« ジョジョ第7部感想-第19巻「あの戦士のカムバック!!そして・・・・・」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第20巻「ついに『遺体』となったあの子と絶望を超えて」 »

2011/06/26

萩にやってきたペリーの子孫と海軍代将

http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062601000354.html

ペリー提督の子孫、来日 山口・萩、維新の地歩く

幕末に開国を求め黒船を率いて来日したペリー提督の子孫で同姓同名のマシュー・カルブレイス・ペリー氏(70)が26日、山口県萩市を訪れ、幕末ゆかりの地を歩いた。

 萩市は幕末の志士を数多く輩出。松下村塾で多くの弟子を育てた吉田松陰は1854年、伊豆・下田に停泊中のペリー提督の旗艦ポーハタン号に乗り込み、密航を図ったが失敗した。2人に直接の交流はないが、松陰にゆかりのある人物として萩市が招待した。

 ペリー氏は提督の兄の5代目にあたる子孫。米海軍士官を務めた後、野生生物学者として活動する傍ら、提督の生涯を研究、講演も行っている。

まずしばしば誤解されるようだけど、ペリーの最終階級は代将と言って、これはあくまで読んで字のごとく代理的に提督の業務をする人に与えられる職務上の地位であって提督になった事は無かったようです。

そもそも当時のアメリカ軍は、あのジョージ・ワシントン生前の最終階級は中将で、これでも当時としては破格の待遇でしたが、彼に敬意を表する意味でも陸軍でも最高階級は基本的に少将でした。(没後1976年に陸軍大元帥に格上げされる)当時また、准将は将官ではなく、佐官でしたから、将官の階級は一つしかなかったわけです。

海軍でも、1857年には海将という階級が制定されたらしいですが、あくまで当時の代将同様正式な階級ではなく、「それ相応の職務を遂行する間のみに遂行者に与えられた階級」(つまり職務が終わったら元の階級に戻る)だったようで、イギリスやカナダにも存在したらしいです。しかし、2年前の1855年にはペリーは既に退役していたので、当時としては最高位まで出世したわけですね。

代将が正式な階級となったのは、ペリー死後の1862年でした。南北戦争による士官不足が主な原因だったらしく、ハッキリは分かりませんが、「提督ではないが、それに準ずる階級」だったのでしょうかね?実際当時将官ではなかった陸軍准将と同格の階級として位置づけられたらしいです。

1899年に廃止された時は全員少将に格上げされたらしいですが、少なくともこの時に少将の中でもアッパーハーフロワーハーフに分けられたらしく、現在は後者は普通に海軍准将と訳されますが、いつ頃から日本語で准将と呼称されるようになったのかもをちょっと分かりません。いずれにせよ、正式な将官ではなかった人達が昇進によってではなく、代将の廃止によってそうなってしまったのには陸軍から不満を招いたようで、奇しくも第一次世界大戦に参戦する直前に陸軍准将も将官扱いとなり、そのまま現在に至っているようです。イギリス及び後のイギリス連邦諸国(南アフリカ等)が同大戦終戦直後に将官から佐官に降格となったのとは対照的ですが、それでも2005年現在大佐から准将になれるのは約24人に1人。(約3600人中152人)大将は10人いますから、単純計算では、佐官から将官に昇進する方が、その将官最下位の准将から大将に昇進するよりも難しいという事ですね。

陸軍准将の方に深入りしてしまったけど、そのまま代将は消滅したのかと言うと、そうではなく、第二次世界大戦でまたまた将軍・提督の人数が増えてしまい、その乱発を防ぐ為に正式な階級として復活したらしい。だから19世紀の時とは違い、正式な提督になれたのはごく少数だったらしいです。1982年にはまた復活したけど、今度は階級ではなく称号としての復活と随分複雑ですね。

現在は代将は一般的に正式な階級とは見做されてはいないようですが、イギリスやイタリア、エジプト等一部主要国の他にも、パラグアイ(内陸国だが、元は海があったボリビア同様海軍が存在する)等一部規模が小さい国でも階級として存在しているらしいです。中でもイギリス海軍は代将の中でもファースト・セカンドクラスと待遇が分かれているようですが、この点は自衛隊の将補(少将)と佐官が2種または3種に分類されているのと似ているのですかね。現在はセカンドクラス相当の待遇しかないらしいですが・・・・・・・・

そんなペリーの子孫は、以前にも何度か来日した事があったらしいですが、この同姓同名の方は、海軍でどの階級まで出世したのでしょうかね。オバマ大統領と大統領選挙で対峙したジョン・マケインは、祖父も父も海軍大将まで出世(ただし、祖父の方は没後昇進)して、本人も45歳で早く退役しなければ提督クラスまで出世できていたでしょうが、この点もちょっと気になりますね。

|

« ジョジョ第7部感想-第19巻「あの戦士のカムバック!!そして・・・・・」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第20巻「ついに『遺体』となったあの子と絶望を超えて」 »

歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40556965

この記事へのトラックバック一覧です: 萩にやってきたペリーの子孫と海軍代将:

« ジョジョ第7部感想-第19巻「あの戦士のカムバック!!そして・・・・・」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第20巻「ついに『遺体』となったあの子と絶望を超えて」 »