« 国道6号について思う事その3 | トップページ | ジャンプが「最強」なのは1995年までの事 »

2011/11/26

スペインの政権交代と変な「経済的優越感」

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24355220111125

スペイン次期政権、外部支援要請を検討=関係筋

2011年 11月 26日 05:02 JST

 今月実施された総選挙では、社会労働党(PSOE)が大敗を喫し、中道右派の国民党(PP)が与党の座を奪回。12月20日頃に同党のマリアノ・ラホイ党首が新首相に就任し、新政権が発足する見通しとなっている。

 関係筋はロイターに対し「外部支援要請がすでに決定されたとは思わない。ただ、それに関する質問を受けており、検討されている選択肢の1つではある」と述べた。

 「われわれには時間が必要だ。現在の状況についてさらなる情報が求められている」としたうえで「要請しなければならないのであれば、今行なう必要がある」と語った。

 国民党当局者は、外部支援要請に関する質問に対して発言を控えた。 

 スペインが欧州金融安定ファシリティー(EFSF)、もしくは国際通貨基金(IMF)に対する支援要請が将来的に必要になる場合、市場の状況により支援を要請せざるを得なくなってから行動を起こすよりは、政府が独自の判断で早い段階で要請する方が政治的には望ましいとの見方が出ている。 

 IMFは22日、ユーロ圏債務危機の波及に備えるため、6カ月間の短期流動性を供給する融資制度「予防的流動性枠(PLL)」を創設すると発表。対象となる国は具体的に示さなかったものの、新たなクレジットラインは「将来の衝撃に対する保険、および短期的な流動性供給窓口」になるとしている。

 国民党の経済顧問はロイターに対し、IMFのクレジットラインによる融資申請は検討されている1つの選択肢にすぎないとしたうえで、申請したとしてもこれだけでは十分でなく、暫定的な措置とみなされると述べた。

新政権を率いる国民党のラホイ党首は、20日の総選挙後の勝利宣言以来、公の場に姿を現しておらず、選挙運動中も経済政策の詳細は示してこなかった。ただ、今週に入り国内大手行の幹部と会合を重ねている。 

 スペインでは2012年に約1200億ユーロの国債が償還を迎える。赤字の穴埋め費用も加わり、少なくとも2000億ユーロが必要となる見通し。

 スペインが抱える問題は欧州中央銀行(ECB)が量的緩和に踏み切れば解決する可能性もあるが、こうした案にはECB内部からも反対論が出ているほか、ドイツも反対姿勢を崩していない。

 前出の国民党の顧問は、スペインはまずECBの措置を選ぶとしながらも「それが得られない場合、外部支援を受ける必要が出てくる」と述べた。

[マドリード 25日 ロイター] 12月半ばに発足するスペインの次期政権は財政を強化する選択肢の1つとして、外部支援の要請を検討している。関係筋が25日、明らかにした。

スペインも、バルセロナオリンピック後一時不景気となるも、EU諸国の中では比較的高い経済成長率を記録していたようですが、ギリシャやポルトガル共々やばいようですね。しかし・・・・・・・

http://d.hatena.ne.jp/flyfree/20070908

元は某巨大掲示板のスレで、先進国の定義は曖昧ですが、スペインも先進国と言って良いでしょう。結論から言えば。

確かにG7(アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ)よりは一人当たりGDPやや低め(ただし、購買力平価説ではイタリアとはほぼ同じぐらい)ですが、そんな大きな差があるわけでもない。GDPの規模は、人口は世界トップ30に入るかはいらないかに対し、ロシアやブラジルに抜かれたとはいえ、まだ12、3位と頑張っているほうです。

17世紀初頭まで「太陽の沈まない大帝国」として世界をまたに駆けていただけに、落ちぶれたイメージもあるのかもしれないけど、産業的には著名な企業も少なくないし、文化的にもピカソやダリ、ガウディ、それにややマイナーだけどノーベル文学賞を受賞したカミーロ・セロのような作家だっています。

他にOECDに先進国として定義されている国では、ポルトガルやキプロス、チェコ、スロバキアあたりは微妙かもしれないけど、「何故スペインは先進国になれなかったの?」なんてクソスレですよ。

いや、勿論某掲示板なんか、突っ込むだけキリがないのも分かってはいるつもりです。しかし、よくスペイン・ポルトガル・ギリシャが先進国かどうか疑問を持っている人を目にするけど、そういう人たちって、無意識の内に、何か「自分達の方が優秀だ。」と変な経済的優越感みたいなものを持っているのだろうか?

日本だって、一人当たりGDPは1993年以降順位を下げているけど、購買力平価説ではもう台湾やシンガポールにも抜かれているし、韓国とも大きな差はありません。

先日国王夫妻が訪問したブータンも、国民総幸福量という変わった指標を採用しているらしいけど、ちょっとそういう邪推をせずにはいられない。ましてや、特にギリシャは公務員天国ぶり等日本の反面教師なのにね。

|

« 国道6号について思う事その3 | トップページ | ジャンプが「最強」なのは1995年までの事 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/43155021

この記事へのトラックバック一覧です: スペインの政権交代と変な「経済的優越感」:

« 国道6号について思う事その3 | トップページ | ジャンプが「最強」なのは1995年までの事 »