« 新テニスの王子様第38話-ついに来たる!!我等がドン・アトーべ様wwwの出番!! | トップページ | 俳優・水嶋ヒロと作家・斉藤智裕 »

2010/11/07

北朝鮮の「軍事的ナンバー2」がとうとう・・・・・・・

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101107-OYT1T00162.htm

北朝鮮の軍ナンバー2が死去、国葬へ

 【ソウル支局】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮人民軍ナンバー2とされ、国防委員会第1副委員長の

氏(82)が6日、心臓病のために死去した。

 10日に国葬が行われる。

 近年は病気療養のため表舞台に出ることは少なかった。

 9月の党代表者会などでは最高幹部ポストの党政治局常務委員に選出されていたが、姿を見せなかった。

(2010年11月7日02時29分  読売新聞)

趙明禄

(

チョミョンロク

)

後継者が正式に決定されたばかりの北朝鮮ですが、これで生存中の主な「革命第一世代」は李乙雪(元帥)だけとなりました。政治局常務委員にも選ばれたとあるけど、既に闘病中だったらしいし、これは「最後の花道」を飾らせる為の政治的配慮だったのでしょう。
軍事的には将軍様(金正日)に次ぐナンバー2だった彼ですが、ついに元帥昇進とまではいきませんでした。というか、彼の最終階級だった次帥は北朝鮮独自の階級だけど、共和国元帥(将軍様が授与されているのはこの階級)と人民軍元帥をわざわざ分けるぐらいなら必要ないのではとも思うけど、人民軍の規模自体も大きいし、それだけ元帥は特に重みがあるということでしょう。第二次世界大戦後も元帥が何人も出たソ連とは対照的であります。(ヴィクトル・クリコフやドミトリー・ヤゾフ等は終戦時には下級将校に過ぎなかった。)
中国がごじゃっぺなだけに、相対的に影が薄くなっている気がする北朝鮮ですが、金王朝3代目皇帝になるであろう金正恩も、最高指導者になった暁には、自らを共和国元帥とするだけでなく、親父のように大規模な昇進人事(金日成の晩年の1991年末に、朝鮮人民軍最高司令官に就任したときには大校以上の将校に限っても、実に600人以上を対象とした昇進を行い、その後も何回か決行している。趙明禄もこの時旧ソ連・東欧では上級大将に相当する四星大将に昇進している)を行うという想像は難く無いでしょう。
どうやら趙に代わる軍のナンバー2となったのは、砲撃攻撃にも関わったと見られていて、趙の死の直前に次帥に昇進した李英鎬総参謀長のようです。彼ももう68歳ですが、大将昇進後僅か1年半強でのスピード昇進。張成ウの10年、白鶴林・李乙雪の7年(前述の大規模昇進人事で昇進した)、趙の3年を凌ぐ記録です。今後は彼の動向にも要注目かもしれません。

|

« 新テニスの王子様第38話-ついに来たる!!我等がドン・アトーべ様wwwの出番!! | トップページ | 俳優・水嶋ヒロと作家・斉藤智裕 »

軍事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/37561039

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の「軍事的ナンバー2」がとうとう・・・・・・・:

« 新テニスの王子様第38話-ついに来たる!!我等がドン・アトーべ様wwwの出番!! | トップページ | 俳優・水嶋ヒロと作家・斉藤智裕 »