« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/27

不登校と社会に出つつあるゆとり世代

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100621/stm1006212227015-n2.htm

【教育最新情報】不登校経験者の生の声を聞くシンポジウム 県立戸田翔陽高校 (2/3ページ)

2010.6.21 22:19

 同じく3年生の三堂萌さん(17)は、不登校期間中は自宅で趣味の手芸などをして過ごしていた。「将来はファッション業界で働きたい」といい、今は服飾関係の専門学校への進学を目指している。

 同校の約680人の生徒のうち、約5割が小中学校で不登校を経験している。それにもかかわらず、その8割が高校では皆勤ペースで通学しているという。三堂さんは「みんな家庭の問題などで苦労している。自分の過去を話しても、暗くならず明るく返してくれる」と、校内の雰囲気が学校に通う原動力になっていると語る。

 不登校の子供を持つ保護者や教育関係者へのアドバイスも出た。全員が口をそろえていうのは「教師や友人などから『いつ学校に来るのか』と問われることが大きなプレッシャーになる」ということ。卒業生で立正大学1年の長島杏奈さん(18)は「無理に話を聞き出そうとせず、話し始めたら最後まで聞いてもらいたい」と話していた。

ちょっとソースは古いけど、NHK平日夜6時代のニュースでもこの話題について放送されていました。当然このニュースでも言及されていた三堂萌という子も出ていたけど、自分の不登校の理由が「皆と同じ事をする理由が分からない」?これを聞いた瞬間、「何言ってるの?君は」というか、違和感を覚えずにはいられなかったですね。

彼女は勿論理解できていないのだろうけど、人間必ず生活する上で他人との関わりは避けて通る事はできません。偉そうな事を言うようだけど、学校とは会社とかはそうした他人との共同生活・共同作業の場です。当然それなくして人間は生きていく事は出来ないのだから、円滑に運営などされる為に守らなければいけないルールがあります。

確かに日本の戦後民主主義教育は個人の個性を否定する所があるのかもしれない。(言っておきますが私は別に右翼的な思想の持ち主ではないですよ。「ウヨサヨ判定」では何故か右翼の方だったけど)しかし、日本に限らず何処でもそうしたルールは最低限守らなければいけません。自分は不登校はした事は無いですが、確かにいじめやその他環境の問題等不登校児には不登校児なりの悩みはあるのでしょう。しかし、この三堂萌という子に限って見れば、「自由と我侭を履き違えているのではないか?」と邪推せずにはいられない。

だから正直彼女の弁には、「ロクに社会経験無いくせに知ったような口をきくのもどうかのかなあ」なのであり、あまりこういうレッテル貼りはしたくないけど、結局は「ゆとり世代の悪い意味での代表的な存在である」と言えるのかもしれませんね。

ファッション関係への仕事希望等将来へのビジョンを持っている事は普通に良い事だとは思うけど、おそらく彼女は親にも先生にも怒られたことなんて無いだろうし、今のままでは社会に出ても散々苦労するでしょうね。その時も、不登校時のように好きな事だけやって現実逃避する様では、何より彼女自身がいつまでも救われないでしょう。

| | トラックバック (0)

ご姉弟物語はやはり打ち切りだった?身の丈に合ってなかった?

安達哲氏の代表作である「バカ姉弟」、去年10月から「ご姉弟物語」とのタイトルでアニメ化されました。原作及びこのアニメ版については残念ながら私は否定的で、駄目な点はいくつか述べましたが、昨日放送終了しました。どうやら打ち切りっぽいようですが・・・・・・・

http://blog.goo.ne.jp/tonty-/e/873b06274cd12ae9cc1c33a0ff42f4a9

たまたまこのような意見を述べられていた方のブログも目にしましたが、私も概ねこの方の意見には同意です。視聴率については、元々違う時間帯で放送されていた「あたしんち」とは単純には比較できないとは思いますが、そもそも時間帯の時点で放送を間違えていたと言えましたね。このアニメは。

ましてや、人気は確かにあった(自分はそんな面白いとは思わなかったが)あの「あたしんち」の時間帯。原作は元々ご大層な人生哲学教授等子供向けじゃないし、アニメ版は変に同じテレビ朝日の「あたしんち」や「クレヨンしんちゃん」等を意識したりなんかしないで、普通に深夜で2クール放送していた方が良かったと思いますが、結果は1年持ちませんでした。ここに所謂「過剰宣伝の虚しさ」を感じますね。

これは前にも述べた事だけど、弟役の小林由美子氏も、正直彼女が(準)レギュラー出演したアニメで面白いと思ったのは「ピースメーカー鉄」(うまく変換できないけど)や「はぴはぴクローバー」ぐらいです。(あくまで自分が見た限りです。)

「チャギントン」や「ヒピラくん」も面白そうだとは思うけど、「東京マグニチュード8.0」は、確かに演技は巧かったけど、彼女が演じた弟は最期・・・・・・・・・殺す必要があったのか甚だ疑問でしたが。「焼きたて!!ジャぱん」は原作自体が後半以降かなりグダグダで、特に河内のダルシム化等扱いの悪さは全然ネタとしても笑えなかったし、「デュエルマスターズ」シリーズや「妖逆門」は、「ホビー系特有の勘違いライバルキャラ」等にはつくづくウンザリさせられた。「ソウルイーター」は、主役とヒロインの演技が駄目で他のキャストの足を引っ張っていたし、「スレイヤーズ」シリーズも、小説版も読んだ事あるけど、結局は林原めぐみ氏に助けられた面も大きいのでは?とも思う。

