« 閑丸はリムルルと出会ったが?-広江礼威作「侍魂斬紅郎無双剣 斬肉の夏」 | トップページ | 物騒な県南地域での窃盗事件と茨城県における平成の大合併 »

2010/03/06

ファンなら購入の価値はある「サムライスピリッツ六番勝負」

前記事に続いてサムライスピリッツネタですが、過去のネオジオ名作のリメイク版である「ネオジオオンラインコレクション」、何作か発売されていますが自分が持っているのは餓狼伝説バトルアーカイブス1龍虎の拳天地人、そしてサムライスピリッツ六番勝負ですね。

六番勝負は、零SPを除いたこれまでの2Dサムライスピリッツシリーズを一つにカップリングした作品でしたが、初代や真はやはり今改めてプレイしてみても、CPU戦の難易度が高いですが、シンプルかつ、一撃の重さゆえの緊張感ある駆け引きを楽しめる所等はやはり秀逸だったと思います。斬紅郎はPS版のロードが異常に長かっただけに、マトモに家庭用として遊べるようになったのは、特に斬紅郎ファンにとっては普通に嬉しい事だったのでは?リムルル等のデビュー作でもあったけど、特にリムルルは、何だか登場を重ねる毎に性格が劣化(まあ彼女に限ったことではないけど)しているのが特に顕著な気がしないでもないですが、改めて登場収録作品全てを聞くと、やはり初代声優の櫻井智氏が彼女の魅力を最も引き出していましたね。前記事でも述べた様に、あの当時(るろうに剣心には、ドラマCD・TVアニメ版双方に出演されていたけど、後に作者が・・・・・・・・)はそれほど個人的に思い入れがあったわけではなかったけど、やはりそれ相応のカリスマ性はあったのでしょう。剣客伝での釘宮理恵氏も決して悪くは無かったけど・・・・・・・・

ゲームの出来自体は悪くは無いが、ナコルル姉妹の設定改悪などがファンの大顰蹙を買った零は、餓狼バトルアーカイブ1(餓狼2)での三闘志&クラウザー、龍虎天地人(龍虎2)での若ギースもそうだったけど、PS2版ではちゃんと使用できた夢路と三九六が使用不可になっていたのは残念な点でした。(三闘志&クラウザーと若ギースはSFC版等では使用可能)天下一は、一部場違いな(苦笑)キャラもいたけど、隠しキャラ&スピリッツが最初から使用可能だったり、変更されてしまった声優のボイスを、新規に収録されたバージョンとして聞けたりしたのは良かったとは思います。特に旧声優は、夢路役の斎賀みつき氏は、最近ドラマ化もされた某作品では沖田総司を演じられた事もありましたが、ハマリ役だったと思います。不世出の名優斎賀氏ますます万歳!!エンディングも最初から全て見れたけど、特にナコルル姉妹は剣客異聞録では可哀想な扱い(まあ、これに限った事ではないのだけど)を受けていたけど、同作でのナコルルのEDが少し触れられる程度にとどめて置いた方が良かったのではと思うけど・・・・・・・・

他にも天下一以外の収録作品で画質が良くなかったのも少々引っかかったし、旧SNK時代作品限定なら、アマゾンの評価方式では星4つはあげられるけど、6作全て含めれば星4つにやや近い3つですかね。しかし、6作が一つに収録されているのに5040円はお買い得だとは思うし、ファンなら購入の価値はあると思います。軽く断定するけどこれは間違いない。

|

« 閑丸はリムルルと出会ったが?-広江礼威作「侍魂斬紅郎無双剣 斬肉の夏」 | トップページ | 物騒な県南地域での窃盗事件と茨城県における平成の大合併 »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/33651250

この記事へのトラックバック一覧です: ファンなら購入の価値はある「サムライスピリッツ六番勝負」:

« 閑丸はリムルルと出会ったが?-広江礼威作「侍魂斬紅郎無双剣 斬肉の夏」 | トップページ | 物騒な県南地域での窃盗事件と茨城県における平成の大合併 »