« スケート男子は優勝ならずも健闘 | トップページ | 駄作化長寿アニメのはしりとなってしまった「キテレツ大百科」 »

2010/12/14

松山ケンイチと平清盛

http://www.sanspo.com/geino/news/101214/gnj1012141240024-n1.htm

松ケン、清盛役へ意気込み ゆかりの寺院で

2010.12.14 12:37

 平成24年のNHK大河ドラマ「平清盛」で、主人公の清盛を演じる人気俳優、松山ケンイチ(25)が14日、清盛ゆかりの六波羅蜜寺(京都市東山区)を訪れ、ドラマのヒットを祈願した。

 ドラマの舞台は平安時代末期で、貴族による政治体制を終わらせ、武士の時代をつくり上げた清盛の一生を描く。大河ドラマで清盛を演じるのは、松山が史上最年少という。

 この日、松山は番組スタッフとともに同寺を訪れ、川崎純性山主(住職)の案内で、「平清盛坐像」や「平清盛公の塚」を見学し、清盛の生きた時代に思いをはせていた。

 報道陣の取材に応じた松山は「清盛は悪者として描かれていることが多いけれど、それは違うということを表現しなければいけない。最年少の僕にしかできない清盛を演じていきたい」と意気込みを語った。

マツケンの演技力を否定する気は無いが・・・・・・・・・・

平清盛が主人公のドラマと言えば、もう一人のマツケンこと松平健氏が主役張ったTBS版を数年前に見た事あるけど、どうも荷が重いんじゃないかというのが正直な第一印象ですね。「平家物語」等一般的なイメージと違う清盛を描きたいつもりならばなおさらかもしれない。まあ最初から期待はしていませんけどね。今年の龍馬伝もまた、ネプチューンの原田某とか場違いなお笑い枠がいたし。ノルウェイの森とやらも、大ヒットを宣言するだけならどの作品でも、誰でも言えることだけど、果たして面白いですかね。

|

« スケート男子は優勝ならずも健闘 | トップページ | 駄作化長寿アニメのはしりとなってしまった「キテレツ大百科」 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/38079041

この記事へのトラックバック一覧です: 松山ケンイチと平清盛:

« スケート男子は優勝ならずも健闘 | トップページ | 駄作化長寿アニメのはしりとなってしまった「キテレツ大百科」 »