« マーシーは本当に「心の病」を克服できるのか? | トップページ | アメリカ合衆国の元帥達 »

2011/07/02

アンパンマン原作者に気に入られた松雪泰子

http://eiga.com/news/20110702/5/

やなせたかし“宇宙人”松雪泰子に太鼓判

映画ニュースRSS

2011年7月2日 13:27

やなせたかし原作の人気シリーズの劇場版第23弾「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」が7月2日、全国130スクリーンで封切られ、やなせをはじめ、ゲスト声優を務めた松雪泰子大沢あかねが東京・シネリーブル池袋で初日舞台挨拶を行った。

食事はカプセルだけというヘンテ星からやって来たココリン(松雪)が、アンパンマンやジャムおじさんと出会い、パン作りを学びながら食の喜びを忘れた故郷を救おうと奮闘する。ココリンは5歳の元気な男の子という設定で、松雪は「ふだん声が低いので、どんなトーンを出そうか悩んだ」と初のアニメ声優に苦労した様子だ。それでも、やなせから「宇宙人の声は聞いたことがないけど、松雪さんのココリンを聞いて『あっ、なるほど。宇宙人ってこういう声なんだ』と納得した」と太鼓判を押されると、満面の笑みを浮かべた。

大沢は、同時上映「うたって てあそび アンパンマンともりのたから」で、金太郎の孫娘で森の人気者“キンタン”役を務め、「共通点は元気なところ。すてきなおじいちゃん(故大沢啓二さん)がいるのも似ている」。夫でタレントの劇団ひとりは以前、やなせと対談したことがあるといい「彼は2枚目でも3枚目でもないね」(やなせ)。これには大沢も苦笑しきりだった。

この日も恒例となった“自己紹介ソング”を熱唱したやなせは、「もう人生も終わりで、やけくそでやっているんだよ。今年で舞台挨拶もおしまい」と弱音。しかし、七夕の願いを聞かれると「若返りたいんだよ。やりたいことがまだまだあるから」と92歳とは思えないかくしゃくとした発言で盛り上げていた。

(映画.com速報)

まあ実年齢が実年齢だから(苦笑)、劇場に見に行く事はないだろうけど、非専業声優としては健闘されたのですかね。松雪氏は。最近彼女が出演した作品では「mother」とか見ていて面白かったですけどね。

親分の孫娘に対しては、夫を褒めてるのか貶しているのかハッキリ分からない事言っていたけど、原作者のやなせたかし氏も元気ですね。文藝春秋で、自分の戦争体験や健康に気を遣った食事法等を語られていたのを目にした事もあるけど、この調子ならあと10年はまだ大丈夫かもしれない。

|

« マーシーは本当に「心の病」を克服できるのか? | トップページ | アメリカ合衆国の元帥達 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40642244

この記事へのトラックバック一覧です: アンパンマン原作者に気に入られた松雪泰子:

« マーシーは本当に「心の病」を克服できるのか? | トップページ | アメリカ合衆国の元帥達 »