り子を否定したとする説は時期を間違えている。

「彼のお父さんとは今もゴルフもする仲で、あの時、二軍に落としてくれたから今がある、といってくれます。ボク自身は志半ばで終わってしまいましたがね」

 そういって瞑目した土井氏は、その2年後に亡くなった。

※週刊ポスト2013年2月15・22日号

まあこのエピソードについては、「もう何を今更」ですよね。

闘病中にも、イチローの両親が確か土井の見舞いに来たエピソードが文藝春秋でも紹介されていましたが、土井って決して無能な監督じゃなかったでしょ。

本拠地が西宮から神戸に移って、ブルーサンダー打線等長打に頼る野球がやりにくくなる等過渡期だったけど、3年間全てAクラス維持(内1992年シーズンは帳尻合わせだったとは言え)したし、松永浩美と野田浩司のトレードだって成功でした。イチローは扱いきれなかったかもしれなかったけど、長谷川滋利や野村貴仁等育てた戦力もありました。「巨人では」「巨人では」と巨人意識を振りかざしていたのはまずかったかもしれませんが、監督としての能力は平均点以上だったでしょう。後任の仰木彬も確かに名監督だったけど。Bクラスがほぼ当たり前になっている今のオリックスを見ると余計そう思います。今のオリックス・バファローズは、「勢いが長続きしない投手陣」「外国人だよりの野手陣」等旧近鉄バファローズのネガティブな伝統を受け継いでしまっているのですが。

【以下2016年12月某日追記】

そう言えば、ある阪急ファンを名乗る人も自分のブログで、ダイエー・ソフトバンク監督時代の王を「根本の遺産で勝てた」とかこの土井をヘボ監督とか罵倒・中傷していたけど、まあこの人は西本時代の阪急が日本シリーズでついに一度もV9巨人に勝てなかったから、その当時の監督・選手達なんか存在自体認めたくないのでしょうね。その人は台湾野球や独立リーグについても強い興味と愛情があって、私より詳しいし、純粋な野球ファンな面もあるのですが、死ぬまでそうしたコンプレックスを抱き続けながら恨み続けるつもりなのでしょうかね?特に山田久志がこの人にとっては一番の「神様」で、批判等されるのも我慢ならない様で、既に知っているのかもしれないけど、堀内恒夫が福本豊に面と向かって「阪急のV3(1975~77年の連続日本一の事か)は巨人のV9に比べれば大した事ない。」なんて言ってしまったのを知ったら、烈火のごとく怒り狂っていただろうなあ・・・・・・・阪急ファンも、公式戦日程とか、西宮球場でのデーゲーム風景とか、その他球団関連グッズとか載せていたファンサイトもいくつも目にした事あって、こういうファンの人はあくまで少数派なのだろうけど、愛情あまって私怨をむき出しにしても阪急に対する印象も良くはなりません。却ってご自分や阪急及び監督・選手面々を貶めるだけです。現在はブログは止めて、ツイッターで活動されている様で、正体は50後半~60前半のおじさんな様ですが、早くそういう「虚しさ」とかにも気づいてほしいと思います。

| | トラックバック (0)

2013/02/09

フィギュア・羽生好調トップ

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2013020801002205/1.htm

フィギュアスケートの四大陸選手権は8日、大阪市中央体育館で開幕し、男子ショートプログラム(SP)は全日本選手権覇者の羽生結弦(宮城・東北高)が87・65点でトップに立った。グランプリ(GP)ファイナル王者の高橋大輔(関大大学院)は82・62点で4位、無良崇人(中京大)は78・03点で8位と出遅れた。

やはりと言うか、寒さがぶり返してきましたが、大したもんですよね。この羽生選手は。顔つきも大人びてきましたようですが、高橋大輔選手共々頑張って欲しい。

| | トラックバック (0)

2013/02/04

新テニスの王子様第94・95話-「鬼おじさんVS頼通の激しいお笑いwwww死闘!!」

黒ベエコーチ何やら手を震えながら、まだむさ苦しくなかったイケメンwwwwだった頼通wwwwwwと、実は心優しい良い人だった鬼おじさんのデータを見ようとして驚きを隠せません。そう、データそのものが存在しなかったのです。

やけに煙が立ち込める異様な雰囲気がありましたが、「目ン玉見開いとけやーっ!!」って、ちょっと酷な要求だったかもしれません。しかし、頼通は勝負を半ば楽しんでいる節も見え、勝負は膠着戦の様相を呈していましたが、ここで頼通の決め技wwwwwwキタァァァァァァァーーーーー!!

「Pirates of the American!!」wwwwwwwwww

貴様はそんなにジョニー・デップが好きなのかwwwwww。一体何処が海賊なんだよwwww。この技って。しかし、鬼おじさん何とか返す!!しかし今度はまた・・・・・・・

「ザ・スネークチャーマーオブインディア!!」wwwwwwwwwww

何でも表示された文字って、ヒンディー語らしいけど、アメリカの次はインドかよwwwwww。でも、実はヒンディー語って、「ザ」は存在しないらしいけど、これも何処が蛇使いなんだwwww。山崎竜二のあの必殺技の方が全然蛇使いらしいよwwwwww。だが、鬼おじさんは動揺することなく、そんな電波お笑いテニス戦士wwwwな頼通を追い詰める!!対する頼通も「一切負ける気がしねぇ!!」と自信を崩しません。

傍観者達は「何が起こってるのか全然わからねぇーーっ!!?」と驚きを隠せませんが、その通りですね。自分も特にこの頼通の必殺技wwwwwがワケわかりませんwwwwww。しかし、頼通、今度は「俺は異次元の強さを手に入れる!」などと中二病的wwwwwwなセリフをほざきながら超破壊力を誇るあの必殺技を繰り出した!!ボールが当たってないのに後ろの壁が壊れてしまった!!いや、ホントに凄い。鬼おじさん止めるだけでも精一杯と思いきや、子供達との約束「鬼の兄ちゃん日本一のテニスプレイヤーになってね。」を思い出し、力を振り絞って返した!!頼通はそんなの「想定の範囲内だ!!」と言わんばかりに返そうとするも、ボールが何故か巨大化!!そして鬼神も何故か立ちはだかる・・・・・って、また大ゴマかよwwwwwww。うおっ!!まぶしっ!!wwwwwww当然無傷で済むわけなく、頼通は額からダラダラ流血、この超絶テニスバトルは鬼おじさんに軍配があがりました。

いや、許斐剛大先生、中畑清以上に絶好調ですねwwwwww。頼通の電波っぷりや、鬼神等爆笑ポイントがてんこ盛りでしたwwwww。今月号の話も。鬼おじさん、あなたは日本一どころか宇宙一のテニス戦士になれるよ!!もう私達のような凡人から眩しすぎる!!中原スナコ風に言えば。

テニプリフェスタ2013も、日程及び出演者が決まったらしいですが、追加出演キャストも来月号で判明するとの事だからますます目が離せません!!何たって私も(全く別の意味でwwwwww)大のテニプリファンだし。もう毎月の話が楽しみで楽しみでしょうがない!!TVアニメはいつの間に1クールで終了してしまったけど、これもまた第2シリーズとしてTVアニメ化してほしい!!鏡貴也&山本ヤマト両先生にも負けるな!!許斐大先生!!ギャグバトルの伝道師の称号こそあなたに相応しいのだから!!YES!!YOU CANwwwwwww!!

| | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »