« ソフトバンク、「鬼門プレーオフ」を克服できず | トップページ | 「DASH」シリーズにも「ロールアイドル化」は伝染中なのか »

2010/10/31

次期五代目皇帝の朝鮮戦争発言と中国最大の誤算

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010103101000266.html

中国副主席発言に韓国反発 親北朝鮮路線と警戒

 【ソウル共同】中国の習近平国家副主席が、朝鮮戦争(1950~53年)について「平和と人類の進歩を維持するための偉大な勝利」と発言したことに、北朝鮮による侵略戦争とする韓国が強く反発している。中国の次期最高指導者に事実上確定した習氏の発言だけに、韓国メディアや政界からは「中国の親北朝鮮路線を示した」として、警戒する声が出ている。

 習氏は25日、北京で開かれた中国の朝鮮戦争参戦から60年の祝典に出席。元義勇兵たちを前に問題の発言をした。

 これに対し、韓国外交通商省は26日、報道向け資料で「朝鮮戦争が北(北朝鮮)の南侵で起きたのは国際的に認められた歴史的事実」と主張。金星煥外交通商相も不快感を示した。

 一方、韓国メディアによると、中国外務省の馬朝旭報道局長は28日、定例記者会見で、習氏の発言内容を「中国政府の定論」と指摘、韓国世論に再び火を付けた。馬局長は29日、中韓の報道官交流として韓国を訪問したが、日程はすべて非公開とされた。

まあ確かに国共内戦が一段落着いた直後で、アメリカが主だった国連軍と引き分けに持ち込んだのだから、そういう風に言えなくも無いのだろうが・・・・・・・

次期国家主席がほぼ確定している、上海閥の一人でもあるこの習近平2012年に開催されるであろう第十八次全国人民代表大会総書記2013年国家主席2014年には党中央軍事委員会主席、そして2015年には国家中央軍事委員会主席に就任と、胡錦濤が江沢民から段々権力を委譲されていったように、彼もそうなっていくのでしょう。

この上海閥の親玉な江沢民自身は、国家主席は楊尚昆、総書記は趙紫陽、そして党・国家軍事委員会主席はあのトウ小平から受け継ぎました。しかし、両軍事委員会については、元々第一副主席にもその趙紫陽がついており、彼が兼務していた総書記も、トウの片腕仲間だった胡耀邦が前任者で、彼が元老達の批判を受けて解任された事で、趙が国務院総理を辞任してその後任に任命されたのです。ところが、この趙も、胡耀邦急死直後の天安門事件で失脚してしまった。

トウ小平が国家主席にも、国務院総理にも、総書記にも就任しないでキングメーカー(国務院副総理には3度22年務めていた。内周恩来末期~華国ホウ内閣時の4年間は常務副総理)に徹し、毛沢東から「あなたがやれば私は安心だ。」と言われていたらしい華国ホウを、総書記、国務院総理及び党中央軍事委員会主席(国家中央軍事委員会は当時まだ設置されず)の座から引き摺り下ろして、総書記(当時は党主席)を胡耀邦、国務院総理を趙紫陽に任命したのもまさに遠慮深謀のなせる技だったと言って良かったでしょう。

彼自身は副総理の座は退きましたが、党中央軍事委員会主席には自らが後釜として就任、憲法改正で設置された国家中央軍事委員会主席も自らが兼務し、再設置された国家主席・副主席には、同輩の元老への名誉職としてそれぞれ李先念と人民軍解放軍開国上将でもあったウランフをすえた。ここまでは良かったのですが、今から思えばトウ小平、いやポスト毛沢東期の中国最大の誤算は、この信頼していたはずの部下だった胡耀邦・趙紫陽としだいに考えが合わなくなっていった事だったと思います。

彼は前述通り、独裁者というよりもバランサーの面が強かったともいえましたが、彼らを要職につける一方、元老達の事も無視するわけには行かない。彼ら2人とも英明な政治家ではあったけど、言葉をもう少し選ばなかったからトウの不興を買ってしまった。

この時代の中国はソ連以上の長老支配体制で、この2人の失脚後、改革はなかなか進まず。表向きは既に公職を退いていたトウ小平が1992年に南巡講和を行い、同年の第十四次全国人民代表大会でやっと長老保守派は壊滅して、名実共に江沢民時代が始まった。しかし、その江沢民が「愛国教育」等日本に及ぼした害等は・・・・・・・・・周知のとおりです。彼もまた、胡耀邦に取り立てられ出世した面々の一人でしたが、国家主席退任後も影響力は強く残り、胡錦濤の共青団と上海閥・太子党の権力闘争が尚も続いている。もしこの2人が失脚しないでいずれかがトウ小平の後釜で最高指導者となっていれば、中国もここまで大国主義をむき出しにする事は無かったかもしれません。しかし、現実は李克強との後継者争いに習近平が勝利してしまった。ましてやこの世代は、青春期に文化大革命を体験した世代で、理系の大学を卒業したエンジニアだった胡錦濤や温家宝ら第4世代とは違い、大多数はまともな教育を受けていないと言われています。日本にとって歓迎できるような政権体制ではない事は確かだと思われますが、果たしてこの先の中国の行く末は・・・・・・・・習近平は「中華人民帝国」のラストエンペラーとなるのか?それとも・・・・・・・・

|

« ソフトバンク、「鬼門プレーオフ」を克服できず | トップページ | 「DASH」シリーズにも「ロールアイドル化」は伝染中なのか »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/37473216

この記事へのトラックバック一覧です: 次期五代目皇帝の朝鮮戦争発言と中国最大の誤算:

« ソフトバンク、「鬼門プレーオフ」を克服できず | トップページ | 「DASH」シリーズにも「ロールアイドル化」は伝染中なのか »