« 「蒼天航路」アニメ版は原作の魅力を表現しきれなかった? | トップページ | アメリカの歴史に刻まれる新たなる1ページ? »

2010/03/21

NHK「お笑い枠」はすでに昭和57年から存在していた!!(苦笑)

今週は個人的な事情があって、ちょっと忙しかったのだけど、また別の用事があった明日は中止となったから普通どおりに休めるようになった。取り敢えず一段楽したと言った所かな?もっとも、再来週から職場の新設備の立ち上げでまたあわただしくなりそうだけど・・・・・・

まあそんな私事はどうでも良いとして、NHK人形劇と言えば、現在も「新・三銃士」(時間帯が時間帯なだけに、主に勤労感謝の日に放送されていたアンコールでの視聴なのだけど)が放送されていますが、昭和57年~59年にかけて「三国志」の人形劇が放送されていました。えっ、続けて「三国志」ネタかよって?まあそれは・・・・・・・・気にしない!!(苦笑)

you tubeで見たこの作品、視聴対象が対象だったから、「分かり易さ」を意識して、ベースの「三国志演義」以上に勧善懲悪なカラーが強調されていました。しかし、それだけにとどまらず、正史の三国志や民間伝承、はては水滸伝など時代の違う物語からもシナリオを柔軟に取り入れたのは一定以上の評価には値すると思うし、川本喜八郎氏が担当した人形も、精巧なデザインで秀逸だったと思います。また声優も本業(当時NHKと関係の深い81プロデュースはまだ設立されたばかりであった)のプロではなく、俳優を起用していましたが、まあ「聞けるレベル」ではあったと思います。放送時間は人形劇にしては異例と思われる45分でしたが、当時のNHKの力の入れようがうかがえます・しかし・・・・・・・・・・

そう、結論から言えば、光る点も確かにあるのですが、司会進行役が私から見ればこの作品の評価を下げてしまったのです。その司会進行役を務めたのはお笑いコンビ紳助・竜介で、三国志関連事項を分かりやすく説明したのは良いとして、必要以上にでしゃばらせたのがダメでした。

そう、彼らのそっくりさんな紳々・竜々物語の狂言回し役として随所に登場していたのだけど、何で2世紀後半~3世紀前半の中国に関西弁を話すのがいるんだよ。(苦笑)この2人のボケ・ツッコミの漫才も笑えないし、演技も、そもそも役者ですらないから、普通に素人で下手でしたな。(苦笑)

要するに、NHKお得意な(苦笑)「お笑い枠」が、既に昭和57年の時点から存在していた!!という事なのだけど、他には、個人的に「三国志演義」はあまり好きではないけど、特に大きな減点要素は無かっただけに、残念な減点要素でありました。

お笑い芸人じゃなくて、声優同様普通の、それなりに知名度がある俳優等を司会進行役に起用すべきだったと思うけど、まあ、マスゴミなんて所詮学習能力の有無以前に学習しようとする思考回路自体が存在しないようだから今更騒ぐことでも無いかもしれないのだけど・・・・・・・・紳助・竜介も、前者は今や「男版和田アキ子」と言うべきか、裸の王様で、後者は既にこの世の人でないのは時間の流れを感じるけど、残念ながらこの「人形劇三国志」も良い評価は無理ですね。

|

« 「蒼天航路」アニメ版は原作の魅力を表現しきれなかった? | トップページ | アメリカの歴史に刻まれる新たなる1ページ? »

特撮」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/33868479

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「お笑い枠」はすでに昭和57年から存在していた!!(苦笑):

« 「蒼天航路」アニメ版は原作の魅力を表現しきれなかった? | トップページ | アメリカの歴史に刻まれる新たなる1ページ? »