« 今は一体何月なんだ? | トップページ | 栃木・群馬・埼玉・茨城県道9号佐野古河線とカントリーサイン »

2010/04/17

アイスランド火山噴火とその影響

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100417-OYT1T00675.htm

火山灰、ロシア到達…欧州空港閉鎖24か国に

 【ロンドン=大内佐紀、是枝智】アイスランドの火山噴火による欧州の空の乱れは17日も収束の気配がなく、火山灰は風に乗ってロシア国内まで到達。

 欧州の航空運航状況を統括するユーロコントロールなどによると、空港閉鎖は旧ソ連圏のベラルーシやウクライナにも広がって少なくとも24か国に及んだ。

 17日午前(日本時間同日夜)現在、航空機が運航しているのはスペイン、ギリシャなど南欧に限られ、混乱の影響は欧州の経済、社会生活にじわじわと広がっている。

 ユーロコントロールによると、17日は全欧州で運航が予定される約2万2000便の7割強の約1万6000便が飛べなくなるとの見通しを示した。日本航空では、15~18日の4日間で欧州便の運休は計36便で、8000人以上に影響するとみられる。

 欧州最大のロンドン・ヒースロー空港の発着停止措置は18日午前1時(日本時間同9時)まで延長された。空の足の回復の見通しが立たない中、鉄道や自動車、船舶の需要が高まり、混乱は陸や海の足にも拡大している。

 アイスランドでは、エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山噴火が17日も続き、付近の住民も避難したままだ。16日には同国沿岸警備隊機が上空約9000メートルで火山灰を確認したという。

(2010年4月17日20時28分  読売新聞)
アイスランドと言えば、某歴史雑誌でもその特集とか掲載されていた事があったけど、火山国であり、魚を良く食べ、また昨今の経済危機で大きいダメージを受けているあたりは日本に似ていますね。実はこのアイスランドの火山噴火は私の職場にも影響があり、新設備立ち上げに当たっては他ヨーロッパの某国から部品等を供給しているのだけど、今回の火山噴火のせいでそれが遅れそうな状況で・・・・・・・・・最もその新設備もトラブルだらけでマトモに立ち上がらず、今通常の品質管理の仕事をしている状態。いずれにせよ、現地住民の人達等大いに心配ですね。

|

« 今は一体何月なんだ? | トップページ | 栃木・群馬・埼玉・茨城県道9号佐野古河線とカントリーサイン »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/34272049

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド火山噴火とその影響:

« 今は一体何月なんだ? | トップページ | 栃木・群馬・埼玉・茨城県道9号佐野古河線とカントリーサイン »