« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/09

将軍様三男、ついに序列でもナンバー2となる!!

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18065220101109

[ソウル 8日 ロイター] 韓国メディアは8日、北朝鮮の軍ナンバー2である趙明禄国防委員会第1副委員長(労働党政治局常務委員、次帥)が6日に死亡したのを受けて葬儀委員会が設置され、金正日総書記の後継者である金正恩氏が同委員会名簿で2番目に名を連ねたと報じた。

 正恩氏が金総書記に続き名簿で第2位に入ったことは、同氏が事実上のナンバー2に昇格したことを示すものと報じられている。

 正恩氏は9月に開かれた労働党代表者会で、党中央軍事委員会副委員長に就任。党内序列では6位となっていた。

今まで党内序列2位は確か、「政治的ナンバー2」で、主席制度廃止後の形式的国家元首である、金永南最高人民会議常任委員会委員長(所謂国会議長の事)だったと思いますが、ついに彼の序列をも抜きましたか。

この三男、確かに風貌は祖父の金日成(日本敗戦でソ連から帰国した際はまだ痩せていたが、北朝鮮の最高指導者になった頃に撮った、夫人とまだ7歳だった将軍様との写真も残っているが、既に肥満していた。)に似ていて、実際身長175センチも、北朝鮮男性の平均身長より10センチ近くも高いけど、体重も90キロ。この金一家って太りやすい体質なのだろうか?将軍様も激やせしたかと思えば、また太りだしてきたし。

しかし、思えば、金日成も元は5つもあった派閥の内の、満州派の親分に過ぎなかった。

後ろ盾であったヨシフ・スターリンが、一時的にレフ・カーメノフやグリゴリー・ジノヴィエフと組んで最大のライバルだったトロツキーを追い落とし、利用価値が無くなったら大粛清でやはり別に一時的に仲良くなっていたニコライ・ブハーリン等共々一気に大粛清で抹殺した。金日成も、ソ連派と延安派を、甲山派と組んで粛清したら、今度はソ連のコスイギン改革を取りいれようとしたその甲山派を粛清した。(南労働党派はそれ以前の初期に粛清される。)敵の派閥がいなくなったら(実際にはソ連派残党の南日等生き残ったのもいた。もっとも、彼の最期も、「金正日の正体」でも描かれていたけど、かなりきな臭い。)、今度は満州派内部の対立が起こったけど、これもパルチザン闘争時代からの子分、呉振宇率いる穏健派を支持して、崔光を中心とした強硬派は失脚した。(ただし、いずれも金日成の指導性は尊重していたためか、復帰した面々も少なくなかった。)

元々書記長は党の実務部門の総トップであり、国家元首ではなかったけど、スターリンは大粛清で自分以外の、ソ連成立当初からの高級幹部がミハイル・カリーニンぐらいとなったのを見て、同じく粛清されたアレクセイ・ルイコフの後任に、腹心のヴァチェスラフ・モロトフを外務人民委員と兼任させていたのが、自らが首相となった。スターリン憲法も制定し、大恐慌に苦しんでいた欧米諸国へのアピールにも成功した。金日成も、他派閥をほぼ根絶やしにした後、1972年に憲法を制定し、より強力な権限を得るための国家主席制度を作り、それまで就いていた内閣首相の後任には第一副首相で、やはり「北朝鮮のモロトフ」とも言えた金一を据えた。(ただ、モロトフが第二次世界大戦後猜疑心が増したスターリンに冷遇されるようになったのに対し、金一は将軍様を後継者に推した事もあって、正式名称が政務院総理と変わった首相退任後も、死去まで国家副主席を務めた。)

この2人が違う大きな点は、フルシチョフからスタンドプレーとしてのスターリン批判を受けたスターリンとは違って金日成は現在でも北朝鮮では神様のようであり、前置きが長くなったけど、彼の政治的な誤算の一つは後継者という安心と引き換えに、晩年半ば実権をその将軍様に奪われてしまった事だったでしょう。

朝鮮人民軍最高司令官を譲ったのみならず、都合の良い憲法改正で国防委員会委員長もやはり将軍様に譲る事となった。人民服姿(特に1960~80年代前半)が多かった筈が、晩年はスーツ姿がほぼ専らになったのも、そうした現象の表れと言えるのではとも思いますが、後継者が決まったら、出世欲のある人間は誰も彼もがその後継者に靡き、その恩恵を受けようとするのは自然な事でしょう。実際、前述の「金正日の正体」でも、1985年の事ですが、他部署の某男に横柄な態度を見せていた金日成の側近が、背後に将軍様がいたのを知るや、蛇に睨まれたカエルのように低姿勢で平謝りしたというエピソードが載っていたけど、首領様の側近が増長した将軍様の側近のいじめを受けたのは珍しくなかったようです。