余計なお世話ながら、ブログで見る限り小林氏は美食家でもあるようで、「ご姉弟物語」の共演声優やスタッフとも何度か食事に行っている事も伺えるけど、打ち切り(?)になってしまった今から見れば、余計また虚しく感じられますね。正直。小林と言えば、同世代でもある小林沙苗氏も、小林ゆう氏も演技力の高さはかなりのものだけど、演技力はあっても、作品に恵まれない印象があって、どうも歯がゆさを感じてしまう。まあ、本人が何とも思っていないのならそれは単なる余計なおせっかいに過ぎないし、そうであってほしいとも思うのだけど・・・・・・・・・・

小林氏に深入りしてしまったけど、まあこれは必要以上にこの「バカ姉弟」という作品を持ち上げた連中にも責任は大いにあります。安達哲氏も、残念ながら私は彼の他の作品に対しても否定的ですが、普通に身の丈にあった漫画を描いてほしいものですね。「シュセンドー」の評価も残念ながら低いですが。

| | トラックバック (0)

2010/06/26

東山紀之は医者でもありダンサーでもある?

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201006260061.html

 東山紀之(43)が主演するTBS系新ドラマ「GM~踊れドクター」(7月18日スタート、日曜午後9時)の制作発表が25日、東京・赤坂の同局で行われた。主演の東山はGM(総合診療医)という自身初の医師役に挑戦するとともに、少年隊として長年磨いてきたダンスを披露する。「さまざまなダンスを入れようと思っています。見てもらって『お~』と言われるようなダンスをやりたい」と意気込んだ。

 患者の心的問題も含め、人を総合的に診療し、登場人物すべてが患者とダンスを通じて再生していくという物語。すでに第1話の撮影が始まり、東山はマイケル・ジャクソンさんのムーンウオークや「スリラー」、少年隊の「仮面舞踏会」のダンスを見せる。くしくもこの日は、マイケルさんの一周忌。「もう1年たつのかな。この日が来ると寂しい。収録で皆さんと一緒にいるので、落ち着いていられる感じ」と複雑な胸中を明かした。

 他の出演者8人もダンスに乗り気だ。関ジャニ∞の大倉忠義は「僕もジャニーズ事務所ですので、チャンスを待っています」、大和田伸也は「劇団四季出身なので、踊れます」、小池栄子は「私もダンスを中高6年間やってきた。EXILEみたいにCDを出したい」とぶち上げた。

 脚本の林宏司氏は「出演者全員の華麗なダンスが見られるかもしれません」と話しており、62歳の大和田から多部未華子(21)までの年齢差約40歳の異色ユニットが期待できそうだ。

そう言えば、マイケル・ジャクソンが天国に旅立ってから早いもので1年経ったのですね。以前もこのブログでちょっと触れたけど、今度は東山氏は医師役ですか。大倉忠義くんはまたこの万年青年な先輩と共演するようだけど、必殺仕事人2009では、田中聖くん共々現代の兄ちゃんがそのまま江戸時代にタイムスリップしたみたいだったというか・・・・・・・まあ、別に彼らに限った事でもないのだけど・・・・・・・

ジャニーズの後輩な草なぎくん主演の某ドラマも、「ヤクザ×ヘルパー」だったけど、「医療×ダンス」なようであるこのドラマは果たして面白い出来に仕上がるのでしょうかね。変に奇を衒った内容になる可能性も高そうだが・・・・・・・・・

| | トラックバック (1)

2010/06/23

KOFXIII>スーパーストリートファイターⅣ?ついにアッシュ編完結

http://www.famitsu.com/game/news/1236718_1124.html

ついにKOFもアッシュ編完結ですか。7月14日稼動らしいけど、いかにも夏の祭典らしい。近年は冬の祭典となっていましたからね。(苦笑)半ば。まあ、KOFもそれなりに遊んでいたのは、あの若本がルガールだった2002を除けば、98までだったし、アッシュも全然好きじゃないからそんな凄い稼動が楽しみと言うわけでもないが・・・・・・・・そう言えば、gyaoでもマキシアムインパクトのアニメ版が放送されていて、登録した直後に見たけど、まあそこそこの佳作でしたかな。

http://game.snkplaymore.co.jp/official/kof-skystage/

KOF本シリーズについては、詳しくはまた次の機会に語りたいけど、SKYSTAGEの方はもう今年1月に稼動されていたのですね。こっちもXBOXやスーパーストリートファイターⅣ共に買って見たいとは思うけど・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010/06/22

もういいよ。2010年ロシアと資源外交

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010062200671

ベラルーシ向けガス供給30%削減=紛争激化の様相-ロシア国営ガスプロム

 【モスクワ時事】ロシア国営天然ガス独占企業ガスプロムのミレル社長は22日、ベラルーシのガス代金未払い問題で、同国へのガス供給削減率を前日の15%から30%に引き上げたことを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。
 ガスプロムはベラルーシの未払いが1億9200万ドル(約174億円)に上るとして、21日からガス供給削減を開始。未払い分が清算されなければ段階的に削減率を85%まで引き上げる方針。
 一方、モスクワに滞在していたセマシコ第1副首相率いるベラルーシ政府代表団は22日、交渉を打ち切って帰国した。ガスプロムによると、代表団はガスプロムへの書簡で、ガス供給がこれ以上削減されれば、ベラルーシ経由の欧州向けパイプラインからガスを抜き取ると警告しており、ガス紛争は激化する様相を見せている。(2010/06/22-17:47)

「ベラルーシのヒトラー」なアレクサンドル・ルカシェンコが独裁者として君臨しているベラルーシ、そんな隣国がロシアと西欧との間でのらりくらりやっていたかと思えば、また西欧よりになっているのをロシアは面白く思わなくて・・・・・・・というのが今回一連の資源外交(恐喝と言った方が正確か?)の真相なようです。

そう言えば今日はまた、独ソ戦の始まりとなるバルバロッサ作戦が行われた日でもあったけど、1991年にソ連が崩壊しても、「自分たちの決めた縄張りは何としても死守。侵すものは力づくで潰す」ロシアの地政学原理は崩壊したわけではありません。寧ろ21世紀プーチン政権以降の国力回復で復活していますが、この記事を目にして第一に思った事は、「ロシア及びロシア人はあの世界金融危機の事をもう忘れてしまったのか?」です。

確かにウラジミール・プーチンその人は有能である事は否定しません。ボリス・エリツィン時代末期の1999年以降2008年まで高い経済成長率を維持してきました。しかし、それは他でも散々指摘されている通り石油等エネルギー資源による所が大きく、旧ソ連全体で見ればやっと1989年水準(GDP購買力平価換算)に戻った程度だったのです。やっと国力回復してきたと思ったらブッシュ保安官の無能等ゆえの世界金融危機です。原油価格は急落。ロシア2009年の成長率は主要国の中では大きな落ち込みでした。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/cccp-usa-coldwar1947-1991-sai-axx.htm

http://www.pwblog.com/user/SGW/SGW/36085.html

原油価格は生き物です。いつ上がるか下がるかは100%予測は出来ません。実はこれもダグラス・レイノルズという人が既に指摘していた事でしたが、ロシアのエネルギー資源依存はプーチン政権に始まった事ではなく、既にソ連時代から見られました。第一次オイルショックは1973年10月に起こり、翌74年春には72年末の約5倍まで跳ね上がりました。当時のブレジネフ政権も、「停滞の時代」と言われていますが、政権に就いた次の年の1965年からこの第一次オイルショックが起こった直後の1974年までの平均経済成長率は4.5%。フルシチョフ時代(1954~64年)の5.4%に比べればやや下がりますが、悪い数字ではありません。アメリカの3.7%を凌いでいます。政権初期、プラハ侵攻までコスイギン改革が限定的ながらも行われていた事もあったのでしょうが、やはり上2番目のHPでも指摘されている通りエネルギーによって、ある程度の誤魔化しが効いていたのです。ブレジネフ政権前半のこうした「誤魔化し」もあって、ソ連はインドシナやアフリカ等にも影響力を拡大していきました。

しかし、政権後半の1975~82年は前半の半分も無い1.6%。(アメリカは2.3%)この間第二次オイルショックが起こりましたが、世界経済に対する影響は一次のようには大きいものではありませんでした。先進国は技術革新・合理化などで乗り切ったのですが、ソ連は奇しくもこの時期、レフ・トロツキーがかって唱えた「世界革命」の進行に調子づくあまりアフガニスタンに手を出す失敗も犯しました。既に資本主義でも社会主義でもない、イスラム原理主義という21世紀以降の世界のキーとなる存在が登場してきたのにです。ソ連崩壊はエネルギー資源生産等の伸び悩みもその原因の一つだったのです。

そして2003年~07年の第3次オイルショックでまた恩恵にあずかったと思ったら・・・・・・・・近隣諸国を自国の裏庭とみなす傲慢な覇権主義はアメリカにもありますが、ロシアと欧米の決定的な違いは産業技術力と産業競争力です。アメリカと世界を二分した、偉大な労働者の祖国な筈だったソ連も、ブレジネフ政権以降ドンドンこの点で遅れを取るようになり、それを取り戻せないまま崩壊した。ブレジネフ時代前半までは経済的にもそれなりだったが、繰り返し言う様にそれはエネルギー資源という誤魔化しによる所もあった。新星ロシアのプーチン政権時代も、まさに「歴史は繰り返す」と言うか、そうしたエネルギー資源を活力として、ブレジネフ政権時代、インドシナやアフリカ等に影響力を及ぼしたように中国と盟友化、ベネズエラやエクアドル等との反米国家とも連携を取り合い、ウクライナやベラルーシ等他CIS諸国に対してはこのような資源外交という切り札を惜しげもなく使っていますが、やはりそれは実際の国力よりも威勢よく見せるための「誤魔化し」に過ぎません。

石油価格はまた上昇してきているとはいえ、今年・来年の見込み経済成長率は3%強程度です。サウジアラビアやアラブ首長国連合も国民所得は高いですが、先進国ではありません。世界金融危機に直面した今のロシアにとって大事なのは、価格が不安定なエネルギー資源等に頼って、ソ連時代のように「身の丈不相応な虚勢を張る」事ではなく、欧米や日本と対等に渡り合える産業技術力・産業競争力を、この金融危機を今度こそ教訓として高め、「本当に誇りを持てる大国」としていく事なのだと思います。それなくして「真の進歩」はあり得ません。ロシアが覇権主義等に固執する時代はもう終わったのです。しかし、2024年まで続く見込みなプーチン王朝下で果たしてそれが出来るか・・・・・・・・・・・本当に愛国心があるロシア国民なら分かる筈だとは思うけど・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010/06/19

中平正彦「さくらがんばる!」と所謂「ズレ」に対する違和感

今年4月下旬に発売された「スーパーストリートファイターⅣ」、私はX-BOXは持ってない為まだプレイはしていませんが、良くも悪くも2010年ゲームの注目作である事は間違いないと思います。この「ストリートファイター」シリーズですが、かって春日野さくらを主人公とした漫画が今は亡き「ゲーメスト」で連載されていました。

その名は「さくらがんばる!」で、他にも「RYUFINAL」等いくつかのストリートファイターシリーズコミカライズを手がけた中平正彦氏が著者でしたが、確かにリュウの追っかけ、いや純粋な格闘バカ、春日野さくらの成長はよく掘り下げられていたと思います。

リュウを追う内に様々な格闘家達と出会っていきましたが、弱いなりに正々堂々とある格闘家との再戦に臨んだダンは副主人公格としてそれなりにいい味見せていた。ファイナルファイトシリーズ出身のマキも勝ちをさくらに譲り、アドバイスをした所は粋がありました。ケンもさくらを前に挌闘家としての存在感を見せ付けたし、春麗も香港でダンとも知り合いだった某組織構成員の逮捕に貢献した。は春麗親子との関係がゲーム本編よりも掘り下げられていたし、キャミィもさくらとの友情がやはり掘り下げられていました。ザンギエフは、他メディアでは全体的に扱いは良くないですが、彼もさくら・キャミィ相手に戦い、超大国ソ連邦の誇りから決して地に足をつけなかった最後は普通にカッコよかった。サガットも「RYUFINAL」でも登場したけど、まさに誇り高き求道者と概ね活き活きと描かれていました。しかし・・・・・・・・・・

バイソンやブランカ(後者の方は、ダンと友人であった設定となっていたが)が噛ませ犬にされたのはまだ全然大目に見れるのですが、さくらのライバルとして登場した神月かりんは、自意識過剰・設定先行なお嬢様でそんな嫌悪感を煽られるほどでもなかったけど、良い印象は正直なかったですね。いや、彼女がこの漫画だけに登場するのならまだ全然良かったのです。

問題は何故かカプコンが、こうした一連の中平漫画の設定を見境もなく逆輸入したことで、マキの登場や、ダン・ブランカ、元・春麗親子の関係程度ならまだ良いとして、カリンも登場して体育会系の嫌な面を体現したレインボーミカ共々浮いた存在になってしまったし、時代的にはとっくに大学生か社会人になっているであろうさくらその人がⅣシリーズで不自然な復活を果たしたのもこの漫画と無関係である事はありえません。

他にも、この漫画とは直接関係ないけど、アレックスが結局主人公として大成できなかったり、Ⅳ豪鬼のウルトラコンボ演出があざとかったり、アドンがZERO3以降チンピラ化したりしたのも中平作品の悪影響であり、そうした影響を受けてからストリートファイターシリーズはおかしくなってきている。それは2010年現在も変わりません。

要するにトランスフォーマーの津島直人氏にもいえる事ですが、「原作への愛情は理解はできるが、その方向性のズレに非常に違和感がある」のです。カプコンにも勿論責任はありますが、ストリートファイターシリーズの方向性を狂わせたそうした責任は中平氏にもあります。決してレベルの低いコミカライズシリーズではないとは思うけど、そうした悪影響を考えると、残念ながら良い評価はちょっと出来ません。

| | トラックバック (0)

2010/06/13

W杯が行われる南アフリカとはどんな所か?

http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200613020.html

【W杯】あす初戦の日本代表は非公開で練習(06/13 17:28)

 2010FIFAワールドカップで、日本代表は、いよいよグループステージ初戦となるカメルーン戦を14日に控えています。現在は、決戦の舞台となるブルームフォンテーンで練習を行っています。

 試合会場近くのグラウンドで練習を行った日本代表。選手たちは終始、リラックスした表情でボール回しなどを行って汗を流していました。その後はセットプレーの確認などをしたということですが、練習が公開されたのは冒頭30分のみで、後は報道陣をシャットアウト。14日のカメルーン戦へ向けて緊張感も高まってきました。
 日本代表・遠藤保仁選手:「必ず(カメルーンとの)初戦を勝って、チームに勢いをもたらしたい」

 2010FIFAワールドカップ日本vsオランダは、6月19日(土)午後7時からテレビ朝日系列で地上波独占放送します。

いよいよワールドカップが南アフリカで開催されました。今日の「バンキシャ」でも特集が放送されていたこのワールドカップ、サッカーにさほど興味のあるわけではない私にとっても、日本代表がどのような戦いぶりを見せてくれるかは気になります。では、その南アフリカとは気候的にどのような環境なのか?サッカーよりもそちらの方が興味深いのですが、アフリカだから暑いと思いきや、マハトマ・ガンジーゆかりの地でもあったダーバン等南東部沿岸は、亜熱帯に近い温暖湿潤気候で比較的一年の気温は高めですが、それでも真夏の平均最高気温は28度程度。ケープタウン等南西部沿岸は地中海性気候で、夏の平均最高気温は25~27度程度で東京の初夏並みの陽気、真冬でも東京の盛春並みな陽気なようです。

南半球だから、北に行けば行くほど暑くなると思いきや、標高が高くなるからそうでもないようで、北東部は砂漠気候、北中部はステップ気候、北西部は温暖冬季少雨気候ですが、対カメルーン戦が行われるブルームフォンティンは、北中部に位置し、筑波山よりも高い標高1400m。内陸だから真夏は最高気温30度まで上がる事もあるようですが、湿度は低いし、平均最低気温は16度程度。真冬は今日の天気では早朝の気温は4度だったらしいですが、氷点下まで下がる事もあるらしいです。プレトリアは北西部に位置し、ブルームフォンティンに比べれば、気温の日較差は少ないみたいです。つまち、南アフリカは基本的に一部地域を除けば夏の酷暑はあまりなく、冬も特に沿岸部は温暖で湿度の低さも相まって過ごし易い気候に恵まれていると言えますね。ただ、アパルトヘイトが廃止されたとはいえ、白人と非白人の生活水準の差は依然大きく、治安も悪く、エイズの発症率も高い等気候以外の面では住み難い点も目立つようですが・・・・・・

アパルトヘイトと言えば、あのネルソン・マンデラ氏の曾孫さんの一人も交通事故で天国に旅立たれてしまったようですが、マンデラ氏もつくづく波乱万丈な人生ですね。長年にわたる投獄、複数の離婚経験、癌との闘病(放射線治療で克服されたそうだけど)、そして曾孫さんの不運な事故死・・・・・・・・・・・・ご冥福をお祈りせずにはいられないですが、さあ日本代表はそんな南アフリカでどのような戦いぶりを見せてくれるのか?岡田監督は、オシム氏と比較するのは酷ながらも、どうも頼りない印象がぬぐえないのだが・・・・・・・

| | トラックバック (1)

2010/06/12

「地獄戦士魔王」は確かに凡作ではないが・・・・・・・

黄金期のWJ、よく知られているメジャーな作品の他にも色々様々な作品が世に登場しましたが、その中の一作に「地獄戦士魔王」がありました。

タイトルからして、永井豪風なバイオレンスバトルものかと思いきや、ほのぼのギャグ系で、主人公の魔王も、破天荒なキャラかと思いきや、彼のやる事は基本いい事ばかりでそれなりには好感持てました。他のキャラも、ムン先生は水虫を魔王に直してもらったのにもかかわらず、コン平と違って彼を認めようとせず、魔王をはめてガス爆発まで起こしてましたけど、そこまでするかぁーでしたね。(苦笑)結果的に遺跡が見つかって、しかも魔王のお手柄になったから良かったものの、これバレたら即警察行きですね。(苦笑)ハイスクール奇面組の事代先生に近いポジションのキャラだったと思うけど、まあその後も何度か酷い目にあってちゃんとこらしめられたからそれは良しとすべきですか。(ただ、流石に恋人になった女が実は詐欺師だったオチはちょっと可哀相だと思った)

警察と言えば、裸足ジョーは悪意なきトラブルを起こして何度もカツ丼をご馳走になっていたようだけど、ギャグは正直ゲラゲラ笑えたわけではなかったです。下ネタも、何気に露骨だったし。ただ、私腹を肥やしていた某市長を逮捕させたエピソードや、黄金魔人の刺客の一人、ダサーンが登場したエピソードなどはそれなりには面白かったと思います。前者はジャンプの三大原則「友情・努力・勝利」を別の意味で体現していましたが、魔王達に関わったのが運のツキでしたね。(苦笑)後者はとにかくお金に細かい奴でしたが、ビデオの延滞期間が長すぎて大金払うはめになりそうだったから結局意味ねぇーーーーーー。(苦笑)結局黄金魔人本人が自ら登場する事になりましたが、魔王への恨みが子供じみていた事、そして態々裁判で判決が下された事はある意味微笑ましいものがありましたね。

残念ながらまだ黄金期が続いていたジャンプの事、短期打ち切りになってしまいましたが、皆自分に都合のいい結末を考えていたのもいかにもでしたね。(苦笑)やや強引ながらも、皆幸せに暮らしているという事だから、何とかめでたしめでたしと言った所でしたか。(続編となる読みきりも掲載されたようだが・・・・・・・・)決して凡作の類ではなかったけど、あまり笑えなかったのが残念な所でしたね。それなりに良い話もいくつかあっただけに。作者の苅部誠氏はその後この漫画の続編等の読み切りを最後に作品は発表されていないようですが、その後連載のチャンスを与えられなかったのは惜しまれますね。

| | トラックバック (0)

2010/06/11

「ザ・コーヴ」騒動-リチャード・オバリー、和歌山大学に参上する!!

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/education/20100611-OYO8T00270.htm

「ザ・コーヴ」案内役 オバリー氏、和歌山大で質疑応答

学生「イルカ漁は太地の文化」、オバリー氏「価値観押しつけてない」

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」に案内役として出演し、来日中の保護活動家リチャード・オバリー氏(70)が10日、和歌山大教育学部(和歌山市)の授業に招かれ、学生たちと意見を交えた。

 同大学の米国人教師が依頼し、3、4年生の英語授業の中で行われた。会場には学生約250人が詰めかけ、オバリー氏は「イルカ漁の現実に目を向けて、問題を考えるきっかけにしてほしい」とあいさつ。作品を編集した映像を約30分間上映し、学生たちとの質疑応答に移った。

 学生からは「太地の人にとって、イルカ漁は立派な文化。価値観の押しつけと思わないか」などと意見が出たが、オバリー氏は「押しつけではない。太地の若い漁師はイルカにこだわっていない」などと反論した。

 参加した観光学部1年の女子学生(18)は「イルカ漁は、日本人から見れば文化であっても、他国から見れば違うのかもしれない。それぞれの立場で考えなくては」と話した。オバリー氏は「批判的な意見も多かったが、学生たちが初めて問題を真剣に考えてくれた結果だ」と語った。

 「ザ・コーヴ」を巡っては、太地町などから「事実誤認」と反発の声が上がっており、上映を予定していた東京と大阪で計3館が上映中止を決めている。

(2010年6月11日  読売新聞)
まあ、この「ザ・コーヴ」という映画については、色々なサイトでも議論等白熱していますね。作品については、態々映画館にいくのも面倒で、まだ見て無いから何ともいえないですが、あるサイトである人が言っていたように、確かにこのオバリー氏等の「隠し撮り」は否定派の印象を一層悪くしているけど、それでしか得られない情報もあるのもまた確かです。たとえこの映画が、「低次元な価値観の押し付け」に過ぎない唾棄すべき駄作であったとしても、実際にそれを見て、鑑賞者一人一人がどう思うかの判断の為の、材料そのものを奪うのは偏狭で行き過ぎだと思います。「外国人から日本の文化がこのように思われているのは分かった。では、そうした『文化の違い』を分かり合う為にはお互いどのようにすればいいのだろうか?」等の建設的な議論等が見出せるかもしれません。
繰り返し言うように未見だけど、いずれ機会ある時に「本当にそのような議論を見出せる作品なのか?それとも低次元な価値観の『押し付け』に終始した作品だったのか?」自分もそれをよーく確かめたいとは思っているのだけど・・・・・・・

| | トラックバック (1)

2010/06/08

兄は国防委員長として依然健在、そして弟は副委員長に・・・・・・・

http://jp.wsj.com/World/node_68751

北朝鮮、金総書記義弟が昇格―権力移譲の布石か

 【ソウル】北朝鮮の金正日総書記は7日、ここ数年間でナンバー2になったとみられる義弟の張成沢(国防委員)を正式にナンバー2の地位である国防委員会副委員長とした。

 また、以前から親しい崔永林氏を首相に指名した。首相は同国の制度では名目上2番目の地位とされるが、専門家は国防委副委員長より下とみている。 

 金正日総書記は人事異動を決めた今回の最高人民会議を主宰した。例年は年に1回しか開かれない人民会議は今年2回目であり、異例のことだ。同総書記は4月の定例会議には姿を見せなかった。

 専門家らは北朝鮮のメディアの言葉から判断して、今回の異動は最高権力を息子の1人に譲り、6カ月前の市場活動取り締まり失敗を解決しようとする同総書記の努力に関連したものとみている。最近の韓国の哨戒艦「天安」の沈没事件をめぐる韓国との紛争は関係ないようだと専門家は述べている。

 西江大学(ソウル)の金英秀教授は「天安」問題についての議論はなかった」とし、「国内政治と管理により焦点が当てられた」と話した。

 北朝鮮の最高権力機関である国防委の副委員長に指名された張成沢氏は金総書記の妹の夫。同委員会委員長は金総書記が務める。

 このほか、崔永林氏が金永逸氏の後任として首相に就任する。金永逸氏は数多い外国訪問で、外国の指導者との交流は金総書記よりも多い。2人の金氏の間に血縁関係はない。

 首相の交代は、その規模などから外国にも知られるような反動を招いた昨年12月からの経済改革に関連しているようだ、と専門家らはみている。金教授は、閣僚らもこの理由で交代させられたと述べた。同教授は、北朝鮮の公式発表では「更迭(recall)」という言葉が使われると指摘。「北朝鮮ではこの『更迭』は、その人物が誤った政策運営をしてその責任を取るべきだということを意味する」と述べた。

 張成沢氏(64)は2007年以来、金総書記の一番の側近で、総書記の3男、金ジョンウン氏を総書記の後継者とするのに同国エリート階級の支援を集める上で重要な役割を演じてきたとみられている。同氏は昨年、国防委員会委員に選ばれたばかりだ。

張成沢と言えば、たまたま地元の大型古本屋で購入した、「金正日の正体」で描かれていたエピソードだったけど、親父の金日成に好かれていなかった彼を、将軍様が自分の妹(将軍様は妹を大事にしていた)と引き合わせた。しかし、夫婦喧嘩していたのに激怒した将軍様が「わしの妹に手を出す事は、わしに手を出す事と同じだぞ!!」と空砲で脅した後、工場で数年労働させたくだりとかもインパクト強かったですね。

その後は一時は失脚が噂されながらも、義兄・金正日の側近として活躍している彼ですが、首相といえば、かってはその金日成も1948年から72年まで首相を務めていました。彼は周知の通りミニスターリンの一人で、だからこそ36歳の若さで一国の最高指導者になれたのだけど、数々の派閥(金日成も本来はその内の一つ、満州派の親玉に過ぎなかった)に分かれていたのを時には身内まで粛清(その身内の一人、崔光も粛清期末期に一時失脚したが、最終的に元帥まで出世している)、ライバルがいなくなってから国家主席となり、さらに自らの権力を強化した所はスターリンに良く似ています。

実際スターリンも、首相だったレーニンが死んですぐ最高指導者になったわけではなく、ライバルのレフ・トロツキーを追い出す為にレフ・カーメネフ、グリゴリー・ジノヴィエフとトロイカを組んでいたし、レーニンの後任の首相はアレクセイ・ルイコフでした。しかし、社会主義国家では党が国家を牛耳るわけだから、その実務の長だった書記長がどうしても絶対的な権力者になってしまう。このトロイカは数年しか続かず、正式に最高権力者になった後ルイコフも首相を子分のヴァチェスラフ・モロトフに譲らされ、彼ら革命の元勲達を粛清した後書記長だけでなく、首相(人民委員会議長)も兼ねる事になった。この1941年5月6日時点で、スターリン以外に生き残っていたオールドポリシェヴィキはミハイル・カリーニン、マクシム・リトヴィノフ、アレクサンドラ・コロンタイ等少数しかいません。(しかも、リトヴィノフは1951年に自動車事故で亡くなったが、これもスターリンによる暗殺説がある)レーニン内閣の閣僚(人民委員)の多くは大粛清の犠牲となりましたが、初期金日成内閣のメンバーも殆どが良い死に方をしていなかったのです。

そのようなスターリン流用心深さのなせる技で、権力を集中させ、今度は自分の息子への世襲体制(この過程も、別の意味で結構面白いのだけど、それはまた後の機会に)を固めた金日成ですが、晩年国防委員長や、朝鮮人民軍最高司令官等を息子の将軍様に譲らされる等次第に実験を奪われていったのは皮肉だったと思います。特に朝鮮人民軍最高司令官の方については、その就任祝いに何百人もの軍の高級幹部を昇進させる「大振る舞い」を見せたのですが、天国(地獄に行っている可能性の方が高いか?)でのスターリンが見ていたら、イワン雷帝に対してのと同じように「ツメが甘い」と批判していたかもしれない。そしてその将軍様も、贅沢な生活がたたって病に侵され、激やせしたと思ったら・・・・・・・・・

将軍様亡き後は、3男を形式的に最高指導者にはするが、スターリン死去直後のソ連のような集団指導体制にする構想があると聞きました。結局ゲオルギー・マレンコフは、首相ではなく、書記長の方を二キータ・フルシチョフに譲ってしまった為に失脚の憂き目を見て、フルシチョフ自身もその後任のニコライ・ブルガーニンとも対立して排除した。首相をも兼任する、そうした体制を無視する態度を取った為に彼もまた失脚する事となったのですが、さあ北朝鮮の場合はどうなるか。

実は金日成死去後、主席制度は「金日成同志は永遠の主席である」として1998年に廃止され、一応形式的に最高人民会議常任委員会委員長が国家元首という事になっていますが、実験は無い名誉職です。ソ連で言えば、全露中央執行委員長、ソ連最高幹部会議議長(1938年以降)に相当しますが、前述のカリーニンが粛清されなかったのもソビエト政権成立直後からこのような名誉職についていたからです。北朝鮮では金永南がこの職に就いており、党の序列では2位ですが、既に82歳の老人です。張成沢も、義父晩年の将軍様みたいに自分の都合のいい様に憲法等を改正して実質的最高権力者となるのか?それとも、ソ連ゴルバチョフ政権直後のアンドレイ・グロムイコのように、成すすべも無く形式的な国家元首に祭り上げられてしまうのか?将軍様もまだ何年かは生きそうだけど・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010/06/06

「買被り」しそうであった「迷い猫オーバーラン!」

色々話題には事欠かせない矢吹健太朗氏、今年に入ってから松智洋氏とコンビを組んで、「迷い猫オーバーラン!」の連載が開始、アニメ化もなされたのも周知のとおりです。しかし・・・・・・・・

矢吹氏の画力は相変わらず高いものがあり、特に女の子を可愛く描く事に関しても右に出る人はそうはいないから、エロ描写は全然大目に見れます。TOLOVEるの春菜ちゃんや蜜柑ちゃんが矢吹版スターシステムとして出演しているのにも思わずニヤリとさせられる。しかし・・・・・・・・・

良い点よりも駄目な点の方が全然目立つというか、「ツンデレ狼少女」文乃をはじめとする登場キャラ、やたら過去エピソードが多く挿入されているけど、皆不幸な生い立ちを辿ったキャラばかりなのは、いかにも狙っている風なのが見え見えで鼻につきますな。

特に文乃、彼女の名台詞(迷台詞と言った方が正確か)「二回死ね」には確かに巧との絆が垣間見られるのだけど、ミョーに性格が短絡的で全く好感持てない。たまにならまだともかく、何度も何度もやられるのはしつこいというか、普通に不快ですね。「もういいよ」ですよ。お嬢様な千世も、物質的な豊かさには恵まれても、家族等の精神的な豊かさは乏しい故、初対面時に優しくしてくれた巧やその文乃達に構ってほしいと思うのは分かるのだけど、時には祖父の権力をかさに来て無理やり校則を変えさせる公私混同をやってのける等サークルを結成する事自体はかってなのだけど、我侭すぎでこれまた全く好感持てない。家康もいかにも典型的なオタクだけど、変な所でミョーに熱く語るのがうっとおしいというか、松氏とやらは何かオタクに偏見でもあるのでしょうかね?(苦笑)

要するに、みんな中二病患者ばっかで感情移入とかとは全く無縁という事なのだけど、「そんな大層らしく宣伝してアニメ化するほどの作品なのか?」というのが第一感想ですね。案の定アニメも、漫画版以上の出来の悪さですが。矢吹氏も繰り返し言うように、画力は高いからライトノベルではなく、もっとマトモな作風の原作者と一緒になる方が矢吹氏の漫画家人生のためになると思うのだけど・・・・・・・まあ連載開始されてからまだ半年だけど、残念ながら私の評価は最低レベルですね。スクエアで駄目なのは決してこの漫画だけじゃないからしょうがないのかもしれないのだけど。

| | トラックバック (1)

2010/06/05

新テニスの王子様第29・30話-総入れ替え戦開始!!クラウザーVSやーさん!!(笑)

さあ、2ヶ月ぶりのテニプリwwwwの時間がやってまいりましたwwww。

ついに勝者達の総入れ替え戦が始まったわけですが、そこに浦飯幽助、いや亜久津くん(だから中の人が同じなだけだからww)の名前は無かった!!どうやら鬼おじさん、このクソ生意気なガキを自らぶっ潰すおつもりなようですww。

当然鬼おじさんも不参加で、それにちょっと意外に思っていた入江くん、しかし、その間もなく噛み付いてきたのは我等がドン・アトーべ様!!(いい加減うざいな。こいつはww)

しかし、第1試合の組み合わせは彼らでもなく、蔵ちゃんとやーさん風のこれまた怖いおじさんww赤ちゃんは忌々しげに陰で蔵ちゃんを罵ります。全国大会準決勝での屈辱が未だに忘れられないようですが、いかにも負けん気が強い赤ちゃんらしい。

しかし、いざ試合で蔵ちゃんが劣勢になると、赤ちゃんは叱咤激励。まさに「テメーは俺が倒して借りを返してやるんだから、それまでに絶対負けんじゃねーぞ!!」なのでしょうね。しかし、流石分析に優れている、カッコ良過ぎるwwwドン・アトーべ様、早くも蔵ちゃんの意図を見抜いてしまった!!球がよけられたと思ったら、それは序章で、見事やーさん、中河内を磔御免、赤ちゃんが「やりやがったウザウザー!!」と祝福、「蔵兎座だ!!二度と間違えるな!!俺の名は蔵兎座と言うんだ。ウザウザーではない!!」、「流石!!我等が蔵ちゃん!!俺たちが真似できない処刑プレイを見事鮮やかにやってのける!!そこに・・・・・・・」

と思いきや、中河内のダメージはそれほどはたいしたことは無く、「どう落とし前々つけてくれんだ?」と平然と威嚇。「お兄ちゃん!ぼくすごくこわい!!」www。さあ、蔵兎座はこの化け物ヤクザに勝つ事が出来るのか?

まあ久々だけど、今回もお笑い度はまあまあでしたかね。そう言えば、ついにあのペアプリwwwもDVD化されるらしいけど、1・2巻では坂本ちゃんや仁王くん等脇役キャラも大活躍してくれるピクチャードラマキャラソング、そしてTVアニメ版では、特にあの伝説的なwww115話で見事野球&映画ファンに喧嘩を売ってくれたチビキャラストーリー(相変わらずこりねぇなwwww)とほんと盛りだくさんな内容!!もうテニプリファンは買うっきゃない!!えっ、お前も買うのかって?だから買うわけねぇだろwww。まあ、それはともかく、次こそは許斐剛大先生wwwwのセカンドシングル発売、そしてベスト10入り、ミュージックステーションでの森田一義さんとのスペシャルトークを実現するっきゃない!!許斐大先生なら出来る!!だって沢山のキャラやファンに囲まれている、ほんとに幸せなお方なのだからwwww。YES!!YOU CAN!!YES!!WE CAN!!

| | トラックバック (1)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »