« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/26

アニメ映画「ハッピーフィート」も今更ながらの感想

http://wwws.warnerbros.co.jp/happyfeet2/index.html

今日も折角の休日ですが、これといったブログネタが無いので、今更ですが、正月に放送されていたアニメ映画「ハッピーフィート」について感想を述べてみたいと思います。

つい先日地上波放送されていた「アバター」もそうでしたが、CGアニメーション技術については文句なしでした。途中天敵の他生物に追われたシーンもありましたが、キャラクターの動作は躍動感が良く伝わりました。

しかし、褒められたのはその点だけでした。主人公のマンブルが音痴ゆえに周囲から阻害されていたのはいかにも村社会的でリアリティはありましたが、ミュージカルがいかんせんややくどくて、テンポが悪かった。終盤水族館に来て、また帝国に戻ったと思ったらタップダンス踊っていたけど、これもくどかったし、地球環境問題と絡めたのもご都合主義で、そうしたテーマに対する説得力も皆無でしたね。帝国の長老も別に主人公の言動を理解しろなんて言わないけど、変にうっとおしいキャラだった。

キャラと言えばその声優陣も、プロの方々は全く問題ありませんでしたが、芸能人枠はダメでしたね。手越祐也くんはあまり棒読みにならないようにするのが精一杯な印象で、感情移入させられるほどのレベルではなかったし、ブレイク前のこども店長も凡庸でした。しかし、こども店長は後の「おまえうまそうだな」では結構頑張っていただけに、本作での出演には得たものもあったとも言えたのだろうけど。

まあ要するに「ごくありふれた映像先行の消化不良映画」だったという事でしょう。変に説教臭い所はそんななく、続編も製作されたらしいけど、高い点はつけられません。

| | トラックバック (0)

2012/02/25

オセロ中島の心にも春は来るか

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120225/ent12022507570001-n1.htm

オセロ中島、自宅“ろう城” 出入り業者「中の様子は言えない」

 

2012.2.25 07:56 芸能人の不祥事

 

 自宅マンションなどの家賃滞納問題の渦中にあるお笑いコンビ、オセロの中島知子(40)について、東京・渋谷区内の自宅マンションで“ろう城”を続けていることが24日、分かった。(サンケイスポーツ

 中島が自称占い師女性と同居している一室からは23日、2人掛けソファなどの家具が都内のリサイクルショップによって運び出されたが、24日放送のフジテレビ系「FNNスーパーニュース」は運搬を担当した作業員を直撃。

 「本人(中島)がいた?」との記者の問いかけに、作業員は「本人がいないと買い取りが成立しないですからね」と姿を見たとしたうえで、「様子は言えないですよ」と沈黙を守っていた。

 中島をめぐっては、事務所用マンションの家賃滞納で不動産管理会社から提訴されており、28日に東京地裁で判決が言い渡される予定。

精力的に活動していたかと思えば、すっかり残念なお騒がせタレントになってしまったオセロ・中島ですが、既に大河ドラマ「義経」にお笑い枠として出演していた時点からあの霊媒師にしゃぶりつかれていたみたいで。松嶋とはコンビ名通り明暗が分かれてしまった形となってしまいましたが、またゲンダイもこんなしょーもない記事も書いたようで。

http://tv.jp.msn.com/columns/column.aspx?articleid=893358

2012年2月25日 10:00 (ゲンダイネット)

 

「空気読め!」の声が上がるオセロ松嶋の幸せいっぱいブログ

 

 

 女霊能者Aのマインドコントロール下にあり、自宅マンション内で籠城(ろうじょう)生活を送っている中島知子。

 先輩芸人のTKOは番組を通じて「メディアの力で助け出してほしい」とコメント。中尾彬は、中島とAと一緒に食事をしたことがあるとインタビューで明かし、「目を覚ませ。しっかりしろよと言いたい。戻ってきて一緒に働きたい。心のケアをしてしっかり治してほしい」とエールを送っている。

 芸能界を挙げて中島の救出に動き出している中、騒動発覚以来、この件に関してまったくコメントを発していないのが“オセロの白”こと松嶋尚美(40)である。

 コンビの相方のナーバスな問題ゆえにコメントしづらい面はあるのだろう。

 しかし、自身のブログはほぼ毎日更新され、中島が置かれた状況とは対照的な幸せいっぱいの日々がつづられているからギャップがすごい。

 ブログは昨年12月に出産した子どもの話であふれ、新米ママが育児に奮闘する姿がズラズラ書き込まれているのだ。21日のブログではママ友の梨花とお茶している写真をアップして「梨花ちゃん、颯爽とバギーで登場かっこいい~」と書き込んでいる。

