« 今更ながらの映画「悪人」感想 | トップページ | スペインの政権交代と変な「経済的優越感」 »

2011/11/23

国道6号について思う事その3

http://www.ktr.mlit.go.jp/jousou/ushiku-top.html

今日は勤労感謝の日ですが、国道6号牛久土浦バイパス、いよいよ先日学園西大通りと東大通りの間1.6キロ区間が開通しました。

http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/kikaku/jigyohyoka/pdf/h20/04siryo/siryo1-9.pdf

折角なので、今日ちょっと走ってみましたが、将来の拡幅に備えた用地も取得しているようです。今回の開通はまた、牛久土浦バイパスはつくば市だけでなく、土浦市にも通る事にもなったのですが、両市境のカントリーサインは設置されていませんでした。全線開通後の事になるのでしょうか。ただ、予定よりは2年ほど遅れており、しかもまだ全ルートの4分の1に過ぎません。しかも、学園東大通りとの交点の先は住宅地等が点々として見えます。私の遠い親戚にも、用地買収で20億以上貰った人がいますが、果たして全線開通はいつの事か・・・・・・・

http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/hitachi_00000071.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000042569.pdf

土浦バイパスも四車線化工事がいよいよ始まりましたが、まだあくまで一部のようです。圏央道もあるし、あと10年ぐらいで実現すれば良いほうでしょうか。

http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/hitachi_00000055.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000040843.pdf

千代田石岡バイパスも工事が進んでおり、市道拡幅や常磐線踏み切り統廃合も行われているようですが、美野里バイパスはどうやら、同バイパスから現道と県道59号玉里水戸線との交点(「堅倉」交差点)付近との接続をルートとして考えられているようです。

http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/hitachi_00000064.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000041296.pdf

日立市内の大和田拡幅も漸く本格的に始まったようですが、まだ一部交差点改良段階のようです。しかし、山側道路の暫定開通は近いとの事らしいので、いくらかは渋滞もマシになってくるかもしれません。

http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/37402_1.pdf

そして国道6号と言えば、あの東日本大震災で、被災地域が通行できない区間が8月末に解消されたらしいですが、完全復旧にはまだまだ時間がかかりそうですね。しかし、いつか必ず「浜通りの大動脈」でもある国道6号の完全復活の日が来ると信じたいものです。

茨城県内で言えば、理想はやはり東京から日立まで全線四車線で供用される事です。特に牛久~土浦市内、常磐道千代田石岡IC~石岡市内、何気に平日の交通量が30000台以上もある茨城町内、日立市内の整備が優先されるべきだと思いますが、まあまだまだ遠い先のことですね。下手すれば実現したとしてももうこの世にもいないかもしれません。

|

« 今更ながらの映画「悪人」感想 | トップページ | スペインの政権交代と変な「経済的優越感」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/43120466

この記事へのトラックバック一覧です: 国道6号について思う事その3:

« 今更ながらの映画「悪人」感想 | トップページ | スペインの政権交代と変な「経済的優越感」 »