« QC(品質管理)検定2級無事合格 | トップページ | 巨人の対広島戦3連勝はいいのだが・・・・・・ »

2010/04/24

矢島美容室inミュージックフェア21

http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/cinema/column/20100423/20100423_0001.shtml

マーガレット、ナオミ、ストロベリー。バラエティ番組から生まれた、泣く子も黙る(?)人気ユニット「矢島美容室」が、まさかの映画化だ。恋や友情、家族の絆が爆笑のストーリー展開で描かれるが、映画の目玉は今まで謎に包まれていた矢島デビューのいきさつが明らかになること。まさに矢島美容室“エピソード・ゼロ”なのだ。

 ネバダ州で美容室を営む矢島家。家族を支える母マーガレット、おしゃれに夢中でオスカー女優を目指す長女ナオミ、ソフトボールが得意な次女ストロベリー。平凡ながら幸せに暮らしていた一家だが、父親・徳次郎の突然の家出により人生が激変する。そんな中、ストロベリーは宿敵ラズベリーのチームとの試合を向かえ、ナオミは父を探す足掛かりとして、ミス・ネバダコンテスト優勝を目指すのだが…。

 日本のチャートを賑わせる、とんねるずとDJ OZMAによる“女性3人”の音楽ユニットが、なぜジャパンの東京でデビューするに至るのか。驚愕の誕生秘話は、アリエナイ展開の中、いつしか感動の物語へ。大ヒットナンバーも爆笑必至のパフォーマンスと共に華麗に披露される。そしてビックリのスペシャルゲストの出演も。それが誰なのか、どんな形で登場するのかは劇場で確かめてほしい。ばかばかしくもハートウォーミングな矢島美容室の物語は、どこまでも「ニホンノミカタ」なのだ!

(映画ライター・渡まち子)

監督:中島信也
出演:石橋貴明、木梨憲武、DJ OZMA、黒木メイサほか

配給:松竹
中洲大洋、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13などで4月29日(木)公開

今日のミュージックフェア21にも、この矢島美容室、あの松田聖子と共に出演していたけど、石橋貴明はつくづくこういう企画ものが好きというか、ほんとよくやるよですね。(苦笑)いや、とんねるずも、紅白でのあの全裸騒動で一躍ネ申wwとなったDZOZMAも嫌いではないけど、やはり

「客 観 的 に 自 分 を 見 れ ね ー の か!!」

と突っ込まずにはいられない。www(そう言えばOZMAは「スウィンギン・ニッポン」であのジョナサンの名台詞を引用していたな。そこにもしびれるっ!!あこがれるっ!!www)

まあ、残念ながら歌はそんな良い歌だとは思わなかったけど、劇場版の方はいずれかは見てみたいとは思いますね。えっ?もうすく公開でGWだし、直接劇場に行けば良いだろって?生憎その公開日の4月29日は有機溶剤の講習に行くので、悪しからず。

|

« QC(品質管理)検定2級無事合格 | トップページ | 巨人の対広島戦3連勝はいいのだが・・・・・・ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/34368634

この記事へのトラックバック一覧です: 矢島美容室inミュージックフェア21:

« QC(品質管理)検定2級無事合格 | トップページ | 巨人の対広島戦3連勝はいいのだが・・・・・・ »