 この能天気な内容には周囲からも「空気を読め」という声が上がっているという。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

「松嶋もテレビを見ていれば相方の危険な状況はわかるはず。よほど仲が悪かったとしか思えません。2人が仲たがいしたのも、中島が霊能者の言葉にだまされていたために起こった可能性が高いことがわかったわけで、今こそ相方として何かメッセージを発してもいいのでは。もしかしたら松嶋なりに言葉を発するタイミングを計っているのかもしれませんが……」

 松嶋のブログはアメブロの芸能人部門のランキングで1位になっている。松嶋の言葉に期待している人がいかに多いかということだろう。

(日刊ゲンダイ2012年2月22日掲載)

「あれ?彼女も『早く戻ってきてほしい』とコメントしていなかったっけ?」とも突っ込みたくなったけど、カンニング竹山とか直接関係ない芸能人にもいつも通り変にコメント求めるマスゴミの方が全然KYだと思うのだがね。それでいて、韓流やAKB等の都合の悪い報道はしないのだもの。と言うか、ゲンダイは松嶋のママとしての幸福ぶりを妬んで叩きたいだけとしか思えません。悪意が見え見えな記事ですね。毎度の事ですが。まさに「ゲンダイクオリティ」という事なのでしょう。変にコメントするよりはノーコメントを貫いた方が無難でもあるしね。そんな報道をするよりも、まずはこのインチキ霊媒師を何とかした方がよほど建設的だと思うけど。

| | トラックバック (0)

2012年も「ロックマン2」への「神聖視」は続くのか

http://www.kotaku.jp/2012/02/megaman2_mural.html

某北欧家具屋さんのディスプレイよりも断然憧れちゃいます、こんなお部屋! 

NeoGAFに超クールな『ロックマン2』ステージ選択画面を再現したのレゴ壁画が投稿されました。制作者は投稿者のお友達で、完全にレゴピースのみで作られているそうです。

では、お部屋に飾ったときの全体像を含めた写真ギャラリーをお楽しみ下さい。
 

大きさは、1.5x1.5m。使用したレゴピースは全部で3万7248個だそうです。

これだけのレゴを揃えるのって金銭的にも大変そうですよね。NeoGAFのコメント欄によると、レゴはeBayで1ピース約4セントで取引されているそうなので、およそ「0.04×37000 = 1470ドル(約11万円)+労力」で作られているのではないかと予想されていました。

 
Megaman Lego Mural [NeoGAF via Kotaku]

(中川真知子)

確かに凄いなあとは思います。でも、何でその「某北欧家具屋」とやらが出てくる?この家具屋についてはよく知らないけど、下記の家具屋の事?

http://www.talo.tv/

と言うか、態々ニュースとして取上げるほどの記事なのか正直疑問です。そもそも。もう「ロックマン2」の発売から何年経ったんだ?23年と2ヶ月でしょ。確か。

今度のストリートファイター×鉄拳には、海外バージョンのメガマンが参戦するらしい。壁画作成自体は、その人の個人的な趣味だから、他人に迷惑かけない限りは勝手ですが、依然深刻と言うか・・・・・・・既に新FCグラフィック2作目の「ロックマン10」で「ロックマン6」や「ロックマン8」にも似たような失敗作となってしまっており、メガマンユニバースも開発中止、ロックマンオンラインも依然進展の話は聞きませんが、彼らのやっている事は、何だかそうした現実から目を背け、過去の栄光に浸り頼っているみたいです。

本家シリーズの歴史を大きく分けると、1987年から1990年までが発展期、1991年から最後のゲームボーイシリーズである「ロックマンワールド5」登場の1994年までが安定期、SFC進出した1995年から1998年までが動揺期、1999年から2008年8月までが衰退期、2008年9月から2010年2月までが中興期、そして以後は第二次衰退期となっています。「お前いい加減しつこいよ」と思われるかもしれませんが、やっぱおかしいよ。何度も何度も言っているけど、尾崎豊風に言えば、「この『歪なる神聖視』からの卒業」をカプコンもファンも絶対に果たさなければならないでしょう。それをしない限り、本家シリーズ真の前進はあり得ません。

| | トラックバック (0)

2012/02/19

高橋みなみその人には罪は無いけど

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=20120217jcast20122122589

AKB高橋みなみに「我が道を進め!」 謝罪ブログに応援コメント1万7000件

アイドルグループAKB48のメンバー、高橋みなみさん(20)が、ブログに謝罪文を掲載し、読者からコメントが殺到する事態になっている。高橋さんに関しては、母親が逮捕されたという報道が出ていた。

 

   2012年2月16日、約2週間ぶりに更新したブログ記事で、「皆さんお伝えする事が遅くなりごめんなさい」と書き出した。

 

「私はやっぱりここに居たい」

 

   「この度はご心配をお掛けしてしまった事そして 大変お騒がせさせてしまった事 本当に申し訳ありませんでした、本当にごめんなさい」と謝り、「沢山の温かいコメントありがとうございます」と感謝している。

 

   この1週間、自分がどうするべきか色々考えていた。自分に対して色々な意見があることも知っていて、AKBにいない方がいいと思われても仕方ないと思っているが、

 

「でも続けさせてほしいですコメントを読ませていただいてお手紙を読ませていただいて 劇場に立たせていただいて 私はやっぱりここに居たいと思いました」

 

   支えてくれている人に対しては、いつか自分が「夢を叶える」ことが恩返しだとしている。「こんな私ですがどうぞこれからも見守っていただけると幸いです よろしくお願いします」ということだ。

 

「コレからも走り続けるんだろ そうだろ、たかみな」

 

   具体的に何について謝っているのかは書いていないが、高橋さんに関しては、母親が1月に逮捕されていたという報道が2月上旬に出ていて、その動向が注目されていた。

 

   報道が出た直後、コメント欄には励ましのメッセージが大量に寄せられていた。今回の記事についても、

 

「たかみながAKB48のリーダーなんだから!!居て当たり前だよ!」
「我が道を進め!! お前はコレからも走り続けるんだろ☆そうだろ、たかみな」
「みなみを哀しみに濡らし傷付けようとする輩が居るのなら俺は鬼にいつでも成る」
「AKB48はたかみながいないと意味がないんだよ。俺はたかみなを尊敬してます」

 

といった熱いコメントが殺到し、17日17時現在約1万7000件にもなっている。

まあね、高橋みなみその人には罪は無いし、ご本人も辛い立場のは分かります。ファンが彼女にエールを贈るのも全く自由です。しかし、ブログで謝罪って、軽々しいですね。記者会見開いて、秋元康と二人で、「お騒がせして申し訳ございませんでした。」と謝罪するのが筋だろうに。沢尻エリカとか、島田紳助とか他の芸能人についてはしつこいほど報道するのに、何故かこの話題にはあまり触れたがらないようだけど。マスゴミさんは。AKBも、震災義援金で10億以上集めた姿勢に関しては、賞賛に値するとは思いますが。そういう社会貢献についてはアンチであろうとなかろうと決して否定なんかしないです。しかし・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2012/02/17

2011-2012年冬の寒波も地球寒冷化への序章?

http://www.asahi.com/national/update/0217/TKY201202170435.html

列島の広範囲、18日も積雪の見込み 東北は猛吹雪も

 強い寒気の影響で、17日も日本海側を中心に雪が続いた。17日夕までの24時間降雪量は兵庫県香美町で43センチ、富山市で42センチ、新潟市で36センチを記録した。気象庁によると、大雪は18日も続く見込みで、18日午後6時までに予想される24時間降雪量は多いところで、北陸80センチ、近畿・中国60センチ、東北40センチなど。四国や九州北部で積雪の可能性がある。また、全国的な風の強まりが予想され、東北の日本海側を中心に猛吹雪となる恐れもあるという。同庁は雪崩などへの警戒を呼びかけている。

 また、内閣府は17日、4回目となる関係省庁連絡会議を開き、除排雪作業を進めるための支援策などを協議した。

12月(2011年)、1月は平年(新平年値)よりやはり気温は低かったらしいですが、ちょっと暖かくなったと思っても、すぐ寒さがぶり返しますね。今年の冬は。昨日夜に降った雪は、思ったほど大した事は無く、大部分はとけましたが、道路は混んでいたし、トラックの横転事故も通勤途中に目にしました。この寒波は日本に限ったことでなく、特に欧州ではローマでも雪が降ったらしいが・・・・・・・

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2325927/

実は地球は温暖化にはそろそろストップがかかり、寒冷期に入っているとの声も聞かれますが、どうなんでしょう。しかし、実際日本では、平安後期は現在以上に気温が高かったらしいですからね。平清盛の死因と言われているマラリアも、そういう気温の高さが原因していたらしいですが、ありえないとは言い切れないかもしれません。

| | トラックバック (0)

2012/02/11

サイゾーとゲンダイはそんなにハンカチが嫌いのか?

http://news.livedoor.com/article/detail/6267403/

「開幕投手も白紙に......?」ダル&栗山監督も苦言の″ハンカチ″斎藤佑樹が甘すぎる!?

「ダルの言葉を聞いても、自分のことだと感じてない様子だからね」

 スポーツ紙の日本ハム担当記者が"ハンカチ王子"斎藤佑樹にあきれ顔だ。

 1月下旬、ダルビッシュ有がメジャー行きの記者会見で語った移籍理由は"ぬるま湯"のような国内の空気に対する苛立ちだったが、会見外でも「能力があるのに自分に甘い人が大嫌い。見ていてイライラする」と吐き捨てていた。

 その言葉には報道陣から「それを一番感じなきゃいけないのが佑ちゃん」という声が漏れた。何しろ当の斎藤は、呑気なマイペース姿勢をいまだ崩していないからだ。

 ダル移籍で投手陣が弱体化する中、昨季6勝6敗に終わった斎藤には奮起が求められるのだが、記者に目標を聞かれても「昨年以上」と低いハードルで「ケガをしないようにやっていきたい」と、相変わらずの調子。これがダルにとっては"見ていてイライラする"ことのひとつではなかったか。

 「昨年の名護キャンプでは、序盤こそ斎藤にアドバイスしていたダルが、終盤には"感覚が生ぬるい。自覚が足りない"と口も利かなくなっていた」と前出記者。事実、ダルビッシュは、自分が抜けた後の日ハムで期待したい後輩選手を聞かれ、斎藤ではなく中田翔の名前を挙げている。

 厳しい視線を送るのはダルだけではない。同記者によると「栗山英樹監督が危機感を募らせるために隠れた檄を送っている」というのだ。

 斎藤は今季の開幕投手(3月30日・札幌ドーム)に内定したと伝えられるが、一方で栗山監督は「開幕投手には、ただ勝つだけでなく、チームの大黒柱、精神的支柱の役割がある」と高いハードルを課した。

「そもそも佑ちゃん開幕プランを漏らしたのが当の監督で、本人に自覚させるために厳しいセリフを名指しせず添えたわけです。よほど鈍感でもなければ自分に言っていると受け取ったはず」(同)

 また、斎藤はケガを気にして練習を早々に引き上げる場面も目立つが、栗山監督は「ケガを気にしている選手がいるが、そのリスクを背負ってでもやらなきゃいけない選手もいるんだ。下半身を鍛えるのが大事。誰とは言わないが」と、これまた名前を出さずに斎藤に向けたような発言をしている。

「これで自覚が見られないようなら、さすがの監督も見放して開幕投手プランも白紙にするでしょうね」(同)

 ただ、当の斎藤は、ポスト・ダルビッシュを意識するかという質問に「それはない」と他人事で、先日はフリーアナウンサーの小林麻耶と家族ぐるみで旅行していたことも伝えられる始末。

 芸能記者からは田中将大に続く結婚スクープを狙われているが、とても浮いた話に喜べるような状況ではなさそうだ。
(文=鈴木雅久)

まあどっちも日頃から碌な記事書いてないけど、サイゾーもゲンダイも斎藤を叩きたくてしょうがない気がするのは私だけではないでしょう。

確かに終盤はやや疲れも見えていたけど、去年の成績は1年目、4・5番手としては及第点な方だったし、あまり飛ばした調整をしてないのも、自分の能力を客観的に見て、理解しているからなのでは?変に大口叩くよりも全然良いと思うけど。

ダルビッシュが抜けたし、2年目のジンクスもあって、彼にさらにプレッシャーがかかっているのも事実だろうけど、ゲンダイ同様悪意が感じられる駄文記事ですね。と言うか、斎藤ご本人の成績よりも、栗山が監督として務まるかの方が気になりますが。私としては。横浜の中畑の方は、案外本人持ち前の、明るい性格で選手がのびのびやってそこそこいくかもしれないとも思うが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2012/02/07

たとえ方が悪いだけなのでは

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120207/t10015854651000.html

胃ろう発言”尊厳重視からと釈明

※クリックすると
NHKサイトを離れます

 

2月7日 20時38分

 

 

 

自民党の石原幹事長は記者会見で、口から食べることができずチューブで胃に栄養を送る「胃ろう」を受けている患者の様子を「エイリアン」に例えたみずからの発言について、「しっかりとセンテンスを見ていただきたい」と述べ、人間の尊厳を重んじる観点からの発言だったと釈明しました。

 

自民党の石原幹事長は、6日のBS朝日の番組で、「胃ろう」を受けている患者の様子を視察した際の感想として、「意識が全くない人に管を入れて生かしている。何十人も寝ている部屋を見せてもらったとき、何を思ったかというと、『エイリアン』だ」と述べました。
この発言に閣僚や野党の一部から批判が出ていることについて、石原幹事長は7日の記者会見で、「そんなダイレクトな言い方はしていないと思う。間違いだ。しっかりとセンテンスを見ていただきたい」と述べました。
そのうえで石原氏は「私は人間の尊厳を重んじていかなければならないということを絶えず言っていて、私自身も『胃ろう』のようなことは行わないと、夫婦の間で決めている」と述べ、人間の尊厳を重んじる観点からの発言だったと釈明しました。
「胃ろう」を巡っては、回復の見込みがない認知症の終末期の患者にも行うかどうか、学会などで議論が行われています。

そう言えば、親父さんも「韓国併合を100%正当化するつもりは無いが」と言ったつもりが、「100%正当化するつもりだ」と言ったように見せかける歪曲報道もなされていたけど、そこまでして人は生きる必要があるのか?長生きする事は必ずしも幸福な事なのか?そういう高齢化社会における人のあり方に一石を投じただけの事でしょう。たとえ方が良くなかったのも事実だし、もう少し言葉を選ぶべきだったとも思いますが。そんな叩かれるほどの発言ではないです。

と言うか、この報道にも何か意図的なものを感じる。そう。テレビでも田中直紀防衛大臣の無能っぷりも連日報道されているけど、政権を奪ったのは良いが、失策ばかりな民主党の体たらくを少しでもそらす為に言葉狩りをしているのでは?とも邪推せずにはいられないですな。まあこういう発言があろうと無かろうと、自民党にも支持する気が起こらないのは変わらないのだけど・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2012/02/05

AKB脱退は寧ろ良い契機ととらえるべき?

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/05/kiji/K20120205002574520.html

 

プライベートでの男性との写真が流出し、AKB48の活動を辞退した平嶋夏海(19)と米沢瑠美(20)が4日、東京・有明の東京ビッグサイトで行われた握手会でファンに向けて最後のあいさつを行った。

 ともに涙を流し、平嶋は「たくさんの愛をありがとうございました」、米沢は「5年間もAKB48としてやってこられたのは、応援してくださった皆さんがいてくれたからです」とファンに感謝。2人は5日に同所で行われる握手会でグループでの活動を終える。加入時から見守ってきたAKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏は「2人にちゃんと卒業式をやらせてあげたかったので悔しいです」と涙をぬぐった。

[ 2012年2月5日 09:45 ]

ネットでも指摘されてますが、「恋愛禁止」って、秋元康氏その人も元おにゃん子のメンバーを嫁にしている時点で説得力ないでしょ。それに、上位メンバーだって、大島優子ちゃんもウエンツ瑛士くんと付き合ってるんじゃなかったっけ?彼女も、石原さとみちゃんと共演していた某ドラマでも演技等物足りなかったけど、上位と下位で待遇違うと言うか、一貫性がないですな。

私は残念ながらAKBアンチなんで、何度も指摘してますが、所詮AKBのブームなんて上っ面に過ぎない。CD売り上げを見ても、主観的だけど、一人で金を溝に捨てる行為に等しい、何枚も買う等あくまで記録上の数字に過ぎず、オリコンの価値を下げるだけで他のアーティストと比較するのなんて失礼以外の何物でもない。ドラマや映画を見ても、大島優子ちゃんと並ぶ上位メンバーな筈の前田敦子ちゃんは、勿論本人だけの責任じゃないけど、「もしドラ」も「イケパラ2011」もこけてしまっていて、彼女らが出ている作品で面白いと思えたのは皆無です。あくまで自分が見た限りですが。

