« ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その2 | トップページ | あえて「何故AKBがダメなのか」に改めて回答する »

2011/06/05

思惑が外れた2011年ベトナム国会議員選挙と政治制度

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110603-OYT1T00884.htm

非共産党員の当選者、目標下回る…ベトナム国会

 【バンコク=深沢淳一】ベトナムの選挙管理委員会は3日、5月下旬に実施した国会議員選挙の結果を発表した。

共産党は今回、一党独裁批判をかわし、民主化進展を内外にアピールするため、定数500人に占める非共産党員の当選者を10~15%とする目標を掲げた。しかし、前回より1人少ない42人と8・4%にとどまり、目標を下回った。

 新国会は7月下旬に招集され、グエン・タン・ズン首相の続投や、チュオン・タン・サン党書記局常務の大統領就任などを承認、政府の新体制が本格始動する。

(2011年6月3日23時35分  読売新聞)
大統領は、正式名称は「ベトナム社会主義共和国主席」ですが、入院中に読んだ、西村ミツル氏原作「大使閣下の料理人」でもロック(ホーチミン最後の教え子という設定だった)は大統領と呼ばれてましたね。

ベトナムは、統一以降1987年以外は1の位が1と6の年に共産党大会が開かれているようで、今年2011年にはグエン・フー・チョンノン・ドゥック・マインの後任で書記長に就任したらしい。総書記・国家主席は党大会毎(首相は1987年以降、1の位が2と7の年に開催される国会で選ばれ、今年は別にせよ、1年のズレがあるが、在任中の死亡・辞任の例もある)の5年任期制で、一時は国家主席が廃止(1980~92年。国家評議会全体が国家元首の機能を果たした)されていたのも中国と似ていて、共産党軍事委員会も存在するらしいですが、共産党総書記は同委員会委員長は兼任しても、国家主席や首相は別の党幹部がほぼ一貫して充てられているようです。現にホーチミンも、国家主席は日本降伏からベトナム戦争最中での死まで24年間ずっと在任していましたが、首相と書記長を一度に兼任したことは無かったようです。(首相は1945~55年。書記長は1956~60年に在任)ちなみにラオスは、中国同様書記長と国家主席は兼任するのが慣例となっているらしく、この点では対照的です。

その国家主席、記事を読む限りでは、どうやら現任のグエン・ミン・チェットは今年限りでお役御免らしいですが、次期国家主席らしいチュオン・タン・サン、現首相のグエン・タン・ズン共々1996年の党大会で47歳の若さで政治局入りしたらしい。この二人、中国の胡錦濤&温家宝コンビ同様同級生コンビのようですが、ズンが国家銀行総裁も一時務める等経済に明るい実務的官僚なのに対し、サンは書記局員も兼ねる等主に日常的な党務に携わってきたという違いがあるようですね。序列1位である書記長に就任してから、まだ半年もたっていないグエン・フー・チョンは理論派とやはりこの2人とは違うようですが、さあこの3人の「新トロイカ体制」はどうなるか。いずれにせよ、権力集中度が弱く、変なトラブルを起こしていない分、ベトナム共産党は中国共産党より全然マシに見えるけど・・・・・・・・

|

« ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その2 | トップページ | あえて「何故AKBがダメなのか」に改めて回答する »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40273195

この記事へのトラックバック一覧です: 思惑が外れた2011年ベトナム国会議員選挙と政治制度:

» お部屋のコーディネイトおまかせください [Witch House]
リフォーム、お部屋のリニューアル、収納アドバイス、ハウスキーピングのプロフェッショナル [続きを読む]

受信: 2011/06/07 23時32分

« ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その2 | トップページ | あえて「何故AKBがダメなのか」に改めて回答する »