« 本当に詐欺師になってしまった羽賀研ニ | トップページ | ジョジョ7部感想-第18巻「ついにあかされるあの『正体』」 »

2011/06/25

ジョジョ7部感想-第17巻「誰だ!?誰だ!?誰だぁ!?ジョニィを撃ったのは!?」

いつの間に7部が終了したらしいですが、実は最後どうなったかは私は全然知りません。しかし、24巻完結だけど、23巻以外全部揃いました(23巻ももうすぐゲットできる見込み)ので、4ヵ月半ぶりになりますが、感想を更新します。

いよいよここまで生き残った戦士達、それぞれも思惑を秘めながらフィラデルフィアまで集結する事となりました。ディオを殺害する事を主張するジョニィに対し、ジャイロはあくまで「遺体」の回収を主張しますが、本当に顔つきが変わりましたね。彼は。こういう冷徹さは、歴代ジョジョでは5部のジョルノに通ずるものがあります。

しかし、その直後何者かに彼の方が撃たれた!!何とか致命傷とまではならず、排水溝から逃げたようですが、直後現れたのは「新手のスタンド使い」、ディ・ス・コ。彼のスタンド「チョコレートディスコ」は敵の周囲にマス目をつくり、特定の座標に攻撃を必ず仕掛ける事などが出来るのです。これまた厄介な能力です。しかし、「戦いの年季」ではジャイロの方が上手だった。鉄球の回転を利用させて、自分とディ・ス・コとの距離を錯覚させたのです。その後はほぼあっけなくジャイロの勝利に終わりましたが、やはりそれなりに見応えあるバトルではありました。

しかし、彼は犯人ではなければ、犯人を知っているわけでもなかった。ジョニィは子供達への聞き込みを開始します。しかし、男の子達はディオが、女の子達はウェカピポが犯人だと主張します。どうなってんだ?そして、絵描きの老人は大統領の似顔絵を描いて彼こそが犯人だと主張する。一体どれが本当なんだ?

キリストの復活伝説が挿入された後、今度はディオ・ウェカピポそれぞれの視点からジョニィ狙撃事件がプレイバックされる事となりましたが、どうやら大統領のスタンド能力のようです。いよいよその片鱗が見えて来たと言う事なのでしょう。

それぞれの視点が、知られざる大統領のスタンド能力の不気味さをよく物語っていたと言うか、この巻の話はさすが荒木氏とも言った所で面白かったです。さあ、その能力の正体は・・・・・・

|

« 本当に詐欺師になってしまった羽賀研ニ | トップページ | ジョジョ7部感想-第18巻「ついにあかされるあの『正体』」 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40545025

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ7部感想-第17巻「誰だ!?誰だ!?誰だぁ!?ジョニィを撃ったのは!?」:

« 本当に詐欺師になってしまった羽賀研ニ | トップページ | ジョジョ7部感想-第18巻「ついにあかされるあの『正体』」 »