« SNKの意欲が空回りしてしまった「餓狼伝説3」 | トップページ | 全くタイトル負けしていた「リアルバウト餓狼伝説スペシャル」とそのPSリメイク版 »

2009/06/10

「さらばギース」だった筈の「リアルバウト餓狼伝説」

前作「餓狼伝説3」や「侍スピリッツ斬紅郎無双剣」などがコケタので、SNKも流石にやばいと思ったのか、続編が平成7年末に登場しました。その名は「リアルバウト餓狼伝説」。

ゲーム自体も、スウェー・潜在能力システムが改善されたり、強攻撃のパンチ・キックボタンの区別が無くなった変わりにガードされても出せるコンビネーションアタックやストリートファイターZEROシリーズを意識したブレイクショット(対応する必殺技が出せる)が加わるなどの改善点(ただ、リングアウト制は「鉄拳」や「バーチャファイター」シリーズ等の3D格闘ゲームシリーズを意識していたのだろうけど、蛇足でした。)は確かに見られましたが、コンビネーションアタックは反面大味な連続技の大量発生(画面端での飛び道具→通常技につながるキャラも珍しくなかった。)を生み出す等の弊害も無視できなかったと思います。特にフランコなどは凶悪な連続技を有していました。また、3で消えたキム・ビリー・ダックの3人も復活しましたが、他の2人も勿論の事、ダックも近年はKOF初出場を果す等初代敵キャラの中では優遇されている方ですね。

そして、このゲームの目玉は何と言っても、テリー・ボガードとギース・ハワードという2人の主人公の決着だったでしょう。とにかくギースファンの方にとっては涙なしには見られなかった(?)フィナーレだったと思いますが、その後KOF96は正史じゃないからまだともかくとして、2回も登場したのは・・・・・・・・まあ、それほど「悪のカリスマ」な彼の存在感が大きかったという事なのでしょうが、これは少々興ざめでした。

ファンの中には「シリーズ最高傑作」と言う方もいますが、私にとっては、「確かに一定のクオリティは回復したけど、『スペシャル』にはやや及ばない。」というのが個人的な結論です。もう少し大味な所を調整してくれれば、また別の評価になっていたのでしょうが・・・・・結局サムスピもそうだったけど、かってほどの勢いは取り戻せなかった感は否めなかったと思います。大張正巳氏によるアニメ版続編もテリーとギースの決着が構想されていながら(劇場版で、修業中のギースがビリーの前でレイジングストームを放ったのはその伏線である。)結局実現しなかったし・・・・・・・

|

« SNKの意欲が空回りしてしまった「餓狼伝説3」 | トップページ | 全くタイトル負けしていた「リアルバウト餓狼伝説スペシャル」とそのPSリメイク版 »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/30037168

この記事へのトラックバック一覧です: 「さらばギース」だった筈の「リアルバウト餓狼伝説」:

« SNKの意欲が空回りしてしまった「餓狼伝説3」 | トップページ | 全くタイトル負けしていた「リアルバウト餓狼伝説スペシャル」とそのPSリメイク版 »