« 新テニスの王子様第37話-部長は勝利して静かに旅立つ・・・・・・・ | トップページ | 「スーパーストリートファイターⅣ」はカプコン対戦格闘の迷走歯止めには成り得なかった »

2010/10/10

あの「発言」が虚しい、日本シリーズにすら進出できなかった2010年の西武ライオンズ

http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/10/10/0003522314.shtm

ロッテが延長十一回勝ち越し パ・CS第2戦

「CSファーストS・第2戦 西武‐ロッテ」(10日、西武ド)

 西武は一回2死一、二塁で、中村が左前適時打。さらに2死満塁からブラウンの右前2点適時打で計3点を先制。

 ロッテは二回、今江が西武の先発岸からソロ本塁打を放った。

 西武は三回、ブラウンの犠飛でリードを再び3点に広げた。

 ロッテは1‐4で迎えた六回、無死一、二塁からサブローの適時二塁打で1点を返した。七回には無死二塁から里崎の中前適時打で1点差に詰めより、九回に里崎のソロ本塁打で同点に追いつき、2試合連続の延長戦となった。

 ロッテは延長十一回、2死一、二塁で井口が小野寺からタイムリーを放ち1点を勝ち越した。

まあ、西武ファンにはますます酷な言い方になってしまいますが、マジックも点灯していた、目前のリーグ優勝を逃して、プレイオフでも、リリーフの不安定さを露呈して敗退・・・・・・・・・今年の西武はいい面の皮と言うか、結果論になってしまうけど、噛ませ犬になってしまいましたね。

例の関係者の「失言」、あまり粘着するのもアレだけど、スポーツというのはいくら人気が有ろうが無かろうが、相手が、そしてそのスポーツを心から愛しているファンがいてこそ始めて成立するもの。彼らがいなくなっては西武ライオンズももう存在意義などありません。正直近年の西武は印象悪い(私の職場にもアンチ西武は何人かいる)けど、まあ某関係者は、期待なんてしていないけど、頭冷やして、監督・選手共々出直して欲しいものですね。この伊東時代からのパターンでは、来年はBクラス転落になりそうだけど。

|

« 新テニスの王子様第37話-部長は勝利して静かに旅立つ・・・・・・・ | トップページ | 「スーパーストリートファイターⅣ」はカプコン対戦格闘の迷走歯止めには成り得なかった »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/37169856

この記事へのトラックバック一覧です: あの「発言」が虚しい、日本シリーズにすら進出できなかった2010年の西武ライオンズ:

« 新テニスの王子様第37話-部長は勝利して静かに旅立つ・・・・・・・ | トップページ | 「スーパーストリートファイターⅣ」はカプコン対戦格闘の迷走歯止めには成り得なかった »