« ケロロ軍曹劇場版とメール王子 | トップページ | 北野誠には本当に手放しで同情できるのか? »

2009/04/15

アンチ巨人である事は勝手だけど

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20090415-00000184-jij-spo

まあ、今年の巨人リーグ3連覇は確率的には高いと思います。まだ始まったばかりだけど。それよりも、去年は横浜とヤクルトに大きく勝ち越したのがリーグ2連覇、所謂「メークレジェンド」の大きな要因となって、特にヤクルトは新世紀に入って巨人に1回も勝ち越せていないのだけど、「虚塵」とか「協力者」とか「犬ルト」とか変な事ばっかり言ってるアンチ巨人には正直うんざりですね。

「協力者」、「犬ルト」というけど、あの楽天の野村監督だって、「優勝するにはお得意様の対戦チームを作らないといけない。」(というような事を)といった事があるし、去年の巨人以外にも、他セリーグだけでもその「協力者」のおかげで優勝したチームはそれこそ珍しくないのですが。

中日は2006年時はまさにその巨人が協力者(中日には31年ぶりの2桁負け越しを喫するも、阪神には対戦成績タイで4年連続負け越しを免れる。)だったし、阪神は、2005年時は横浜と広島が協力者だった。横浜も1998年の優勝は巨人戦でエース格(伊藤智久、石井一久、川崎憲次郎など)をぶつけた後のヤクルトと対戦する事が多かったのがその要因の一つだったし、古いけど、1960年の三原マジックによる優勝も、14勝11敗1分と勝ち越していた広島が、巨人に対しては17勝8敗1分の大健闘を見せたからだった。広島も1979年の、あの「江夏の21球」のドラマを産んだのは、やはり広岡監督が途中退団したヤクルトに対し、18勝5敗1分と大きく勝ち越して、巨人・阪神戦の負け越しをカバーできたからだった。ヤクルトも、1993年に野村監督初の日本一になれたのは、中日には12勝14敗と善戦していた横浜に22勝4敗とこれまた全くカモとしたからだった。

別に巨人を嫌うのは自由です。勝手です。(私もファンでもアンチでもない。どちらかと言えば、巨人寄りといった所。)でも、この国は何故か政治と野球は似ていて、政治ではyahooコメント欄からも分るように、アンチ与党・麻生総理な連中よりも民主党他野党を批判している人達の方が全然正論な発言(これも断っておきますが、私は別に自民・公明支持者ではないですよ。)をしています。野球もまた然り。結局こういう「アンチ巨人」という人種は、「ただ巨人を批判したくてしょうがない。だから、自分達の言動の矛盾に全く気づいていない人」がちょっと多いんでないかい?と思います。巨人ファンにも確かに勘違い発言をしている人(その筆頭は徳光和夫氏だろうが。)は目立ちますが、最近のアンチ巨人はハッキリ言って「巨人ファン以上にうっとおしい。」ですね。そんなヤクルトまでその様に罵倒するほど憎いんだったらもう野球自体見なけりゃ良いのにとも思いますよ。

|

« ケロロ軍曹劇場版とメール王子 | トップページ | 北野誠には本当に手放しで同情できるのか? »

反アンチ巨人論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/29135163

この記事へのトラックバック一覧です: アンチ巨人である事は勝手だけど:

« ケロロ軍曹劇場版とメール王子 | トップページ | 北野誠には本当に手放しで同情できるのか? »