« 「ダマスカスの春」未だ訪れず | トップページ | 中華民国の一級上将たち »

2011/05/14

あのタレントも選んでしまった残念な選択

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110513-OHT1T00032.htm

上原美優さん、自宅で首つり自殺「お母さんのところに行きたい」

10人きょうだいの末っ子として生まれ「大家族貧乏アイドル」として人気のタレント・上原美優(本名・藤崎睦美)さんが12日未明、東京・目黒区の自宅マンションで首をつっているのが見つかり、午前3時37分に搬送先の都内の病院で死亡が確認された。24歳だった。遺書は見つかっていないが、解読不可能な殴り書きのメモがあったことから、警視庁目黒署などは自殺の可能性が高いとみている。

 上原さんが突然、自ら命を絶った。目黒署などによると、12日午前2時すぎ、部屋に戻った交際中の一般男性(26)が通報。上原さんは自宅のドア付近にベルトとスカーフをかけ、首をつっていた。遺書は見つかっていないが、愛用のメモ帳に解読不明の殴り書きのようなものがあった。事件性はないという。

 事務所関係者によると、上原さんは11日、終日オフでこの男性と過ごした。深夜に「一回、一人になりたい」と告げ、男性が2時間ほど部屋を空けたすきに自殺を図ったとみられる。関係者は「一般人の彼氏がいる報告は受けていた。別れ話がこじれたわけではない。その男性がよりどころになっていた」と説明。

 事故当時について、自宅マンションの上の階に住む住民は「バタバタと物音がした。10~15分くらいして(上原さんの)名前を呼ぶ男性の声が聞こえた。その辺りで救急車が到着した」と話した。

 バラエティー番組を中心に明るく元気なイメージの強い上原さんだが、もともと精神的に弱く、昨年3月に心筋梗塞のため、母親のイチ子さん(享年65歳)を亡くした後は、情緒不安定な日々が続いていたという。

 4月末に上原さんと会ったテレビ局関係者は「廊下ですれ違ってあいさつしたが、声も聞き取れないほど。目に生気がなく、元気がなかった。悩んでいるようだった」と指摘。最後になった10日付のブログでは「リアルに私、恋愛が出来ない」「恋多き女だった私が、恋の仕方も、恋愛の仕方も、リアルにわかんなくなってる」「完全に焦ってるな私」などと恋の悩みをつづっている。亡くなる数時間前には、父親の久男さん(79)に「種子島に帰りたい。お母さんのところに行きたい」と電話で告げたが、しばらくして「もう大丈夫だから。仕事に行くから」と元気を取り戻したという。

 上原さんは10人きょうだいの末っ子として生まれた。大家族のため、貧しく、下着が足りずにノーパンで通学したり、おやつ代わりに草や花を食べたという貧乏生活をネタに「大家族貧乏アイドル」として人気を集めた。

 09年発表の自叙伝「10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?」では、17歳で上京後、キャバクラで働いたこと、失恋が引き金で自殺未遂したこと、暴走族にいた過去なども告白している。

 レギュラー番組を多数抱えるなど仕事は順調で、今回の件に関して、所属事務所は「本人がこのような状況に至ってしまった理由が見当たらず、訃報には驚いているとしか言いようがございません」とコメントした。

 ◆上原 美優(うえはら・みゆ) 本名・藤崎睦美(ふじさき・むつみ)。1987年5月2日、鹿児島県種子島生まれ。六女であることから、睦美と命名。当時、父親は55歳、母親は43歳。きょうだいは4男6女、長男とは25歳差。2004年に芸能事務所に所属。グラビアアイドルとして活動。「おもいッきりDON!」「サンデージャポン」などのバラエティー番組で活躍。身長152センチ。血液型A。

 ◆種子島で葬儀 〇…上原さんの遺体はこの日、都内の葬儀社に安置された。種子島や大阪からきょうだいや親戚が上京し付き添った。高齢のため種子島に残った父親は憔悴(しょうすい)しきっているという。遺族の希望で通夜・告別式は種子島で営まれる予定。遺体は13日にも地元に戻る。

 ◆マンション住人驚き 〇…都内にある上原の自宅マンションには、この日午前から取材陣が集まり始め、正午すぎには約50人に上った。マンションの住民は若者の単身世帯が中心だが、上原さんが住んでいたことを知っていた人はおらず、自殺のニュースに驚きの表情を見せていた。

実は私事だけど、事件当日、数ヶ月前に埼玉県某市でオービスに捕まってしまって、免許停止期間短縮の為の講習に行ってました。(夕方までの1日がかりな為当然職場は欠勤)

無事にその日だけの免許停止だけで済んで、家族に送迎してもらって帰宅、ちょっとゆっくりした後、さあ飯食うべと思っていたらテレビのニュースに・・・・・・・・・

第一声が「えっ?何で彼女が?」だったと言うか、そんな自殺するようなタマには見えなかったから正直驚かずにはいられなかった。実は数年前にも自殺未遂を起こしていたらしいけど、「貧乏タレント」とのマスゴミや事務所が作り上げたイメージとのギャップや恋愛関係等色々悩んでいたのでしょう。人一倍感受性とか強かったのかもしれなかったし、ファンではなかったけど、このような選択を選んでしまったのは残念でならない。それにしてもマスゴミ、特に日テレは・・・・・・・・・彼らにマトモな報道等期待しちゃいないけど、そうっとしとけよ!!なっ?それはともかく、故郷で安らかに眠って下さい。今はそれとしか言いようが無い。

|

« 「ダマスカスの春」未だ訪れず | トップページ | 中華民国の一級上将たち »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/39986533

この記事へのトラックバック一覧です: あのタレントも選んでしまった残念な選択:

« 「ダマスカスの春」未だ訪れず | トップページ | 中華民国の一級上将たち »