かくして「金王朝2代目皇帝」となった将軍様は、確かに外交ではある種の天才的閃きを見せているとは言えるのかも知れませんが、内政面では失格。特に経済の無知は甚だしく、一時好転していた北朝鮮経済も、デノミネーションの失敗等で依然韓国との経済格差は埋まりません。それでいて、金英逸に責任を押しつけて、更迭させてしまった。いや、彼は降格人事ながらも、某市港湾長に就けたのだからまだ良かった。朴南基にいたっては処刑されてしまった。

そんな北朝鮮ですが、将軍様の健康も相変わらず思わしくはないようで、まさに「歴史は繰り返す」というか、スターリン譲りの用心深さ故だった落とし穴に、将軍様もはまる可能性は十分あります。しかし、この「金王朝」も果たしていつまで続くやら・・・・・・・・・親分の中国も、内政では経済発展、外政では尖閣諸島問題等での対日強硬等威勢が良いように見えて、結構ボロボロな点も多いようだけど・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010/11/07

俳優・水嶋ヒロと作家・斉藤智裕

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101107/tnr1011070830004-n1.htm

俳優・水嶋ヒロさん「大切な一歩目」

2010.11.7 08:29

 「大切な一歩目となるこの作品が大賞をいただけたという現実に、まだまだ身震いをしている最中です」。第5回ポプラ社小説大賞の大賞受賞が決まった俳優、水嶋ヒロさん(26)は1日、東京都新宿区ポプラ社で行われた受賞作発表会で、かみ締めるように喜びを語った。本名の齋藤智裕(ともひろ)での創作活動の第一歩を、自らの力でとびきり派手な舞台にしてしまった。

 俳優として人気絶頂だった昨年2月、歌手の絢香(あやか)さん(22)と結婚。ところが、今年9月には「表に出るより執筆活動をしたい」と所属事務所を退社した。突然の文筆活動宣言を冷ややかに見る向きもあったが、本人の覚悟は相当だった。名前を伏せてペンネームの齋藤智(さとし)で応募し、1285編もの応募作品で最も高い評価を受けた。ポプラ社によると、10月25日の最終選考で大賞が決定した後に、編集者が初めて本人と会い、作者が「水嶋ヒロ」だと分かったという。

 受賞作「KAGEROU」は自殺志願者とそれを止めようとする男を描く。「命の大切さ」を問う原稿用紙388枚の長編だ。単行本が刊行予定で、「多くの大切なメッセージを盛り込んだ作品を表現していくことで、生意気かもしれませんが、社会貢献につなげていけたら」と語る。

 国内文学賞では最高額の賞金2千万円は「多くの作品が生まれるために有効利用していただきたい」として辞退。いきなり“社会貢献”を実践してみせた。

彼は俳優として高い評価を受けていたし、自分もその演技力は高い評価をしていて、悪い印象は無かったのだが・・・・・・・・・あまりこういう邪推はしたくないけど、編集者が「斉藤智裕=水嶋ヒロ」である事を知らなかったなんてウソだろというか、何だか出来レースの匂いがしますね。実際1000件以上の応募から晴れて最高評価を受けたと言うのに、何故か賞金受け取りは辞退したと言う。やはり出来レースだったのか。それとも金持ちゆえの余裕だったのか。

いずれにしても、実は人気絶頂な頃から勘違い発言(まあ、勘違いしないほうが不自然とも言えたけど)も多かったようだけど、ちょっと胡散臭い夫婦になってしまいましたね。彼ら夫妻は。やはり結婚は、個人としては間違ってはいなくとも、芸能人としては大きなミスだった。この先作家としても、ヒット作を出せるのかどうかは知らないけど、まあ一度はイバラの道でも歩んでみたら良いんじゃないですか。真に実力があるのか、それとも身の程知らずだったのか。答えが出るのはそう遠い先では無いでしょう。

| | トラックバック (0)

北朝鮮の「軍事的ナンバー2」がとうとう・・・・・・・

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101107-OYT1T00162.htm

北朝鮮の軍ナンバー2が死去、国葬へ

 【ソウル支局】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮人民軍ナンバー2とされ、国防委員会第1副委員長の

氏(82)が6日、心臓病のために死去した。

 10日に国葬が行われる。

 近年は病気療養のため表舞台に出ることは少なかった。

 9月の党代表者会などでは最高幹部ポストの党政治局常務委員に選出されていたが、姿を見せなかった。

(2010年11月7日02時29分  読売新聞)

趙明禄

(

チョミョンロク

)

後継者が正式に決定されたばかりの北朝鮮ですが、これで生存中の主な「革命第一世代」は李乙雪(元帥)だけとなりました。政治局常務委員にも選ばれたとあるけど、既に闘病中だったらしいし、これは「最後の花道」を飾らせる為の政治的配慮だったのでしょう。
軍事的には将軍様(金正日)に次ぐナンバー2だった彼ですが、ついに元帥昇進とまではいきませんでした。というか、彼の最終階級だった次帥は北朝鮮独自の階級だけど、共和国元帥(将軍様が授与されているのはこの階級)と人民軍元帥をわざわざ分けるぐらいなら必要ないのではとも思うけど、人民軍の規模自体も大きいし、それだけ元帥は特に重みがあるということでしょう。第二次世界大戦後も元帥が何人も出たソ連とは対照的であります。(ヴィクトル・クリコフやドミトリー・ヤゾフ等は終戦時には下級将校に過ぎなかった。)
中国がごじゃっぺなだけに、相対的に影が薄くなっている気がする北朝鮮ですが、金王朝3代目皇帝になるであろう金正恩も、最高指導者になった暁には、自らを共和国元帥とするだけでなく、親父のように大規模な昇進人事(金日成の晩年の1991年末に、朝鮮人民軍最高司令官に就任したときには大校以上の将校に限っても、実に600人以上を対象とした昇進を行い、その後も何回か決行している。趙明禄もこの時旧ソ連・東欧では上級大将に相当する四星大将に昇進している)を行うという想像は難く無いでしょう。
どうやら趙に代わる軍のナンバー2となったのは、砲撃攻撃にも関わったと見られていて、趙の死の直前に次帥に昇進した李英鎬総参謀長のようです。彼ももう68歳ですが、大将昇進後僅か1年半強でのスピード昇進。張成ウの10年、白鶴林・李乙雪の7年(前述の大規模昇進人事で昇進した)、趙の3年を凌ぐ記録です。今後は彼の動向にも要注目かもしれません。

| | トラックバック (0)

2010/11/06

新テニスの王子様第38話-ついに来たる!!我等がドン・アトーべ様wwwの出番!!

手塚部長が勝利した後も、戦いは続きます。橘くんと千歳くんのコンビも、高校生と互角の好勝負を演出している。しかし、ここにきて相手の高校生コンビも本気を出す事にしたのか、同調(という名のサイヤ人化wwww)で彼らに立ち向かいます。って、こいつらも使えたのかwww。まあ、彼らは地球人の姿をしたテニス星人wwwだし、今更驚く事ではないとも思うけどwwww。

一方、天才くんは大好きなwww部長と個人試合をしていたけど、苦戦する一方。スーパーストリートファイターⅣでもリュウを演じた猫丸くん、それを見かねて思わず「そんな様じゃ手塚に勝てないよ!!」とゲキを飛ばしたけど、改めて吹っ切れたものがあったのか、更なる上を目指す決意をします。しかし、改めてやる意味あったのか?これ。

橘・千歳ペアのバトルに戻りますが、残念ながら惜しくも敗れてしまった。「ばってん危なかっと」は本心だったでしょう。そして、ついにその時が来た!!

そう、テニプリ最強(最狂wwww)キャラ候補の一角であり、テニスの技術も容姿も完璧すぎるwwwwあのドン・アトーべ様wwwwの出番がいよいよやって来たのですwwwww!!

氷帝コール(いい加減ウザイよwww)の元、ジャージのファスナーを開けながら、指を鳴らし、「勝つのは5番コートだ」とカッコ良過ぎるwwww決め台詞wwww!!行け!!われらがアトーべ様wwwww!!

いや、腰痛がまたぶり返してきたのか、また1話掲載形式(まあ、大してページ数は変わらないけどww)となっているけど、このアトーべ様、真面目に見ても某劇場版では子分の樺地の誕生日プレゼント(間違えてはいたが)を用意する等良い所もあるのだけど、最後の最後でもう大爆笑www!!まさにテニプリらしい笑いがまた戻ってきたwwwと言えました。

メディアミックスの方でも、めでたくアニメも10周年を迎えるらしいけど、その記念で来年の1月に武道館でフェスタが行われるとか。各校から選抜されたスペシャルユニットのみならず、勘違いCDデビューwwwまで果たされたあの許斐大先生までまた越前王子様とデュエット!!いやーほんとてんこ盛りな内容のようですな。えっ、お前も当然行くだろ?って。だから行くわけねぇだろwww。まあ、それはともかく、全く別の意味でwwwテニプリの大ファンなこの私、錬鉄の人にとっては面白い展開になってきました。早く12月4日になってほしいものですwwww。

| | トラックバック (1)

2010/11/04

「DASH」シリーズにも「ロールアイドル化」は伝染中なのか

http://www.inside-games.jp/article/2010/11/01/45377.html

カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『ロックマンDASH3 PROJECT』の最新情報を公開しました。

本作は、ユーザーがさまざまな形でゲーム作りに参加する“プロジェクト”方式を採用していますが、その第一弾が新ヒロインのデザインコンペです。

『ロックマンDASH3 PROJECT』では、ボスキャラの企画・デザインやステージのアイデア、アイテム名や、街の人々の声を担当する声優が募集される予定となっています。

第一弾企画として、新ヒロインのデザインコンペが実施されましたが、いよいよその結果が明らかとなりました。ロール、トロンに続く、三人目の新ヒロインの座はコマキシンスケ氏に決定。公式サイトでコメントが公開されています。

さらに、ユーザーからのアイデアを募ったり、ゲーム制作の現場を紹介する「DASH開発室」が、近日ゲーム制作SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)へ進化することが決定したとのこと。ゲーム制作により参加しやすい環境が用意される予定です。

『ロックマン DASH3 PROJECT』は、発売日・価格共に未定です。

「ゲームはファンあってこそ。ファンの皆さんで決めるのです。」と言えば聞こえは良いけど、大事なのは「どのように万人に楽しめる面白いゲームを作るべきか」で、「どのような、ファンが萌えるヒロインを登場させるか」では全然ないと思いますが・・・・・・・ほんとつくづく「力の入れ所」がズレているのでは?というか、いつから「ダッシュ」シリーズも、ヒロイン等女の子キャラでファンに媚びるシリーズになったんだよと。

カプコンは「ロックマンロックマン」それで本当に成功してきたと言えるの?というか、「本家」の「ロールヒロイン化・ロールアイドル化」が、やっと久々に新作が登場する筈の、この「DASH」シリーズにも伝染してきていると評して差し支えないでしょう。

そうかと思えば、つい最近も某ゲーム雑誌で、「デッドライジング2」についてのインタビューを受けていた稲船敬二氏、カプコンを退社されるらしく、自らのブログでは「なんとか改革できた」と言っておられたけど、少なくとも「ロックマン」シリーズ全般に限れば改革は全く不十分だったでしょう。

もうこのブログでは何度も何度も批判してきたけど、特に「本家」シリーズでは、ファン共々「自称」最高傑作「ロックマン2」への、宗教さながらの幻想(オーバーと思われるかもしれないけど、マジでそう思う。自分は)を持ち、「歪なる神聖視」がなされていき、人気衰退等を背景とした極端な懐古志向、「思い出は億千万」や「エアーマンが倒せない」等普通に見ればキワモノでしかない組曲にも異議を唱える事無く、寧ろ彼らファンに媚びたFCグラフィックとしての「ロックマン9」と「ロックマン10」という登場させてはいけないシリーズを登場させてしまった。その結果どうなったか?

確かに「9」ではロックマンのスライディングとチャージを廃止してまで特殊武器を所謂「過去のいい所取り」まで強化したけど、「難しいけど面白い」という初期の醍醐味は戻ってきた。しかしその一方で、「2」へのオマージュは露骨であざとく、ロックマンに対しては、ワイリーの歴代土下座シーン等変に受け狙いしたかと思えば、人間不信に陥りかねないような仕打ちをした。一方でロールには一定の条件で「8」衣装を拝ませる等ロールアイドル化の酷さは変わらなかった。どっちの命が大事なのかほんと分かったものじゃなかったけど、根本的な問題点が全く解決されていなかったから、同じ「2」を意識していても、「3」や「4」とは逆に「9」はその実やはり歪な代物に仕上がった。

「10」では、「6」でチャージショット、「8」でラッシュを強化しすぎたように、今度は特殊武器を良い所取りしたジレンマに早くも直面し、相変わらずロックマンはチャージもスライディングも削除されたままだったからやはり失敗作となってしまった。ブルースモードも、フォルテモードも、そうした幻想による「歪なる神聖視」に対する誤魔化しに過ぎなかった。そして「ロックマンオンライン」や、「メガマンユニバース」の開発も聞かれるけど、後者は相変わらずそうした「歪なる神聖視」があざとい。まだ情報は断片的だというのに!!

本来なら稲船氏がそういう問題をいち早く理解し、カプコンにいる内に全て解決しなければいけなかったのですが、結局それをする事無く、古くからのファンに媚びるような「サービス」が目立ちました。そういう意味では、もう反感を買うのは千も承知で言うけど、同氏の責任も免れないでしょう。DASH3」も、本家「9」や「10」とはやはりまた違った意味での「失敗作」に仕上がってしまうのか?その答えが出るのは時間の問題だろうけど、来年2011年になっても私のカプコンへの不信感が変わる可能性は低いでしょうね。

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »