« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/26

個人として需要があるかは疑問だけど・・・・・・前田敦子のAKB卒業のこと

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012032602000084.html

AKB48前田敦子 突然の卒業宣言 涙で「2回目の大きな決断」

2012年3月26日 紙面から

AKB48のさいたまスーパーアリーナ3日間連続コンサートは25日、最終日を迎え、AKBの顔ともいえる前田敦子(20)が“AKB卒業”を涙ながらに電撃宣言した。詰めかけた約2万5000人のファンらは、最初はショックで「え~っ!!」と騒然となったが、次第に新たな旅立ちを応援する声がどよめきとなり、会場を包んだ。

 

 アンコールも終えた最後、メンバーが勢ぞろいしたステージで、前田は泣きながら話し始めた。「14歳のとき、AKBのオーディションを受け、初期メンバーとして加入しました。人生で初めての大きな決断でした。今日ここで2回目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します」。そう宣言すると胸に手をやりながら、客席に向かって深くおじぎした。

 

 さらに「私なりに頑張ってきたAKBの6年半でした。20歳の夢に向かって新たに歩み出さなきゃいけない。正直、不安でいっぱい。どうなるかわかりませんが、ここにたくさんいる後輩のためにも私が歩き出さなきゃいけないと思います」と決意を語った。卒業時期については「今すぐやめてしまうわけではありません。決まり次第、お伝えしたいと思います」と話した。

 

 高橋みなみ(20)が「突然のことに驚いてるんです。メンバーも知りませんでした」と話した通り、前田の卒業宣言を聞いたメンバーは一瞬ぼう然とし、そろって涙を浮かべた。ただ、高橋は昨年、前田から相談を受けたことがあったことも明かした。

 

 前田のそばに寄り添った高橋は「一時の感情で言っているのではないということを、分かってあげてください。AKBはゴール地点ではありません。それは他のメンバーにも言えること。温かく見送ってほしいなと思います」とファンに呼びかけたうえで、泣きながら「本当はやめてほしくないけど、止める権利はないから背中を押してあげたい」と話した。

 

 涙、涙…で高橋ら他のメンバーとひとしきり抱き合った後、前田はあらためて「びっくりさせてしまって本当にすみません。これからも皆さんに笑顔を与えることを目標にやっていきたい」と述べ、女優も含めたソロ活動に向けた意気込みをうかがわせた。

 

 この日はほかに、ファンによるメンバーの“選抜総選挙”が今年も行われることが発表された。27枚目のシングルを歌うメンバーを決める総選挙で、6月6日、東京・日本武道館で開催される。前田が今度の総選挙に出るかは未定という。

 

◆グループの将来のために選択

 

 客がほとんどいなかった6年半前からAKB48の屋台骨を支え、ここまで成長させてきた絶対的エースは、自身のためだけではなく、グループの将来のために卒業という道を選んだのではないか。

 

 国内外に姉妹グループが次々と誕生し、AKBファミリーはさらに大所帯となった。AKBのコンサートでも、姉妹グループを合わせて280人近いメンバーが登場する。少し図体(ずうたい)が大きくなりすぎた。確かに10代の若い後輩たちが5年先、10年先にグループを支えていくためには、そろそろ世代交代が必要かもしれない。

 

 そして前田は他のメンバー以上にプレッシャーを抱えていたことも事実。エースとしての自覚とそれに対する周囲の期待、さらに言えば、一部のファンからのバッシングもすべて小さな体で受け止めてきた。昨年1位に返り咲いた総選挙で「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」と涙で訴えたことがそれを物語っていた。

 

 精神的にも相当疲れていたと思う。そろそろ“お役御免”でも良いのではないか。個人的には今年の総選挙には出馬せず、今までのような重圧を感じずに卒業を迎えてほしい。その分、次世代を担うニューヒロインの誕生を期待したい。 (江川悠)

 

◆史上最多人数のステージ

 

 前田が電撃卒業宣言したこの日は、姉妹グループのSKE48、NMB48なども含め、総勢261人のメンバーが出演。AKBのコンサートとしては史上最多人数が出演したステージだった。

 

 ◇前田敦子(まえだ・あつこ) 1991年7月10日、千葉県市川市出身。05年、AKB48のオープニングメンバーオーディションに合格。以後、中心メンバーとして人気を誇り、絶対的エースなどと呼ばれる。09年、11年の選抜総選挙で1位。11年は、映画初主演、ゴールデンタイムの連続ドラマ初主演を果たす。血液型A。

折角?今度の某主演アニメで、ドラえもん(リメイク劇場版、新鉄人兵団)ではリルル、ルパンでは峰フーーーージコちゃんになっていた、沢城みゆきちゃんが君を演じる事になったのにね。まあ「年齢的には、大島優子や、麻里子の方が先じゃね?」とも思ったけど、そんな驚きはしなかったですがね。

卒業の本当の理由は何だったのか?表向きは記事で言及された通りでも、その他色々あるのかもしれないけど、まあ正直彼女個人に、独り立ちしてやっていけるような魅力は見出せないですね。

成海璃子ちゃんと共演した某映画でも、彼女と比較するのは酷だろうけど、釣り合ってなかったし、仮面ライダー電王または緋村剣心と共演した某ドラマでも、ある程度は演技力の無さを誤魔化せる役柄だった。イケパラ2011も、ゲンダイにも頓珍漢な中傷記事を書かれてしまった掘北真希ちゃんの後任はやはり荷が重かった。まあ、このドラマは、彼女以外の男優も、概してオリジナルに比べ、魅力に欠けた面々ばかりだったり、話そのものも続編ではなく、リメイクだったりと問題点は数多かったけど・・・・・・・・握手会では「もしドラこけたね。」なんて中傷したごじゃっぺもいて、私自身も残念ながらアンチAKBですが、正直「そこまでするかよ。」と言うか、ドン引きさせられましたね。人気トップクラスなはずなのに、このリメイク版やもしドラがこけてしまったのは、「テレビはCDと違って何台も買うわけにも行かないし、映画館にも何回も行けるほどの暇人なんてそうはいない」と言うか、AKB大ブームの実態を悪い意味で証明する羽目になってしまって、何だか気の毒だとも思えました。

だから、写真集(言っちゃ悪いが、表紙の写真も可愛いとは思えなかった)で半ケツさらけだしたり、マスゴミの前で「私は女優としてやっていけるか不安なんですよ。」とこぼす暇があるのなら、内田有紀氏みたいに著名な演出家とかの下で一度演技の勉強とかをやって見たほうが建設的だと思います。(まあ、内田氏の場合、最近ではやはり駄作だった「踊る大捜査線」劇場版三作とか見る限り、故つかこうへい氏に師事した効果があったのか、甚だ疑問だけど)

今度の卒業なんてそうした「成長」への大きなチャンスじゃないですか。まあ彼女は彼女なりに色々プレッシャーもあったのだし、別にファンでもなんでもないけど、まずはゆっくり休んだら良いんじゃないの?とりあえずお疲れ様。

| | トラックバック (0)

2012/03/18

日本ハムの「斎藤=開幕投手」への固執と1984年&2012年の類似点

http://www.daily.co.jp/baseball/2012/03/18/0004893271.shtml

栗山監督、佑への怒りで「寝られなかった」

 日本ハム・栗山英樹監督(50)の怒りは一向に収まっていなかった。前日のDeNA戦、開幕投手の最有力候補・斎藤佑の背信投球にイライラを爆発させた指揮官だが、一夜明けた17日も表情は晴れなかった。

 前夜は「怒りで寝られなかった」という。「何でそうなるんだよって」。ここまで頭に血が上るのも、2年目右腕への期待値が大きいからこそ。

 大役を決断する時期について「早く決めた方がいいんだろうけど、もしかしたら最後の千葉になるかもしれない」。オープン戦最終戦となる25日のロッテ戦まで引き延ばす可能性を示唆した。

 「苦しいけど、こんなことを一日中考えられるのは幸せ」。新監督の胸の霧はなかなか晴れないでいるが、3・30の本命は佑ちゃんで揺らぎそうもない。

そう言えば、斉藤の日本ハム入団の時、自分は病院のベッドでの有料テレビでその姿を見ていましたなあ・・・・・・・・・・まあ、寝られなかったのは嘘でしょうけどね。手柄は自分の功績な反面、失敗は選手の責任にする自己弁護ゆえのホラでしょう。

やはりと言うか、この栗山監督の体たらくっぷりは予想通りでしたが、何でここまで斉藤の開幕投手にこだわるか理解できません。確かに1年目の去年は内容を見れば、4番手としては頑張ったと思いますよ。しかし、シーズン終盤は疲れも見えていたし、実績を見れば武田勝が妥当だと思うのは決して私だけではないと思いますが。

それに、確か王貞治が、「開幕試合は単なる135分の1じゃない。」(1997年~2000年まで135試合制だった時の発言)というような事を言っていたけど、仮に彼が強調したとおり、それほど重要な開幕戦で見事勝利投手となったとしても、ペナントレースは144試合の長丁場です。ただでさえ、ダルビッシュが抜けたというのに、最終的にローテーションを守りきる事すら出来ない様では意味がありません。本当に日本ハム球団が、斉藤を客寄せパンダとしてではなく、大切な戦力だと思っているのなら、そのような実力相応以上の期待をかけるのは、長期的な視野が皆無な愚の骨頂なのは分かると思うのだが・・・・・・・・・

そう言えばまた、今年2012年は日本ハムが今の所最後に優勝した2009年から3年後のシーズンでもあるけど、大沢親分の後任となったのは良いが、コーチとしては有能でも監督をやらせると駄目だった植村義信が途中休養となり、結局最下位に転落した年も、日本ハムとしては初めて優勝した1981年から3年後の1984年の出来事でした。

しかも、その日本シリーズの相手はいずれも巨人で、2011年の優秀新人が斎藤なら、1983年には野手でしたが、二村忠美が新人王となっています。しかし、二村は2年目の1984年はチームは最下位でもフル出場しましたが、その後は次第に出番が減り、一時横浜大洋にトレードされています。また同年には、やはり大投手だった江夏豊が抜けてしまいました。江夏は当時の西武・広岡達朗監督と反りが合わず、1年限りで退団、やはりダルビッシュ同様メジャー挑戦を試みる事になったのです。さて斎藤はどうなるのかですが、歴史は繰り返すのかもしれません。やはり今年のハムは高い確率でBクラス転落となると思います。

| | トラックバック (1)

2012/03/04

あのビリヤード選手のツイッター発言は事実かもしれないけど

http://news.livedoor.com/article/detail/6335153/

「人間は無知、ゴミだらけ、メシは最悪」ビリヤード選手がツイッターの問題発言で炎上―中国

1日、ビリヤードの名選手マーク・アレンが「今回の中国旅行は悪夢だ。中国人は無知だし、競技場はゴミだらけ」とツイッターでつぶやき、問題となっている。写真は海口オープンでのマーク・アレン。
2012年3月1日、東方網によると、ビリヤードの名選手マーク・アレンが「今回の中国旅行は悪夢だ。中国人は無知だし、競技場はゴミだらけ」とツイッターでつぶやき、問題となっている。


2月27日からビリヤード・スヌーカーの中国・海口オープンが始まっている。アレンは1日の試合で見事逆転勝利しベスト8進出を決めたが、試合後の記者会見では浮かない顔。ツイッターでの炎上事件について謝罪した。

アレンは海口市に到着後、「今朝、ネコの死体を見た。なるほど、至る所で腐臭がするわけだ。そこら中にネコの死体があるんだろうな」「最悪だ。なんでこんな価値のない場所で試合が組まれるのか、連盟の意図がわからない」とツイッターに書き込んだ。

「炎上」の決定となったのは次のつぶやき。「今回の旅行は悪夢だ。人は無知、会場はゴミだらけ、ビリヤード台はひどい。メシも最悪。中国は好きなんだけど、こういう所は勘弁」と書き込んだ。

書き込みから数時間後につぶやきは削除され、訂正のつぶやきが書き込まれた。ただし、「乱暴なことを書き込んでしまいました。すべての中国人が無知ではないです。ただ他のことは全部事実ですが。人が吐いたタンがもう少しで私に当たりそうだったし、礼儀がない人、衛生観念がない人もいる。もちろんすべての人ではありません」という内容で、むしろ炎上の燃料となったようだ。

競技団体はアレンのつぶやきに「失望した」とコメント。「中国はスヌーカーに対して極めて友好的で、選手のために多くを費やしてくれている」と反論し、罰金など処分を科す方針を示している。(翻訳・編集/KT)
ネヨウヨの溜り場となっているヤフコメでは、この選手に対する擁護や中国への罵倒コメントが多数見られますが、やはりもう少し言葉は選ぶべきだったでしょう。と言うか、先日も対すき家営業妨害のツイッターしたおバカさんもいて、自分の見識不足を曝け出しただけだった東海由紀子もそうですが、呟いて良い事と良くない事の区別もロクにつかないのなら、ツイッターなんてやらない方が賢明でしょう。まあ、そんなのやった事ない自分が言っても説得力は無いのだろうけど。

| | トラックバック (0)

2012/03/03

新テニスの王子様第73・74話-「樺地の登場!!そしてアトーべ様の危機!!」

ジャンプスクエア2012年4月号の感想ですが、流石は中学史上最強のコンビ、毛利元就&月光仮面のU-17NO9.10コンビと互角に戦っています。

月光仮面のマッハはなかなか返せませんが、部長に扮した仁王も零式で対抗、その後も攻防は続きましたが、相手の隙を見て、アトーべ様wwwが「失意への遁走曲」を華麗に決めた!!流石!!アトーべ様!!俺たちが真似できない技をチョーカッコ良く決めておられる!!そこに凄いしびれるっ!!あこがれるっ!!wwwww

しかし、仁王がもう零式を使えない事も見抜き、一気に勝負をつける事を提案しますが、なかなか攻め切れません。越前王子様や天才くんらも無言で見守っています。そこに登場したのは、樺地(仁王が扮した)!!また大ゴマwwwと共にwww。しかし、それはともかくとして、サービスブレイクには成功します。しかし、ネットを交換する際、月光仮面が不気味にアトーべ様を見つめている。しかも、また大ゴマ付きでwwww。アトーべ様に異変がおきたのはその直後でなかなかサーブが決まらない。メガネ関西弁も困惑した表情で見つめている。どうした!?アトーべ様!!これは君のイメージじゃないっっっっっ!!

やはり1軍メンバーの実力は半端無いという事なのでしょうが、アニメ版も放送開始から2ヶ月近く経ちましたね。我等が許斐剛大先生と古泉、シンケンブルーの対談も掲載されてましたが、大先生歳の割りに若いなあと思ったら、今年で厄年の42歳なんですね。でも、テニプリが絶好調な大先生にはそんなの関係ないよね!!そう言えばセカンドシングルはどうしたんだ!?早く出してAKBやK-POPなんか粉砕して下さいよwwww。ますます幸せな大先生も、テニプリもさらに突き進む!!YES!!WE CAN!!wwwwwww

| | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »