« 鉄拳3OP動画とタッグトーナメント2で若返った平八 | トップページ | レディ・ガガが精力的なのは良いのだけど・・・・・・・ »

2012/01/16

そもそも貨幣価値自体違うのでは?

http://news.livedoor.com/article/detail/6193844/

日本人の平均年収はフランス貴族より高い!【ぐっちー氏】

◆マネーな人々 今週の銭格言
【選者】現役金融マン ぐっちーさん

現代日本人の平均収入を換算するとベルサイユ宮殿にいた当時の貴族よりも高い。円高は日本経済が好調な証拠。ただし給料を上げるためには内需の拡大が急務だ。そんななか、増税を企図する総理大臣こそが日本経済の大問題!?

◆円高=不況の誤解を改め、その上で内需を拡大して給料を上げることが課題

平成の竜馬はなぜ出ないのか? とか明治維新のころの日本人を見習え、などとあちこちでよく言われています。はっきりいってそんな人が今の日本に現れるわけがない(笑)。幕末~明治維新とはある種の革命です。国が吹っ飛ぶ寸前で、現状に困惑、絶望するという危機的状況においてのみ、ああいう人材が出現、登用されるのです。今や世界一豊かな日本で同じことが起きるわけがないのです。高橋是清は元奴隷にして日銀総裁から総理大臣。小村寿太郎は禁治産者にして外務大臣。現代では優秀だからといってそんな人を大臣にすれば「任命責任」とか言われて、それこそ新聞・テレビにコテンパンに叩かれて二日と持たないでしょう。我々現代日本人の平均収入を換算するとベルサイユ宮殿にいた当時の貴族よりはるかに金持ちである一方、中国人労働者の平均賃金は産業革命当時のイギリス人の最低賃金より更に安いのですよ。

この格差を認識しない限り現代の世界情勢は説明できない。ほぼすべての日本人が昔の貴族同様の生活をしている・・・となればそこに起きるのはまさにベルサイユ並みの腐敗、欲情、怠惰、無責任であることは歴史が証明しています。日本中が平安貴族みたいなものですからああいう首相が出てくるのも当然。

一方で中国人が目の色を変えて世界に追いつこうとするのも歴史の必然。ある国文学の先生に伺ったところ、江戸時代では経済力が最高だった元禄時代がやはりそういう時代で、自由な文化と言えば聞こえがいいですが、フリーターの発生(だから江戸っ子は宵越しのカネは持たねー、のです)、歌舞伎者という化粧や髪を染めた男性が走りまわり、ポルノ(春画)・不倫も全盛。何のことはない、今と同じです。結果、江戸文化は当時の欧州よりはるかに進み、文化的にも爛熟していたそうです。平成はそれよりはるかにリッチな時代。さらに現代日本に特徴的なのは、階級闘争や宗教闘争と無縁な状態ということで、これも世界史上かなり珍しい。

そうしてみると、この平成の時代、豊かな経済力を背景にした何のしがらみもない日本文化が世界に浸透していくのも不思議はない。あとは我々がそれをどう世界に還元するかという「知恵」の問題。特に政治は無茶苦茶。経済はご覧の通りで、日本経済が絶好調な結果、円高になっているわけで、恐れることはない。ただし、いくら日本の技術が優れていて輸出が増えても、皆様の給料はまったく増えないことは既にこの10年で証明済み。結果として、円高で間接的に消費者の購買力が上がり、何とかやってきたのが実情で、今や本気で内需を拡大して給料を上げにかからねばなりません。しかし、ここで増税をしようというバカな総理大臣がいます。あの~、円高以前に経済音痴のこういうアホな政治家が大問題なんです、日本は。

【今回の数字】
’11年の日本人の年間平均給与
412万円
輸出額の増加と反比例して平均給与が下がっている局面も。輸出が増えても給料は増えないのだ。円高で間接的に消費者の購買力が上がり何とかやってきただけで、今は内需を拡大して給料を上げねばならない

【選者】現役金融マン ぐっちーさん
ウォール街で20年生きてきたノウハウをブログに執筆し、いち早くサブプライムローン問題に警鐘を鳴らしていたアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://guccipost.jp/)の主宰を務めている

正直、ライブドアHPからこれの見出しを見たとき、「これ釣り記事か?」と思いました。正直。

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51331744.html

この2ちゃんねる某スレでの、140番目の書き込みのように、各国毎の労働時間と平均年収の釣り合いを比較するのなら話は分かります。でも、何で現代の日本人と、時代が全く違う(勿論貨幣価値も違う)ブルボン朝全盛期のフランス人、それも一握り(総人口内僅か1.5%程度)の特権階級に過ぎない貴族達の年収を比較?

そもそも、そのぐっちー先生の言う貴族って、フランス革命前は第二身分の貴族は、第一身分の聖職者共々(彼らと合わせても、総人口内僅か2%!!)免税特権と言って、新自由経済主義者がやりたがる減税(この場合金持ちが一番得する。だって、金稼ぐほど納税額も多くなるのだから)どころか、税金払わなくていいという特権があったのだけど、もしかしてご存じないですか?これ高校の世界史レベルの知識です。決してそんな難しい話じゃない。税金を納める必要が無くて、老後の年金の心配もなくて、多くは遊んで暮らしても差し支えない人達より、私ら一般庶民が生活豊かなんて、小学生でもおかしいとすぐ気づくと思うのではですが・・・・・・・

「中国が追いつこうとするのも必然」も、三橋貴明という人のようにその「嘘」等を指摘している論者もいますがね。仮に本当だとしても、1820年当時はGDPが全世界比28.7%だったのに対して、2011年IMF予測値ではまだ10%程度なのですが。追いつこうとしているよりも、「中華思想故に西洋諸国をも化外の民として見下したしっぺ返しで、近代化に取り残されて落ちぶれて、漸く最近になっていくらか盛り返してきた」と言う方が正確なのではと思いますが。と言うか、政治的に社会主義の建前とっているのに貧富の差は資本主義国以上だし、今年になってバブル崩壊の危機も囁かれているのですが。中国経済についても触れるのなら、もう少しそういう視点とか突っ込んで欲しかったですがね。

「内需の重要性」には特に異論は無いですが、私のような、経済学部出身でも遊んでばかり(苦笑)だった人にも突っ込まれるようでは駄目なのでは?と激しく思う。「SPA!」もたまに目にする程度ですが、ほんとレベル下がりましたよね。民主党政権の面々よりも、この人の方が正直・・・・・・・等やはりと言うか、ミラーマンとの某トラブル等胡散臭い前科もあるようですが。このぐっちー先生とやらには。

|

« 鉄拳3OP動画とタッグトーナメント2で若返った平八 | トップページ | レディ・ガガが精力的なのは良いのだけど・・・・・・・ »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/43768846

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも貨幣価値自体違うのでは?:

« 鉄拳3OP動画とタッグトーナメント2で若返った平八 | トップページ | レディ・ガガが精力的なのは良いのだけど・・・・・・・ »