« 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その1-「1974年 長嶋茂雄引退」 | トップページ | 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その2-「1975年 赤ヘル悲願初V」 »

2009/06/22

本当にそれだけでいいのか?-冤罪だった「足利事件」への対応

ハッキリ言って全然ダメ。生ぬるいでしょ。長官賞返上だけじゃ。勿論こんな事をしても、被害者の菅家利和氏の「失われた17年」は戻ってこないけど、他にもトップの更迭、全責任者の降格及び夏賞与カットとかしないと駄目ですよ。そこん所の責任はもっとハッキリさせなきゃ。本部長は直接謝罪したらしく、菅家氏もそれに誠意を感じられたらしいけど、ごめんなさいで済むならあなた方警察の存在価値なんてないんですよ。冤罪といえば、特に痴漢とかこれからも怒り易いけど、絶対この足利事件は教訓にしないと駄目ですよ。そうでないと本当に菅家氏はうかばれないですよ。

|

« 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その1-「1974年 長嶋茂雄引退」 | トップページ | 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その2-「1975年 赤ヘル悲願初V」 »

社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/30233957

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にそれだけでいいのか?-冤罪だった「足利事件」への対応:

« 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その1-「1974年 長嶋茂雄引退」 | トップページ | 週刊プロ野球セ・パ誕生60年その2-「1975年 赤ヘル悲願初V」 »