« 新テニスの王子様第25・26話-機は熟したww!!世界の三船とクズ共の革命www!!! | トップページ | ファンなら購入の価値はある「サムライスピリッツ六番勝負」 »

2010/03/06

閑丸はリムルルと出会ったが?-広江礼威作「侍魂斬紅郎無双剣 斬肉の夏」

サムライスピリッツシリーズもまた、故SNKの代表的なシリーズの一つでしたが、このシリーズの代表的なヒロインはやはりナコルル&リムルル姉妹であります。

特にリムルルは、デビュー作の斬紅郎無双剣では、当時アイドル声優として大人気を博した櫻井智氏の好演による所も大きかったと言えます。櫻井氏は、SNK原作作品では餓狼伝説シリーズ劇場版でも出演されていて、他にも彼女の出演作品は怪盗セイントテール等を度々見ていたあの頃は、それほど思い入れは無かったですが、今改めて見るとやはり彼女はそれ相応のカリスマ性があったのだと認識させられます。リムルルはその後、性格的にもミョーに子供っぽくなってしまっていますが、麻宮アテナ同様声優も何回か変わりました。集大成的なシリーズであった天下一剣客伝では、あの釘宮理恵氏が演じられていて、個人的には釘宮氏も、歴代では、去年から事務所も同じ所属にもなった櫻井氏に次いで好演されていたのではと思いますが、全体的には剣客伝は声優を変更してしまったのが不評だったのか、閃では、あの血縁関係改悪がファンから大ブーイングを食らった零シリーズでの生天目仁美氏に戻っています。えっ、松本恵氏(現在は莉緒)の事を忘れていないかって?彼女は残念ながらミスキャスト以外の何者でもなかった。勿論櫻井氏等と比較すること自体失礼なのだけど、台詞は間延びかつ棒読みでしかも、こまっしゃくれた声で、「可愛いけどしっかりしている」櫻井リムルルには到底及ばなかった。いや別に自分はリムルルのファンではないのだが・・・・・・・

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hitokiri/hihou_html/hihou_12.htm

しかし、そんな彼女等が無残にも斬殺されてしまったコミカライズシリーズもありました。上はあるファンの方のサイトでのその作品の紹介ページですが、作者は「ブラック・ラグーン」が代表作である広江礼威氏で、コミックゲーメストに収録されていました。

主人公は緋雨閑丸で、人を次々とぶった斬りながら「鬼」を探していた内にリムルルに会うも、姉のナコルルをも斬殺した事を独白、当然ながらリムルルは激情するも、彼女もまた他の剣士(半蔵や覇王丸も被害者の一人か?)共々斬殺されてしまう内容の話です。話であるのだが・・・・・・・・・・・

確かにこのサイト主の評は的を得ていると思います。斬紅郎無双拳の世界観をよく表現されていると思います。でもやはり、ナコルル&リムルル姉妹、特にリムルルファンは、それこそヴァニラアイスや髪型を貶された仗助以上にプッツンするでしょう。(苦笑)これでは。

オフィシャルでも、前述の零シリーズの他にもどうも人気がある故に酷い扱いを受ける事も目立つ彼女ら、特に2D本シリーズから20年後の剣客異聞録では歳を取る事すら許されないのは不憫でしたね。天下一剣客伝でのナコルルEDではガルフォード共々幸せに暮らしているようだけど、アレはあくまでパラレルワールドですしね・・・・・・・・閃でも勿論登場した彼女ら、今後はシリーズ共々何処へ行くのでしょうかね。丁度もう少しで「スーパーストリートファイターⅣ」が発売されるし、同作共々購入してプレイしてみたい気がしないでもないが・・・・・・・・

|

« 新テニスの王子様第25・26話-機は熟したww!!世界の三船とクズ共の革命www!!! | トップページ | ファンなら購入の価値はある「サムライスピリッツ六番勝負」 »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/33650667

この記事へのトラックバック一覧です: 閑丸はリムルルと出会ったが?-広江礼威作「侍魂斬紅郎無双剣 斬肉の夏」:

« 新テニスの王子様第25・26話-機は熟したww!!世界の三船とクズ共の革命www!!! | トップページ | ファンなら購入の価値はある「サムライスピリッツ六番勝負」 »