« 市川海老蔵騒動-ついに犯人が逮捕されたが・・・・・・・・・ | トップページ | 松山ケンイチと平清盛 »

2010/12/12

スケート男子は優勝ならずも健闘

http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201012120049.html

初優勝の期待が大きかった日本男子。エースの高橋が9日の練習中に小塚と激突するアクシデントがあって精彩を欠いた中、織田が何とか2位に踏みとどまった。

 白いシャツに黒いパンツというシンプルな衣装で臨んだフリーは、グリーグ作曲のピアノ協奏曲。冒頭の4回転―3回転ジャンプに挑んだが、最初の4回転に失敗して転倒。SPで成功させたこの大技が決まらなかった時点で、優勝は消えたようなものだ。

 後半の簡単なダブルアクセル(2回転半)ジャンプでも転倒。ジャンプに定評がある織田らしからぬミス。「最終滑走でバリバリに意識してしまった」と頭をかいた。

 だが、「練習を積むごとに良くなっている」と手応えも口にした。今季、苦手としているクラシックを選んだのも「難しい曲だけど、これを滑ることができたらもっと上にいける」と思ったからだ。

 「満足していない。去年も2位だったし、優勝できなくて悔しい」と織田は嘆いたが、ファイナルでは2季連続で高橋を上回った。日本男子の勢力図が少しずつ、変わりつつある。(坂上武司)

■小塚は3位

 小塚は冒頭の4回転ジャンプを回転不足と判定されるなど、細かなミスはありながらもフリーは2位。2季ぶりにファイナルの表彰台に帰ってきた。だが、その顔は曇ったまま。9日の公式練習で高橋と激突してしまったことが尾を引いていた様子。「表彰台に戻って来ることができたのはうれしいことだけど、今回は高橋選手に悪いことをしてしまった。僕の中で心残りのある試合になった」と話し、最後まで笑顔はなかった。

■高橋「最悪」4位

 高橋大輔 「最悪です。最後は足にきてしまって何もコントロールできなかった。全日本選手権まで時間がないけれど、今回悪かったことを消せるくらいに練習をして臨みたい」

男子優勝のチャン 「本当にエキサイトしている。ファイナルでやった演技を、もう一度世界選手権でやって金メダルを取りたい」

織田信成くんも一時は1位だったのだが・・・・・・・・まあ惜しかったけど、十分健闘した方だったでしょう。あの世の信長も褒めている・・・・かな?女子は村上佳菜子ちゃんが銅メダルだったらしいけど、浅田真央ちゃんは出場すら出来なかったのはファンにとっては残念だったでしょう。ヤッターマンリメイク版でも彼女をモデルとした某スケート選手が登場したほどだったのが・・・・・・・・・・今の不振はさらなる成長の為の陣痛なのか?それとも所詮典型的早熟系だったのか・・・・・・・

|

« 市川海老蔵騒動-ついに犯人が逮捕されたが・・・・・・・・・ | トップページ | 松山ケンイチと平清盛 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/38048416

この記事へのトラックバック一覧です: スケート男子は優勝ならずも健闘:

« 市川海老蔵騒動-ついに犯人が逮捕されたが・・・・・・・・・ | トップページ | 松山ケンイチと平清盛 »