« 夫が妻の歌、そして妻が夫の・・・・・・・ | トップページ | ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 »

2011/02/05

新テニスの王子様第44・45・46・47話-傷だらけのアトーべ様!!そして敗者達のカムバック!!

ついに「跡部王国」なる「世界」で、入江くんの「絶対死角」を掴んだ、バルログ、いやアトーべ様、タイブレークに持ち込み、バトルは長期化の様相を呈してきました。こうなると、もうアトーべ様の押せ押せモード。その後の先取点もゲットしましたが、赤ちゃんの喜びようも何だか微笑ましい。しかし、実はさっきの転倒で左足首を痛めてしまっており、かつそれを入江くんに見透かされてしまいます。

思うように動けず、またも小ばかにした態度を取られてしまうアトーべ様、やはり「これは俺様のイメージじゃないっっっっっ!!!」なのですが、もはや吹っ切れるしかありません。

第1話で中学生連中をいじめてやろうとした天神・平理の二人組もまだ頑張っていたようで、このバトルを目に遅れながら駆けつけてきましたが、何と187-187の長すぎなタイブレーク!!入江くんも、流石に余裕がなくなったのか明らかに早くけりをつけたくてしょうがない態度を隠せません。ドロップショットまで見切ったアトーべ様、やはりその心底にはライバル・手塚部長との思いがあった。それも空しくついに転倒、力尽きたと思ったら入江くんも肩がバカになって戦闘不能。この壮絶なるバトルは引き分けとなったのですが、実は入江くん、これも演技でまだ戦闘可能ではあったのですが、ライバルがどれだけ成長するかワクワクしてしょうがなかったようで、敢えて自分も身を引いたのです。アトーべ様に対しても、「ナイスファイト」と称えましたが、彼もつくづく粋のあるテニス星人でしょう。

さあ、彼らの次は誰が立つか注目されましたが、トリを飾るのは鬼おじさん!!しかし、武井くんに全く見せ場を与えず6-0の圧勝!!3番コートと5番コートが入れ替わりとなりました。鬼おじさんら3番コートより上の実力者で今の所判明しているのは1番コートの殿(徳川カズヤくん)と鉄砲くん(種子島修二くん)だけ。次は2番コートの面々がその実力を明らかにするかと思いきや、姿が見えません。そう、その動向が気になって久しかったのですが、越前王子様ら「敗者」の面々が乗っ取ってしまったのです!!皆アトーべ様以上に傷だらけですが、さあその「革命」の成果は?

まあ合計のページ数は大して変わらないと言うか、態々四話に分ける意味あるのかよwwwとも思うけど、アトーべ様と入江くんのバトルは、勿論笑い所もあったけど、まずまずの好勝負だったでしょう。まあアトーべ様が負ける事はない(実質は負けだが)のは「想定の範囲内」ではあるが・・・・・・・・・そして越前王子様達も久々に姿を現して、また今後の展開が全く別の意味でwww楽しみになってきたけど、2番コート噛ませ犬かよwwww。

http://okawari-free.cocolog-nifty.com/blog/2011/week4/index.html

テニプリと言えば、本シリーズでも阿久津くんにお使いを頼まれていた、壇太一くん役、小林由美子氏のブログでも、先日のテニプリフェスタの様子が断片的ながらも言及されていたのも興味深い所です。皆川純子氏や、天才くん役の甲斐田ゆき氏、阿久津くん役の佐々木望氏等主な共演者と並んで写真をとられた姿には見ていて微笑ましいものがありますね。佐々木氏は44歳になられたばかりにしては、若く見えるけど、本当にファンの人達と共に楽しんでいたのがよく伝わります。アニメ劇場版も今秋公開予定らしいですが、どんなぶっ飛んだ代物に仕上がるのでしょうかね。全く別の意味wwwwで楽しみだけど、テニプリの辞書に「有り得ない」という文字はない!!YES!!WE CAN!!wwwwww

|

« 夫が妻の歌、そして妻が夫の・・・・・・・ | トップページ | ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/38747712

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第44・45・46・47話-傷だらけのアトーべ様!!そして敗者達のカムバック!!:

« 夫が妻の歌、そして妻が夫の・・・・・・・ | トップページ | ジョジョ7部感想-第15巻「何かを捨てて進む」 »