« ベラルーシ大統領選挙-近隣諸国の支配より自国独裁者の統治の方がマシなのか? | トップページ | 中露朝になめられる大元は日露戦争辛勝・朝鮮併合への驕り »

2010/12/22

「味いちもんめ」ドラマ版12年ぶりに復活

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010122202000173.html

中居の腕は高級料亭級!? テレ朝系新春ドラマ「味いちもんめ」クランクアップ

2010年12月22日 紙面から

 SMAPの中居正広(38)が板前役で主演するテレビ朝日系新春ドラマスペシャル「味いちもんめ」がこのほどクランクアップし、中居が劇中の料理を実際に作って取材陣に振る舞った。

 腕によりをかけて作ったのは「フルーツトマトの酢の物」。エビや干し柿を使い、粒マスタードやユズの搾り汁で味付けした一品だ。記者も試食したが、さっぱりしつつも繊細な味わいが口の中に広がり、高級料亭で出てきてもおかしくないレベルだった。しかし中居は「料理指導の先生の言う通りにやりました。レシピなしでは無理です」と断言。SMAPメンバーに料理を披露してみては、と聞かれると「いやいや、メンバーのほうが上手だから!」と謙遜していた。

 初主演ドラマの12年ぶりの復活。中居は「すごく丁寧に、時間をかけて映画みたいに撮影しました」と手応えを語るいっぽう、「12年間まったくお誘いがなかったということは何かあったんでしょうね。(自分の)態度が良くないので…生意気だったし…」と疑心暗鬼なコメントで笑わせた。

 共演は小林稔侍(69)、柳沢慎吾(48)ら。放送は来年1月8日午後9時から。

味いちもんめドラマ版1・2は大黒摩季氏の主題歌も印象深かったけど、中居正広くんの出演したドラマ・映画の中では最も良いと思えた作品でしたね。まだ若く瑞々しかったというか、主人公のひたむきさとか良く表現していたと思います。もっとも、その後は役者としては事務所の力もあり、優遇はされるも伸び悩んでいる現状(まあ、SMAPの面々は皆演技も微妙だけど)となってしまっているが・・・・・・・・

原作漫画(作画担当は、某時代劇雑誌でも徳川光圀を題材とした漫画を描いていたが)も、独立編序盤まで読んだ事あって、つまらなくはないけど、やや冗長な感がしないと言えないかもしれない。原作者も既にこの世の人ではなく、某幼稚園児漫画の作者にも言えることだけど、現在の連載続行を果たして自分の死後も望んでいたのでしょうかね。

そうかと思えば、12年ぶりに、スペシャルとして放送されるのもちょっと不自然な感もあり、新キャストの一人、窪塚弟は某有名刑事もの映画での演技が褒められたものじゃなかっただけに、その点も不安ではあるけど、果たして面白い作品に仕上がりますかね。ちょっと注目したい所です。

|

« ベラルーシ大統領選挙-近隣諸国の支配より自国独裁者の統治の方がマシなのか? | トップページ | 中露朝になめられる大元は日露戦争辛勝・朝鮮併合への驕り »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/38176634

この記事へのトラックバック一覧です: 「味いちもんめ」ドラマ版12年ぶりに復活:

« ベラルーシ大統領選挙-近隣諸国の支配より自国独裁者の統治の方がマシなのか? | トップページ | 中露朝になめられる大元は日露戦争辛勝・朝鮮併合への驕り »