« もしKOF14が登場するのなら?その1 | トップページ | 国道6号について思う事その4 »

2012/10/19

アメリカンリーグはタイガースが制覇

http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2012101902000238.html

イチロー終戦 ヤンキース4連敗

 【デトロイト=共同】米大リーグは18日、プレーオフのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)を当地などで行い、ア・リーグでイチロー、黒田の所属するヤンキース(東地区)は1-8でタイガース(中地区)に敗れ、4連敗での敗退が決まった。イチローは「1番・左翼」で3打数無安打。タイガースは6年ぶり11度目のリーグ優勝を果たした。

 ヤンキースは2安打12三振と打線が振るわなかった。タイガースはカブレラの2ランなど4本塁打で得点を重ねた。

 ナ・リーグはカージナルス(ワイルドカード)がジャイアンツ(西地区)との第4戦を8-3で制し、3勝1敗としてリーグ2連覇まであと1勝とした。

◆「悔しい思いしか…」

 ヤンキースの最後の打者ニックスが一飛に倒れる。大歓声のなか、タイガースの選手がグラウンドで歓喜の輪をつくる。その光景を背にして、イチローは静かにクラブハウスに引き揚げた。

 エースのサバシアが四回途中6失点でKO。ヤンキース打線はわずか2安打で1点だけ。完敗だった。結局このシリーズ、ヤンキースは最後まで流れをつかめなかった。イチローはこの日こそ無安打だったが、4試合で打率3割5分3厘と気を吐いた。しかしチーム打率1割5分7厘と大半の打者が不振にあえぎ、敗退した。

 「悔しい思いしかない」。試合後イチローは答えた。そして「こういう気持ちは久しく味わっていなかった。最後は負けてしまったが、こういう本来持っている気持ちを思い出させてもらって、感謝の思いしかないですね、この場所(ヤンキース)には」と振り返った。

 7月23日に電撃移籍。公式戦最終戦で地区優勝を決め、自身11年ぶりでポストシーズンに進んだ。地区シリーズで3勝2敗で苦しみながら突破。ヤンキースでの約3カ月は緊張感に満ち、充実したものだった。だが、初めてのワールドシリーズには届かなかった。 (デトロイト・樋口浩一)

かって、1990年代後半~2000年代前半、デトロイトのタイガースもダメ虎でした。特にどん底だったのが2002年と2003年で、それぞれ106敗、119敗を喫しました。パイレーツで3年連続地区優勝、マーリンズで世界一の実績があるジム・リーランドを招聘して、2006年についに22年ぶりのリーグ優勝、2007年もそれなりにいい線はいった(ワイルドカード争いでヤンキースに敗れる)けど、2008年にはまた最下位に。

しかし、ここでクビにしなかったのは、タイガースのフロント陣も先見の明があったという事だったのか?2009年2位、2010年は5割が精一杯だったけど、2011年から2年連続地区優勝、そして今年6年ぶりのリーグ優勝、リーランド監督にとっては3度目のワールドシリーズ進出となったわけですね。ナショナルリーグの方は、カーディナルスが進出しそうな勢いですが、もしそうなるのならば、6年前の雪辱、そして「両リーグ世界一監督」の栄光に輝くのでしょうか?

一方で敗れたヤンキース、不振を極めた打線の中で、イチローとイバネェスが奮闘したのは、結局ここ9年間で7度目の最下位に終わったマリナーズにとってもトホホだった。

特にAロッドですね。彼はレンジャーズ時代のチームメイトを怒らせた事等もあったし、決して問題言動がなかったわけではなかったですが、給料通りの働きができないで、スタメン落ちしていたのに、女をナンパ・・・・・・・・いやあ、ここまでKYだったとは思わなかったですね。

レンジャーズの方は、今シーズンは地区優勝かと思いきや、オリオールズとのワイルドカード争いに引きずり込まれて、1発勝負で敗戦しながらも、雑誌「スラッガー」の予言通り、Aロッド放出で却って戦力が整って、2010・2011年とアメリカンリーグでは2001年のヤンキース以来のリーグ連覇を成し遂げました。対するヤンキースは・・・・・・・・・・他にも何人も大物選手を獲得しているけど、Aロッドがテキサスから来てからの9年間で、ワールドシリーズ進出がたったの1度では計算が合わないでしょう。しかも、年々成績が落ちてきている彼にこの先も2017年まで日本円にして、90億も支払わなければならないと言う。レンジャーズ時代までの彼ならともかく・・・・・・・・ヤンキースもマリナーズほどではないけど、資金は豊富でもその使い方が下手。だから地区優勝は出来ても、なかなかプレイオフでは勝てないのですね。

そんな中、イチローはそんな彼と比べるまでもなく、頑張った。だから、その悔しさは私にも痛いほど伝わりはしたけど、残留できるかどうかは微妙かもしれません。しかし、2013年に彼がいようといまいと、かって出演したCMで言った通り、ヤンキースは「かわらなきゃ!」いけない時期にいい加減来ているのだと改めて思います。このリーグ優勝決定戦4連敗という出来事から。

|

« もしKOF14が登場するのなら?その1 | トップページ | 国道6号について思う事その4 »

MLB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/47516159

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンリーグはタイガースが制覇:

» 東京都の探偵をお探しならこのサイト! [東京都の探偵優良店!]
東京都 探偵と言えばこのサイトから検索できます!優良店やランキング、浮気調査や詐欺返金に特化した東京都の探偵サイトはこちらから!探偵社を代表する関東、首都圏、東京都の調査はこのサイトで! [続きを読む]

受信: 2012/10/20 15時52分

« もしKOF14が登場するのなら?その1 | トップページ | 国道6号について思う事その4 »