それもテレビは一人で何台も買うわけにも行かないし、劇場だってそんな何回も行くほどの暇人ばかりじゃないから必然的なのだけど、このままAKBに残っていたって、秋元氏の良い金蔓として利用され続けるだけです。周りのマスゴミ等チヤホヤしている連中も賞味期限が過ぎたら知らん振りです。大島優子ちゃんは「アイドルを職業にしているわけじゃない。」とか勘違い発言していて、子役の頃から芸能活動しているようだから無理がない所もあるけど、AKBにいるから需要があるんだという事をもう少し自覚した方が良いです。正直私は前述の某ドラマを見た時にも改めて思いましたが、個人としての魅力は感じません。そういう意味では、女優業に対する自信のなさを吐露してもした前田敦子ちゃんの方がまだ自分を客観的に見ているのかなとも思いましたが。

そういう意味では、確かに残念だったのかもしれなかったけど、自分達の将来を真剣に考える良い契機になったのではとも思えます。果たして彼女らも、個人として芸能界で今後やっていける魅力があるのかは未知数ですが、年齢的にまだ全然やり直しが利くし、おにゃん子だってあれだけのメンバーの内、現在も第一線で活躍しているのは国生さゆり氏等ごく一部に過ぎないのだから、今はとりあえず仕事は休んで、よーく見つめ直して見たほうが建設的だと思います。

| | トラックバック (0)

2012/02/04

新テニスの王子様第71・72話-「ついに結成!!中学史上最強のダブルス!!」

1軍とのシャッフルマッチ第1戦がついに開幕しましたが、仁王が扮したのは部長!!しかもちゃっかり「油断せずに行くぞ」とまでほざいていたwwww!!!真田皇帝陛下、「一見の価値はありそうだな」って、相変わらず偉そうな事( ゚皿゚)。

しかし、傲岸不遜なのはアトーべ様wwwも負けておらず、サガット並の大男でもある月光仮面に喧嘩売りやがったwwww!!!しかし、能書き垂れていた間にやはり恐るべき威力を誇る月光仮面のマッハが決まってしまったけど、元就の関西弁喋り(?)もうぜぇなwwww。偽部長ですら返す事ができず、國母和宏wwwwも何やら喚いていたけど、全く意に介せず解説した烏丸くんによると、このマッハの威力は長身を活かしたゆえの攻撃だという。しかし、アトーべ様も負けちゃいない!!またまた大ゴマwwwwと共にマッハを帰した!!しかし、戦況は依然月光仮面・元就コンビが優勢です。しかし、仁王のイリュージョンは凄かった!!零式サーブだけでなく、手塚ゾーンwwwwまで自分のものにしてしまった!!さあ、どうなるこの勝負?

いよいよ先月5日から放送されたアニメ版wwwwwも何話か見てみたけど、やはり第1話のあの「伝説」wwwwwなクソ迷惑、いやクールな乗車シーンやクズ迷言、いや究極至高のカッコよすぎな名言「まだまだだね」には爆笑でしたなwwwwww。ニコニコ動画での生放送でも先月29日から放送が始まったらしいし、6月号からはるろ剣再始動の為に和月伸宏先生もハッスルされるだろうから、許斐剛大先生wwwwwもさらに頑張るっきゃない!!!大先生なら出来るはず!!愛すべきテニス星人達とファンに恵まれているのだし、錦織選手との「夢の対戦」も実現して欲しい!!!2012年もテニプリの夢はさらに膨らむ!!YES!!WE CANwwwwww!!

| | トラックバック (0)

2012/02/03

mugenオメガ・ルガールの面白動画その2

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13622656

KOF95風オメガルガールの出番は、ライデンの次ですが、いやはやと言うか、イメージ通りですね。まさに。ボイスは出典元だけでなく、KOF98やカプエスシリーズの流用も見られたけど、胸を引っ掻いて雄たけび上げた、狂気の勝利ボーズもよく再現されています。うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!実は95はKOFシリーズの中では98に次いで好きなシリーズで、リメイクして欲しいなあとも思いますが、現在の劣化された新居利光氏ではこの95版オメガルガールの狂気・暴走感の再現を期待するのは酷かもしれません。ルガールも何気にシリーズ毎に微妙にキャラ変わっているけど、94や、2002UMのような、風格感じさせるルガールならまだいけるとも思いますが・・・・・・・・KOF14の発売はいつになるやらですが、アーデルハイドとの親子競演は実現するのでしょうかね。

| | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »