« ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 | トップページ | 今日は建国記念の日だが・・・・・・・・ »

2011/02/06

ジョジョ7部感想-第16巻「スティール氏とルーシー、2人の『危機』」

ルーシーが大統領夫人に成りすましていたのを感づいた所で、マジェント・マジェントに襲われてしまって危機一髪のスティール、結構破天荒な過去を彼も抱えていましたが、また挿入されたルーシーとの過去エピソード、男ならああいう事は一度は言ってみたいもの?ルーシーと結果的に彼女の正体を知ってしまった大統領とのやり取りも独特の緊迫感はありましたかね。大統領はどうも好きにはなれないが・・・・・・・・・・・ウェカピポマジェント・マジェントとのバトルも、後者のセルフパロディにちょっとニヤリとさせられたのは自分だけではないと思われ、ウェカピポへの屈折した感情も、それなりの掘り下げはなされていたとは思うけど、彼も小物で盛り上げ役としては物足りないのも否めない。一方のジャイロ&ジョニィは、その大統領に遺体を取られてガックリしながらフィラデルフィアまで到達したけど、ジャイロのギャグも全然笑えなかったですかね。話を盛り上げようとする意気込み等は伝わるのだけど、どうももう一つ決定打に欠けるというか・・・・・・・・・・

|

« ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 | トップページ | 今日は建国記念の日だが・・・・・・・・ »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/38763491

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ7部感想-第16巻「スティール氏とルーシー、2人の『危機』」:

« ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 | トップページ | 今日は建国記念の日だが・・・・・・・・ »