« テガミバチでの、邪推せずにはいられない作中の描写 | トップページ | 旧東欧にとってのソ連=ナチスドイツ以上の侵略者 »

2009/11/08

巨人7年ぶりの日本一と元広島監督の逝去

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20091108-563905.html

頼もしきリーダーが攻守に巨人を引っ張った。阿部慎之助捕手(30)が2回に先制二塁打を放ち、守っても6投手の無失点リレーを演出。7年ぶりの日本一の立役者はMVPに輝き「みんなで勝ち取った日本一。最高です」と叫んだ。

 先発の東野が打球直撃で降板した直後の2回2死三塁。直球2球でカウント1-1からの3球目、外角スライダーをとらえた。「少しタイミングを外された」と言うが、軸足に体重を残し、体を開かず打ち返す。打球はぐんぐん伸びて、中堅フェンスを直撃。「絶対に先制点がほしかったので良かった」と喜んだ。

 その後は守備に神経を集中した。内海には直球主体の組み立てで腕を振らせ、好投を引き出す。6回途中からも救援陣をもり立て、失点を防いだ。9回は2死二、三塁と一打同点の大ピンチ。4番・高橋を空振り三振に仕留めるとマスクを脱ぎ捨て、わき上がる歓喜にようやく身を委ねた。

 入団2年目の7年前より大きな感慨がある。「若い選手に日本一ってすごいんだと味わわせてあげたかった。正直、本当に苦しかったが、最後にみんなで喜べて良かった」。チームの先頭に立ち続けた1年が最高の結末を迎え、心からの笑みがこぼれた。

海の向こうでもヤンキースがあのゴジラの猛打などで世界一となりましたが、日本でも28年ぶりの顔合わせとなった「巨人VS日本ハム」の日本シリーズは巨人の4勝2敗で7年ぶりの日本一に輝きました。

28年前の昭和56年は原辰徳監督デビュー年でもありましたが、今年は監督を務める事になったWBCでも韓国との決勝戦で勝って世界一。プロ野球でも惜しくも完全優勝は逃しましたが、ドラフト制施行後ではまだ4回目の勝率.650越えで独走優勝、そして日本一と、これ以上にない最高の年だったのではと思います。

敗れた日本ハムも勝者を素直に称えるなど潔い態度を見せていたようですが、ダルビッシュの体調が良くなかっただけに少なくとも彼を2回先発させて敗れるよりはまだ良かったのではと思います。彼は球界の至宝の一人だし、無理はさせてほしくないと思っていたからです。3年ぶりの日本一はなりませんでしたが、4年間で3回もリーグ優勝しているのだから、やはり札幌移転は成功していると言えるでしょう。来期も優勝争いしてほしいものです。

一方でこのような訃報もありました。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911080031.htm

広島東洋カープの元監督で、楽天の編成部長を務め、3日に61歳で死去した三村敏之氏の葬儀が7日、広島市安佐南区の葬斎場で営まれた。プロ野球界や一般の参列者たち約800人が最後の別れを惜しんだ。

 遺影はコチョウランに囲まれ、ひつぎには広島監督時代につけていた背番号78の楽天のユニホームが入れられた。山本浩二元監督(63)は40年前の出会いや猛練習を回想。「お互いに負けたくない気持ちで頑張った練習が(初優勝の)原点だった。カープを天国から見守って指導して」と弔辞で語りかけた。広島時代に三村氏の下で7年間、プレーした阪神の金本知憲選手(41)は鍛えられた日々に感謝した。

 野村謙二郎監督(43)やカープOBが参列。斎場の外では大勢のファンが冥福を祈った。

後輩の達川光男はあの平成8年のメークドラマを許した事について「逆に言えば三村さんが巨人の独走を許さなかったと言う事。」とコメントしたそうですが、そりゃ「後に名球界入りする選手が3人(野村・金本・前田智)もいて、優勝確実だったのに中日にまで抜かれて3位に終わったからアホ」だなんて思ってても言えないですからね。

三村氏と言えば、丁度去年の今頃、某雑誌でかっての黄金期について、「根本さん(陸夫)と広岡さん(達朗)・関根さん(潤三)のコーチがその礎を築いた。」と強調されていた(衣笠等も同じような事を述べている)のを目にしましたが、結果論ながらその自分が逆に広島暗黒期を招いてしまったのは皮肉でした。後にヘッドコーチとして古巣に戻りましたが、低迷に歯止めをかけることは出来ませんでした。今村と堂林という2人の甲子園優勝投手のドラフト指名を見届ける事が出来たのが救いだったのかもしれません。何はともあれ、ご冥福をお祈りいたします。

|

« テガミバチでの、邪推せずにはいられない作中の描写 | トップページ | 旧東欧にとってのソ連=ナチスドイツ以上の侵略者 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/32122459

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人7年ぶりの日本一と元広島監督の逝去:

« テガミバチでの、邪推せずにはいられない作中の描写 | トップページ | 旧東欧にとってのソ連=ナチスドイツ以上の侵略者 »