« ジョジョ7部感想-第21巻「今披露される『鉄球』の回転超技術!!」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第23巻「最後の真の敵はやはりあの『御方』だった!!」 »

2011/06/26

ジョジョ7部感想-第22巻「今明かされる『ナプキン』の秘話」

万事休すかに思われたジョニィ、しかしジャイロの敗北は決して無駄ではなかった。馬の力を利用して「完全な回転エネルギー」を現出させたのですが、ジョニィのスタンドにも新たな力、そしてジョジョファンには聞き覚えのあるあの・・・・・・・

「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!!!」

そう!!あのもはや「伝説」とも言えるあの掛け声と共に、ついにこのタスクACT4は、D4Cの「次元の壁」を打ち破ったのです。もう一つの世界の大統領は何としてでも、ジョニィを抹殺しようとしますが、ジョニィから受けたダメージは彼にも付いて来ており、思うように動けない。回転が止まっていないからなのです。

ここでまた、大統領の過去エピソードが挿入されましたが、大統領の死んだ親父が参戦していた戦争って、時代的に米墨戦争ですかね?(墨はメキシコを指す)この親父の友人の、「愛国心」についての弁ですが、相変わらず迷走している民主党政権にも耳の穴かっぽじいて聞かせてやりたいと思ったのは私だけではないでしょう。

もう完全にジョニィが勝利したかと思えば、大統領、ジャイロとルーシーを餌に命乞いの為の取引を持ってきたけど、「自分の欲望でしか考えないゲス」って、お前のことだろうよ。(苦笑)愛国心を隠れ蓑にしているけど、そう言えば「愛国心はならず者の最後の逃げ場」と言った人もいたしね。「我が国民の安全を保障する」とも言っていたけど、子羊に例えたレースでの何人かの犠牲者もその「我が国民」の1人なのでは?論理が矛盾していると言うか、やはりこの大統領は出来の悪い三流マキャベリストだけど、彼はまた殊勝らしくハンカチと父の思い出を語った。当然のごとく中々信用しなかったジョニィだけど、兄貴ばっか偏愛してきた父親と、親子らしい絆を築いてこなかった彼はとうとう心を動かされる事となります。私は大統領については、再三言うように悪役としては評価していませんが、こういう対比は興味深いものはあります。

まあこの後はどうなるかはもう大体予想はつくけど、残念ながらまだ23巻は私の手元にないのです。古本屋でも探すのが面度臭いから、もうアマソンで一気に中古品を注文したけど、23巻だけが無い。いよいよジョジョ7部もあと少しですが、次回の更新は23巻が届いてからになります。まあ見たい人だけ見てくれれば良いのですが。大した事は言ってないし。

|

« ジョジョ7部感想-第21巻「今披露される『鉄球』の回転超技術!!」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第23巻「最後の真の敵はやはりあの『御方』だった!!」 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40559339

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ7部感想-第22巻「今明かされる『ナプキン』の秘話」:

« ジョジョ7部感想-第21巻「今披露される『鉄球』の回転超技術!!」 | トップページ | ジョジョ7部感想-第23巻「最後の真の敵はやはりあの『御方』だった!!」 »