« 新テニスの王子様第33・34話-悪魔のような天使の赤ちゃんと新旧部長の再会!! | トップページ | 井上真央×長野県×NHK朝ドラマ »

2010/08/08

ソフトバンクは今年こそ日本シリーズに行けるか?

http://www.sanspo.com/baseball/news/100808/bsg1008082057002-n1.htm

西武が首位奪回!栗山&中島で見事鷹撃ち

2010.8.8 20:54

 (パ・リーグ、西武7-4ソフトバンク、18回戦、西武12勝6敗、8日、西武ドーム)西武がソフトバンクとの直接対決に3連勝し、首位を奪回した。この日も栗山、中島の2・3番コンビが計3打点を挙げる活躍で鷹を打ち落とした。

 獅子はよみがえった。首位ソフトバンクに0・5ゲーム差で迎えた直接対決。午後5時から始まった薄暮ナイターで、西武が執念を見せて首位に返り咲いた。

 先発の大沼が二回に3点を先制されると、渡辺監督は見切りをつけ、この回限りで降板させる。すると、打線は三回から反撃を開始。二死から片岡が中前打と二盗で得点圏に進むと、続く栗山が左中間へ適時二塁打を放ち、まず1点を返した。栗山は3試合連続打点。恐怖の2番打者としてチームに勢いを与えた。

 四回は二死から平尾が中越えへ同点3号2ラン。「なにが来てもいいようにタイミングを合わせていた。きのうの借りを返せた」。前夜は3打数無安打に加え、守備でもタイムリーエラーを犯し、途中交代を命じられた。その悔しさを晴らす価値ある同点弾だ。

 さらに五回には二死二塁から中島が左前適時打を放ち、ついに勝ち越しに成功した。八回に再び同点とされるが、直後の攻撃で栗山が二塁打を放ち出塁すると、中島のタイムリーで再びソフトバンクを突き放した。打線改造で“定位置”に戻った2番栗山、3番中島のコンビは首位攻防3連戦で計15打点の大暴れ。この勢いは本物だ。

 ソフトバンクは昨日までしばらく首位だったとはいえ、和田や杉内に続く先発の柱が不在で、打つ方も、スペランカー川崎は頑張っていますが、もはや小久保・松中の衰えは隠せません。要するに、決して弱くは無いのだけど、今年ももう一つ決定打に欠けるのです。最後に日本シリーズに出場した2003年に、西武に22年ぶりに勝ち越して以来、隔年でその後シーズンも勝ち越していますが、今年は大きく負け越しています。今日で56勝46敗3分となり、結局和田と杉内が作った貯金16を維持し切れていません。

特に2004年と2005年も一位通過で実質リーグ3連覇だっただけに(というか、そんなにプレーオフをやりたいのなら、独立リーグ等を入れて、アメリカみたいに球団を増やし地区制にすべき。レベルは間違いなく下がるだろうが)プレーオフでの敗退は気の毒でしたが、今年こそ7年ぶりに日本シリーズにいけるのでしょうかね。それには1位通過こそが絶対だと余計思うが・・・・・・・

|

« 新テニスの王子様第33・34話-悪魔のような天使の赤ちゃんと新旧部長の再会!! | トップページ | 井上真央×長野県×NHK朝ドラマ »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/36081514

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクは今年こそ日本シリーズに行けるか?:

« 新テニスの王子様第33・34話-悪魔のような天使の赤ちゃんと新旧部長の再会!! | トップページ | 井上真央×長野県×NHK朝ドラマ »