« モザンビーク軍&アンゴラ軍の階級と消え行く?上級大将 | トップページ | mugenオメガ・ルガールの面白動画その3 »

2012/07/18

ついに「元帥様」となった金王朝三代目と歴代総参謀長達の「受難」

http://www.cnn.co.jp/world/30007381.html

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は18日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が元帥に昇格したと伝えた。

金第1書記は朝鮮人民軍の最高司令官を務めているが、階級は元帥、次帥に続く大将にとどまっていた。

北朝鮮情勢に詳しい韓国国民大学のアンドレイ・ランコフ教授は、金第1書記が元帥に昇格したことについて、最近の軍幹部の異動と関連している可能性が高いと指摘。今回の昇格は、金第1書記が権力を握っていると強調することを意図したもののようだとの見方を示した。

北朝鮮では16日、李英鎬(リ・ヨンホ)朝鮮人民軍総参謀長が「病気」を理由に朝鮮労働党の全役職を解任された。17日には人民軍の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)氏が大将から次帥に昇格している。

金第1書記は、父の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者として権力基盤の再編を進めてきた。相次ぐ人事発表には、朝鮮労働党と軍の権力闘争ではないかとの見方も出ている。

過去ログでも何度か半ば冗談、半ば皮肉で「さっさと元帥様にならないとね。」とは言ったけど、その舌の根も乾かぬ内に昇進ですか。エジプトなんて、生後半年の赤ん坊に過ぎなかった、フアード2世(ムハンマド・アリー朝最後の国王)が空軍元帥になった例もあるようですが・・・・・・・・祖父の金日成がソ連軍では帰国する時にやっと少佐、しかも対日参戦でも主要な戦闘には殆ど参加していなかったのを見ると、余計滑稽に感じられますがね。

それと前後して、わが国の自衛隊では統合幕僚長に相当する、総参謀長を解任された李英鎬は、大方その金正恩に煙たがられて、邪魔者扱いされて失脚させられたのでしょうが、歴代総参謀長を見ると、これがまあ、マトモな政治生命を全うできた人があまりいないんですな。

初代のキョウ健は朝鮮戦争で戦死、2代目の南日は外交部長(外務大臣)や副総理を歴任するも、金正日の「世襲」に反対して、事故に見せかけて暗殺された説も根強い。3代目の金光侠や5代目の金昌奉は、派閥争い(金日成も本来はその一つである満州派の親玉に過ぎなかった。)に敗れて失脚、金正日の腹心だった8代目の呉克烈も、一時交通事故で重傷を負っていた呉振宇の復帰に伴い、彼と金日成に解任させられたし、11代目の金格植も解任後、軍団長をやらされていた。

軍団長って、准将を置く国では中将が大抵担当する役職で、ドイツ軍も、第二次世界大戦以前は少将が将官最下位と、准将がない代わりに上級大将があったから大将の担当する役職でしたが、英米風の階級制度となった戦後のドイツ連邦軍では、旧西ドイツ時代には3個軍団が存在し、その下に数個以上の師団を配下においていましたが、初期を除いてやはり中将が担当していました。(現在はドイツ=オランダ軍団しか常設の軍団は存在しない)

朝鮮人民軍はかっての親玉のソ連軍同様准将はないから、軍団長は日本語で大将に相当する上将の担当職かと思えば、星が一つ多い。ましてや他の社会主義国の軍隊って、階級デフレ傾向で、ソ連軍だって軍司令官ですら星2つ将軍の中将だったし、中国人民解放軍も、軍団長(中国語では軍長)は殆ど少将、師団長や旅団長はどっちも殆ど佐官(中国語では校官)だし、ベトナム人民軍に至っては、近年は大佐クラスの軍団長の例も見られます。旧東ドイツ軍も、3つ星将軍だった大将ですら、11人しかいなかった。この格植以外にも、上級大将の軍団長の例はなかったわけではないけど、ホント異常な人事でしたね。6代目及び、8代目の呉克烈が解任された後9代目として返り咲いた崔光も、北朝鮮では5人しかいない元帥にまでなったけど、彼にしたって延安派やソ連派など敵派閥が居なくなった後の、満州派同士の権力闘争に敗れて一時は鉱山労働者にまで落ちぶれていた。順調な政治生命を全うできたのは、呉振宇と金永春ぐらいなものですが、前者にしたって、金正日との権力闘争を余儀なくされ、呉克烈以外にも何人かの彼の子分に骨抜きにされそうになっていた。金日成お気に入りの腹心でなかったら、南日みたいにさっさと粛清されていたでしょう。

そういう意味では、新総参謀長である李英浩は果たしてどうなるか。上級大将に昇進してから僅か1年7ヵ月後に次帥(元帥との間にある階級で北朝鮮特有)にさらに昇進する等は異例と思われますが、まさに「権力と失脚は紙一重」である事を如実に表していると言えます。朝鮮人民軍総参謀長という役職は。親玉のソ連軍でも、初期のミハイル・トゥハチェフスキーやアレクサンドル・エゴロフのようにスターリンの大粛清の前に命を落とした人はいましたが・・・・・・・・それにしても、この金正恩、どうして金一族ってこうもブクブク太っているのかと言うか、全然カリスマ性とか感じられない。北だろうが、南だろうが、朝鮮人に生まれなくて良かったとつくづく思いますよ。

|

« モザンビーク軍&アンゴラ軍の階級と消え行く?上級大将 | トップページ | mugenオメガ・ルガールの面白動画その3 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/46373267

この記事へのトラックバック一覧です: ついに「元帥様」となった金王朝三代目と歴代総参謀長達の「受難」:

« モザンビーク軍&アンゴラ軍の階級と消え行く?上級大将 | トップページ | mugenオメガ・ルガールの面白動画その3 »