« 「英雄色を好む」とは言うけれど・・・・・・ | トップページ | あの通信販売大手企業のCM変遷 »

2011/05/22

もし「ロックマン3」が「メガマンユニバース2」としてリメイクされるなら

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/22-5de5.html

「メガマンユニバース」が開発中止になる一方、「DASH3」が制作中だったり、ロックマンアワードが制定されたりと依然高い関心が寄せられる「ロックマン」シリーズですが、上記過去ログの、「もし『ロックマン2』が『ロックマンロックマン2』としてリメイクされるなら」がそれなりのアクセス数を記録しているので、今度はもし「ロックマン3」がリメイクされるならどのようなゲームにしていけば良いか?ちょっと述べてみたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=ruZ2nXeI4qU

上記は「ロックマン3」改造版の「mega man 3 alpha」ですが、これを参考にする前提で話を進めます。

ポイント①.ロックマンのポーズ

オープニングや、武器取得画面での所謂「ロッテリア」ですが、実はこの際のロックマンのポーズは、前作「ロックマン2」でのカセットイラストです。本リメイクでは、まずこれを変更します。

ポイント②.サポートメカ「ラッシュ」

「3」から登場したロックマンの相棒ですが、ラッシュジェットの、水中での使用は不可とし、5人目のボスを倒した時点で使用可能とします。その代わり、ラッシュマリンは初期から使用可能かつ、オリジナルよりややエネルギー消費のスピードを抑え目にして、かつマリンが無いと進む事ができないステージをいくつか設けます。これでオリジナルと違い、一定の存在意義を持たせる事が出来る様になると思います。

ポイント③.8体のボスキャラクター達

「ロックマンロックマン」同様、ある程度体力が減ってきたら、大技を仕掛けるようにします。弱点も、「3」の面々は相関が2グループに独立していましたが、このリメイク版では1グループとします。具体的には・・・・・・・

ニードル→スネーク→ジェミニ→マグネット→ハード→タップ→シャドウ→スパーク→(ニードル)

の相関図とします。また、ボスラッシュ時に、ボス自身の特殊武器で大ダメージを与えられるという設定もリメイク版では不可とします。

ポイント④.特殊武器

・ハードナックル・・・・発射時の動作及び発射後のスピードをやや速くします。

・サーチスネーク・・・・ワイリーステージ中に、「ロックマン2」でのバブルリードや「ロックマン9」でのプラグボールみたいに隠し穴を探せる様な箇所を設けます。

・スパークショック・・・・・「ロックマンワールド3」のように、敵をショートさせている最中でもメニュー画面を開けるようにします。

ポイント⑤.ドクロボットステージ

オリジナルの「3」では、スパーク・シャドウ・ニードル・ジェミニの4ボスステージがベースでしたが、このリメイク版ではタップ・スネーク・スパーク・ジェミニの4ステージとします。えっ、基準は何だって?BGMのセンスが特に良いからです。

ポイント⑥.ドクロボットK-176

ベースは「ロックマン2」に登場したボス達のデータでしたが、このリメイク版では「1」と「2」それぞれ4体のボス達のデータをベースとします。「1」はガッツマン・オイルマン・アイスマン・ファイアーマンで、「2」はフラッシュマン・クイックマン・エアーマン・ウッドマンです。各々の弱点武器は以下の通りです。

ガッツマン・・・・タップスピン

オイルマン・・・・マグネットミサイル

アイスマン・・・・スパークショット

ファイアーマン・・・・ハードナックル

フラッシュマン・・・・ニードルキャノン

クイックマン・・・・サーチスネーク

エアーマン・・・・ジェミニレーザー

ウッドマン・・・・シャドーブレード

ポイント⑥.ワイリーステージ

「3」では、ドクロボットステージが山場な感が強く、ワイリーステージの難易度は低めでしたが、カメゴローホログラフロックマンズは行動パターンを複雑にして、オリジナルより強化します。ステージの難易度もやや難化させます。ガンマも未完成という設定でしたが、リメイク版では完成している事にし、当然強化させます。具体的には第2形態時にタップスピンで攻撃しても、1回でKOという風にはならないよう等にします。

ポイント⑦.BGM

http://www.youtube.com/watch?v=6c5GQXjhypA

http://www.youtube.com/watch?v=vTqcCNQZDDY&feature=related

音楽も当然アレンジです。FC風には間違ってもしません。上記はニコニコ動画からの転載動画ですが、こういうアレンジとかは参考になるかもしれません。

ポイント⑧.声優陣

当然登場キャラにも声優を起用します。以下の面々です。(敬称略)

ロックマン・・・小林由美子

ライト博士・・・麻生智久

Dr.ワイリー・・・緒方賢一

ブルース・・・置鮎龍太郎

ロール・・・吉田小南美

ラッシュ・・・高乃麗

ニードルマン・・・谷育子

マグネットマン・・・大森章督

ジェミニマン・・・谷山紀章

ハードマン&イエローデビルMKⅡ・・・玄田哲章

タップマン・・・小原乃梨子

スネークマン・・・菅原淳一

スパークマン・・・神田朱未

シャドーマン・・・中村悠一

ワイリーとハードマンは、ご健在であれば、それぞれ青野武氏と郷里大輔氏がイメージ通りのキャスティングだと思うが・・・・・・・・・勿論ちゃんとボス戦前等のデモでの会話シーンも数多く挿入します。

ポイント⑨.ブルースモード

まあ新鮮味は無いかもしれませんが、ブルースからの視点のゲームモードという事で。この時は、ロックマンが中ボスとなります。

以上妄想込みでちょっと述べてみたけど、他にも当然「ロックマンロックマン」でもあった、コントラクション等も設けます。まあ可能性としてはかなり低い事は間違いないかもしれないが・・・・・・・・

|

« 「英雄色を好む」とは言うけれど・・・・・・ | トップページ | あの通信販売大手企業のCM変遷 »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/40084563

この記事へのトラックバック一覧です: もし「ロックマン3」が「メガマンユニバース2」としてリメイクされるなら:

« 「英雄色を好む」とは言うけれど・・・・・・ | トップページ | あの通信販売大手企業のCM変遷 »