« 残り任期わずかな胡温体制下の中国と「追いつかない」皇帝制の変容 | トップページ | 滅多打ちにされるのも良い勉強 »

2011/03/21

リビア内戦と各国の動向

http://mainichi.jp/select/world/news/20110321ddm007030127000c.html

リビア:多国籍軍空爆 中国「一貫して反対」 ロシア「中東の過激主義助長」

 【北京・成沢健一、モスクワ田中洋之】リビアへの武力行使を容認した国連安保理決議の採決で棄権した中国とロシアは、多国籍軍によるリビア攻撃に遺憾の意を表明した。

 中国外務省の姜瑜(きょうゆ)副報道局長は20日、「中国は一貫して国際関係での武力行使には賛成しない」とする談話を発表。「情勢ができる限り早く回復・安定し、民間人の死傷者がさらに増える事態を回避するよう望む」と指摘した。

 ロシア外務省も19日、一般市民の被害回避と速やかな攻撃停止を求める声明を発表した。ロシアのロゴジン駐北大西洋条約機構(NATO)大使は、「紛争の拡大と制御不能の連鎖反応につながり、北アフリカや中東地域全体の過激主義を助長する」と警告した。

 ロシアの軍事専門家はインタファクス通信に、リビアの旧ソ連製兵器は、最新兵器に対抗できないと指摘した。

米英仏に対し、中露はリビア空爆に反対、ベネズエラも同様の態度を取っているけど、いかにも分かり易いと言うか。反対している国はいずれも非民主国で、飛び火なんかでもされたら自分達に都合が悪いですからね。

奇しくも来年2012年は、中国は胡錦濤が総書記と政治局常務委員を引退する予定で、ロシアもプーチンが大統領選挙に再立候補する可能性が高い。大事な時期です。アメリカもオバマ大統領は果たして再選できるか否かです。

特に中国は、カダフィが六四天安門事件について言及した時なんか露骨に嫌な態度を示した一方、「一貫して国際関係での武力行使には賛成しない」って・・・・・・・・・日本に限らず、旧ソ連やインド、ベトナム等周辺諸国とは常に領土問題起こしている中国が言っても説得力は皆無でしょう。(苦笑)

リビアとは話が反れるけど、自衛隊が暴力装置というのなら、米軍やこの中国人民解放軍はウルトラスーパー暴力装置だよ。仙谷くん?日本は日本で、地震のどさくさにまぎれて、この妄言をはいたおバカさんを官房副長官に「復帰」させたり、谷垣自民党総裁に入閣依頼したりと民主党政権は頓珍漢な人事ばかりやっている。

|

« 残り任期わずかな胡温体制下の中国と「追いつかない」皇帝制の変容 | トップページ | 滅多打ちにされるのも良い勉強 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/39308799

この記事へのトラックバック一覧です: リビア内戦と各国の動向:

« 残り任期わずかな胡温体制下の中国と「追いつかない」皇帝制の変容 | トップページ | 滅多打ちにされるのも良い勉強 »