« 「ロックマン」×「野沢雅子」は結構だけど・・・・・・25周年記念事業にもなお見える「懐古主義の歪さ」 | トップページ | 日本は決して大東亜戦争の戦勝国などではない »

2012/11/03

新テニスの王子様第90話-「どこまでも非情な『狂気の処刑人』柳田國男!!そして友情の芽生え!!」

スクエア12月号の表紙を飾ったのは越前王子様やバルログ・アトーベ様ら主要(狂人wwww)5人衆!!皆おしゃれな格好で決めていて、もうカッコよすぎるwwwww!!!またまたしびれるっ!!あこがれるっ!!

肝心の本編はというと、フーセンガム&キテレツのダブルスコンビは反撃に出てきましたが、一郎はあくまで冷静。6割リミッター解除を実行しようとしていましたが、追い詰められている國男を見て、「それでもやばいかなあ。」と思った模様。

國男は國男でとうとう本気でブチ切れて、本性を表したwwww!!処刑必殺技を次々と繰り出してきたけど、ラケットがフーセンガムくんに直撃してしまった!!流石にこれは故意ではなかったようですが、一郎にはそんな素振りは見せません。片方の視界が遮られてしまい、ワンダーキャッスルも効果を発揮しきれなくなってしまいましたが、ここでキテレツが國男の八番目の必殺技を・・・・・・・・

必殺技名が全て明らかになったけど、最初と最後あたりはいかにも痛そう。ここで越前リョーガがバトルの場を離れようとして、國母和宏wwwwに注意されたけど、そんなの意に介しません。王子様wwwwも対抗しようとしたけど、晴信皇帝陛下は何やら察した模様ですね。

リョーガに呆れられるのも無理はなく、もう國男が一方的にキテレツをなぶっている展開。キテレツも老人虐待した前科があるけど、そんな悪行もこの國男の前では半ば霞んでしまう感じですねえ。止めを刺そうとしたら、一郎が突如前に立ちはだかり、それに計画通り呼応したかのようにフーセンガムが打球を打ち返し、國男の膝に直撃した!!そう。フーセンガムくんもこの一郎と取引していたのです!!ここで國男は戦闘不能となりましたが、野球のイチローだけでなく、このテニスの一郎もやっぱ強い。バトルは一郎・國男ダブルスコンビに軍配が上がりました。頼通wwwwのおっさんやモヒカン男爵wwwwwも余裕な表情を浮かべていましたが、本当に神の子・信繁wwwwの手術の件の約束守るんだろうなあ。一郎は。

いやあ、バトルの裏で少しずつ明かされた、一郎とフーセンガム・キテレツの交渉等まさに仁義なき騙し合いでしたね。國男がホントいい面の皮だったと言うか。そう言えば、YOU TUBEで、去年9月に公開された某劇場版を見たけど、彼ら高校生と比べると、キースらゲストキャラの連中は狂いっぷりが中途半端で何とも物足りない作りでした。王子様やバルログ・アトーベ様、そしてキテレツのあのピンチに馬とともに颯爽と登場した天才くん等主要登場人物の面々には相変わらず爆笑ものでしたけどね。

しかし、原作本編は絶好調ですね。勿論スポーツ漫画としては全く最低wwwwwですが。そうだよ。その調子ですよ。我らがギャグの伝道師・許斐剛大先生!!早くネスカフェのCMに出演する夢を叶えないとね!!まず。大先生が産みだした愛すべきテニス星人達やファンの皆さん(私も全く別の意味wwwwwでその一人だが)の為にも!!2012年中の話もあと1話だけど、爆笑で締めくくって2013年を迎えよう!!YES!!WE CAN!!wwwwww

|

« 「ロックマン」×「野沢雅子」は結構だけど・・・・・・25周年記念事業にもなお見える「懐古主義の歪さ」 | トップページ | 日本は決して大東亜戦争の戦勝国などではない »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/47701269

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第90話-「どこまでも非情な『狂気の処刑人』柳田國男!!そして友情の芽生え!!」:

« 「ロックマン」×「野沢雅子」は結構だけど・・・・・・25周年記念事業にもなお見える「懐古主義の歪さ」 | トップページ | 日本は決して大東亜戦争の戦勝国などではない »