« 結局退任するハム・梨田監督と研究されかかっているハンカチその他 | トップページ | ロシア次期大統領候補はやはり「あの人」 »

2011/09/19

勢いが長続きしない千葉ロッテの球団トップ辞任劇と大毎時代からの「負の伝統」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/19/kiji/K20110919001655690.html

ロッテ球団トップ2辞任…主力トレード進める球団に選手も反発

 最下位に沈むロッテに激震が走った。瀬戸山隆三球団社長(58)が18日、今季限りで辞任することを明らかにした。石川晃球団運営本部長(50)も辞任する。ともに後任は未定。リーグ3位から日本一に上り詰めた「史上最大の下克上」からわずか1年足らず。補強面で重光昭夫オーナー代行(56)サイドとの意見の食い違いなどから、球団トップ2が入れ替わる異例の事態となった。

 オリックス戦前に会見した瀬戸山球団社長は西村監督の来季続投を正式発表した後、自らの去就について口を開いた。

 「私は今季で退任します。8年もやったらくたびれる。去年は日本一になった。一回ゆっくりさせていただきたい」

 昨オフは主力投手のトレード話を進める球団に選手が反発。今年6月には選手会長だったサブローが巨人にトレード移籍した。ある主力選手は「次は誰が出されるのか心配で仕方ない。みんなそう話している」という。選手間の不満の声はオーナーサイドの耳にも入った。加えて最下位低迷。球団経営をフロントに一任してきた重光オーナー代行も不信感を抱き、蜜月関係に亀裂が生じたようだ。

2004年4位(勝率は5割)、2005年2位(プレーオフと日本シリーズで勝って日本一)、2006年4位、2007年2位、2008年4位(勝率は5割強)、2009年5位、2010年3位(クライマックスと日本シリーズで勝って日本一)、そして今年2011年は最下位・・・・・・これが第二次バレンタイン政権以降の千葉ロッテ戦績ですが、日本一に2回なったとは言っても、ペナントレースでの勝率1位は1974年を最後にもう37年も記録していないし、2年連続してAクラスとなったのも、未だに落合博満が二度目の三冠王となった1985年以降やはり26年も途絶えています。(しかも、この年は西武の大独走で3位・4位とのゲーム差は僅差だった)要するに伊原政権以降の西武もそうですが、強いのはほぼ隔年で勢いが持続しない。能力のある選手は決して少なくないのだけど、それがチームとしての総合力になかなか結びつかないのです。

こういう「纏まりの無さ」は何も最近の傾向ではなく、実は大毎時代からの「伝統」です。かっての大毎オリオンズは、山内一弘や榎本喜八、葛城隆雄、阪神から移籍した田宮謙二郎等「ミサイル打線」との異名を取るほどの強力打線を誇っていました。しかし、特に1954年~58年にかけては南海ホークスと西鉄ライオンズというもっと強いチームが二強として激しい優勝争いを展開しており、大毎はなかなか割り込めなかった。三原脩監督とフロントの軋轢、大下弘の衰え等で西鉄の黄金期が終わった1959年には2位、そして1960年にはついにリーグ優勝を果たしました。しかし、大洋ホエールズとの日本シリーズではストレート負けし、采配を巡って永田雅一オーナーと西本幸雄監督が対立して、西本監督が退団すると、Bクラス低迷が続きます。ミサイル打線は依然健在なのにです。

これに業を煮やした永田は1963年オフ、前年のセリーグ王者から一転、Aクラス維持が精一杯だった阪神に山内と小山正明とのトレードを持ちかけます。所謂「世紀のトレード」です。小山は1年目の1964年に30勝を挙げる活躍を果たしましたが、チームはAクラスまであと少しながらも結局4位に終わりました。その後の3年間も20、20、13勝を挙げ、1966年までは防御率も2点台でしたが、チームはBクラスのままでした。寧ろ小山が4勝に終わった1968年に、やっとチームは8年ぶりのAクラス入りを果たしました。しかし、阪急と南海との優勝争いには割り込めず、その上かって永田が追い出し、その阪急ブレーブスの監督に転じた西本幸雄監督の胴上げを見せ付けられる羽目になったのは皮肉です。チームがロッテオリオンズとなり、10年ぶりに優勝した1970年には16勝を挙げましたが、25勝した成田文男や21勝した木樽正明の活躍も光りました。

成田と木樽、それに移籍した金田留広と村田兆治(1973年に就任した、400勝投手・金田正一の弟)の3人は1974年の日本一に大きく貢献しましたが、村田以外の3人は衰えも早かった。その後生え抜きの有藤通世が首位打者を取ったり、リー兄弟が共に長く助っ人外国人として大活躍(弟のロッテ在籍は1982年までだったが)したり、前述の落合が三冠王を3度も取ったりする等の快挙をいくつも記録しましたが、1985年までの11年間では半期優勝3回(1977、80、81。パリーグは1973~82年まで2シーズン制を採用していた)が精一杯で、落合を中日に手放して以降長く低迷が続いたのは周知の通りです。特にあの10.19の1988年は、2桁勝利投手が4人もいて、かつ高沢秀昭が首位打者(争っていた松永浩美を露骨に敬遠した末の記録だったが)を取ったのにもかかわらず最下位に沈みました。1998年も、やはり小坂誠と西武・松井稼頭央の醜い盗塁王タイトル争い(いずれも、後の東北楽天OBでもあるが・・・・・・)がありましたが、得失点差がプラスながら最下位でした。この時の監督は近藤昭仁で、かって大毎時代の1960年に日本シリーズで対戦した大洋ホエールズの新人選手でもありましたが、横浜監督時代の1994年にも、やはり得失点差プラスの最下位チームという珍事を記録しています。なお、ロッテとは直接関係ありませんが、2008年の東北楽天もこの1994年の横浜や98年のロッテのような珍事を記録する可能性がありました。(1ゲーム差で最下位は免れる)ノムさんは選手兼監督だった1975年にも「得失点差プラスの最下位チーム」となる危機に直面していましたが、この年も、日本ハムとの最下位争いには何とか勝ち、免れています。しかし、マスゴミはノムさんをチヤホヤし、過大評価の原因を作っているので、こうした彼や信者にとって都合の悪い面は殆ど指摘しません。

2004年にバレンタインを呼び戻しても、ロッテはこういう「伝統」とはなかなか決別できないでいますが、フロントと選手の間で温度差があるようでは勝てるはずはありません。流石に某学会員でもある監督はまだ2年目だからクビにはならないようだけど・・・・・・・・結局経営を手放す羽目になった永田雅一は野球殿堂入りしており、確かにパリーグやオリオンズへの愛情はあった。ナベツネ等と同列で語るのは筋違いなのも分かってはいるけど、前述の「世紀のトレード」もどちらかと言えば、オリオンズがまあまあ成功した程度(前述通り1970年の優勝も、小山以上に成田や木樽が活躍した)で大成功とまでは行かなかった。その他東京球場の建設や、飯島秀雄の入団等空回りしたアイディアも少なくなかった。現在に至る、ロッテの、「チームとしての総合力になかなか結びつかない『負の伝統』」を残す事となった。過大評価人物の1人であり、その責任は大きいと思います。

|

« 結局退任するハム・梨田監督と研究されかかっているハンカチその他 | トップページ | ロシア次期大統領候補はやはり「あの人」 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/41829675

この記事へのトラックバック一覧です: 勢いが長続きしない千葉ロッテの球団トップ辞任劇と大毎時代からの「負の伝統」:

« 結局退任するハム・梨田監督と研究されかかっているハンカチその他 | トップページ | ロシア次期大統領候補はやはり「あの人」 »