« 赤西仁&KAT-TUNが迎えた「その日」 | トップページ | ワールドカップフィーバーも束の間か・・・・・・・・ »

2010/07/18

国道6号について思う事

http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%9B%BD%E9%81%936%E5%8F%B7&aq=0

http://www33.tok2.com/home/m35rx4/route6.htm

上URは、実際走行された方の動画またはHPですが、国道も、12番までは特に重要な都市間を経由します。その内国道6号は東京~仙台に至る道路で、千葉県では最も若い番号の国道で、茨城県でも、国道4号は、本線は古河市(元の4号は古河市街地を通り、現在はそれぞれ県道228・261号に格下げされている)と旧総和町の一部、新4号バイパス(越谷~宇都宮)も旧総和町・旧三和町・五霞町の他は、結城市と境町をややかすめる程度なので、やはり最も重要な国道と言え、福島県でも、浜通り地方の大動脈と言えます。

http://tohazugatali.iza-yoi.net/R6/R6-00.html

しかし、特に千葉県と茨城県、その中でも茨城県においては交通量に相応した整備が不十分なのが現状です。千葉県内も、4車線でも、休日の昼間は全域流れは悪い(自分も、今年の冬渋滞に巻き込まれた。その渋滞の名所として知られる呼塚交差点は国道16号との交点にある)ですが、茨城県に入ると、4車線は一旦旧藤代町で終わってしまい、茨城町バイパス~水戸バイパス・勝田拡幅以外は、一部短い区間に設けられている程度でやはり流れはよくありません。特に土浦・牛久・石岡・日立各市はしばしば慢性的な渋滞に悩まされます。wikipediaでの国道6号のページでは、やたら「要出典」を貼り付けたくてしょうがない人の編集が見られますが、これは本当です。

勿論何も対策をしていないわけではなく、千葉県では、上記HPでも紹介されているように、都市計画道路、箕輪青葉台線と粟ヶ沢松戸線が6号の大規模バイパスとして構想されているようです。千葉県内の路線も、殆ど本来はバイパスで、旧道は千葉県道261号等に格下げされていますが、さらに松戸・柏・我孫子各市街地を大きく迂回するルートを取っているようです。茨城県では、藤代・牛久土浦・千代田石岡・日立各バイパスの建設が完了あるいは進められていますが、藤代は暫定2車線で、牛久土浦はやっと工事が進んできてるようですが、本線は通過しないつくば市(旧谷田部町)の一部分が開通している点線国道状態です。千代田石岡は、土浦バイパスに接続され、旧美野里町との境まで計画されていますが、旧千代田町では本線との重複区間が見られ、分かれた後はやや遠回りに迂回するルートとなっています。この際、旧小川町を少しかすめる程度に通過するようです。日立バイパスは太平洋沿いに走るルートですが、やはり一部国道245号との重複区間があり、しかも水戸・東京方面では本線との接続ルートは用意されていません。

このように、見て見たら分かるように、新4号国道、17号熊谷バイパス・上武道路、50号複数バイパス群(小山・佐野・足利等)が整備されており、さらに16号上尾道路・東埼玉道路の建設も進められている、埼玉・栃木・群馬近隣県、比べると、茨城県はまだまだ中途半端な感があります。(前述通り新4号国道は茨城県にも通過するし、50号は水戸・結城バイパスは走りやすいけど、旧下館市は混雑し、やはりバイパスは未完成)やはり常磐道とほぼ並行したルートなのがその原因の一つなのかもしれません。

その常磐道は福島県では、現在富岡町まで並行されていて、他に県道35号いわき浪江線と、同34号相馬浪江線がいわき市~相馬市まで6号のバイパス的な役割(相馬市~新地町にかけても、相馬バイパスがある)を果たしてくれていますが、宮城県に入ると、岩沼市で4号と合流してしまいます。それというのも、元の陸前浜街道が、東京日本橋~岩沼市までの街道だからなのですが、一桁ゆえに余計中途半端であると思います。実際仙台バイパスは、仙台市自体が100万人都市という事もあって、やはり時間帯によっては渋滞し、亘理町からの仙台東部道路が6号のバイパスとして平成6年に建設されましたが、普通に東北本線仙台駅までのアクセス等を考慮に入れた、東仙台バイパス(名称は勝手に私がつけましたが)を建設した方が良かったのではと思います。やはり本当は、京都市までが経路のはずが、実質滋賀県栗東市が終点(以降1号と重複)となってしまっている国道8号にもこれは言えます。

以上またどうでもいい事を長々と述べたけど、最後にもう一つ言いたいこと。

「6号はカントリーサインでも力を入れようよ。茨城県」

ですね。6号は他の通過都県(東京都は、千葉県との境にはカントリーサインは設置されていないが)自治体は全て市町村章+ローマ字表記入りですが、茨城県はローマ字表記のみのも珍しくありません。水戸市・高萩市・土浦市(牛久市との境)・日立市(高萩市との境)・石岡市(旧美野里町との境)等で見られ、藤代バイパスでの旧藤代町(取手市)と龍ヶ崎市境も、新しい道路なのにもかかわらずいずれもローマ字表記のみです。またその龍ヶ崎市も、10年ほど前までは、牛久市との境は、ローマ字表記も無い昭和46年式旧型でした。いずれ、他の都県みたいになる日は来る・・・・・・・・のかな?

|

« 赤西仁&KAT-TUNが迎えた「その日」 | トップページ | ワールドカップフィーバーも束の間か・・・・・・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/35799640

この記事へのトラックバック一覧です: 国道6号について思う事:

« 赤西仁&KAT-TUNが迎えた「その日」 | トップページ | ワールドカップフィーバーも束の間か・・・・・・・・ »