« 「MAJOR」第5シーズン再放送を見た | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版序」の簡単な感想 »

2009/07/08

新テニスの王子様第8・9話-皇帝(又は武田信玄ww)と神の子と

さあ皆さん、今月もやって来ましたよww。えっ、何がって?やだなあ、テニプリの事ですよ。テ・ニ・プ・リww。

9月号予告では、われらが越前王子様(スカしてんじゃねぇよww)のカッコいいwwアップを拝む事が出来たけど、肝心の本編ではついに真田皇帝陛下wwと「神の子」幸村精市くんのバトルが始まりました。

皇帝陛下もさる事ながら、幸村くんもそんな彼の「動くこと雷てい(変換できん)の如し」を、ガットの端っこで打ち返す等ハイレベルな戦いには既にお腹一杯でしたww。

一方他の組み合わせでは、リチャード・坂田、対戦相手の蔵兎座に足かけた所とか相変わらず「ウゼー」な感じwwだったのだけど、めっためったに蔵ちゃんが粉砕してジ・エンド。不動峰の神尾と伊武の、この「非情なる第二次選考」では唯一マトモなww組み合わせ(現時点で)は神尾君の勝利に終わりました。伊武の負け惜しみもかっこ悪かったけど、まあ、ブチャラティほどではなかったねww。

そうした内に、メインイベントであった「皇帝陛下」と「神の子」のバトルは、後者が友情ゆえに手加減無しの非情な戦いに挑むというのも、許斐大先生らしくなかったというか、陳腐であったけど、まさに最強というべきか、茂野吾郎のアニキ(中の人は赤ちゃんwwと同じである事もお忘れなくww。)も苦しめられたイップスにかかってしまいました。しかし、流石は戦国稀有の名将・武田信玄の魂wwが宿った皇帝陛下もこのままで終わるわけは無く、テニス超人wwらしく「黒いオーラ」から漲るパワーで余裕こいていた幸村を本気にさせました。

結局は幸村くんの圧勝に終わったけど、あの怖い怖いww鬼おじさんに「鍛えたかった。」とまで言わしめたのだから、やはり彼もトップクラスの実力者であることには変わりはなかったともいえます。

その後は3試合が展開されましたが、キテレツと老人虐待したクズwwは前者が勝利、天才くんとその弟の兄弟対決も兄貴に軍配が上がりましたが、これも途中経過はカットwwでした。天才くんファン涙目wwでしたなww。宍戸くんと鳳くんの対決は校舎に軍配が上がったけど、余計な負け惜しみは言わないで励ました宍戸くん、あんた「男の中の男」だよ。唯一真面目に読んで清清しく感じられたシーンでした。

そして、ついについにあの史上最狂ww、いや最高のナルシスト・アトーべ様wwの出番となったけど、「ショータイムの始まりだ!!」・・・・・・・・・・いやほんとに涙が出ちゃうww相変わらずカッコよすぎて感動させられたんだもんww(いい加減ウゼーよwwバカww。)

いやあ、8月号の話も史上最高の逆ストーリーテラー・許斐大先生ww、ますますハッスルなのがひしひしと感じられたけど、続けて粋な終わらせ方をしてくれたねぇ~wwえらいねぇ~wwもうほんとに早くも8月4日が楽しみで楽しみでしょうがないですよww。待望の単行本第1巻も同日に発売になるようだし、まさに8月は「テニプリ月間」だねぇww。テニプリますます万歳!!(モチ全く別の意味でww。)

|

« 「MAJOR」第5シーズン再放送を見た | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版序」の簡単な感想 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/30455424

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第8・9話-皇帝(又は武田信玄ww)と神の子と:

« 「MAJOR」第5シーズン再放送を見た | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版序」の簡単な感想 »