« 津村長生氏の野茂英雄関連発言について | トップページ | ジョジョ7部感想-第7巻「ジャイロとディオ、そしてあの男も・・・・」 »

2009/04/30

ジョジョ7部感想-第6巻「ノットタイムストッパーバットザウルス」

ヴァレンタイン大統領は、ハッキリ言って「名悪役」の類なキャラなんかではないですが、ビール缶の一気飲み方法を部下に教えるなど愛嬌(?)がある一面も覗かせたのは少々以外でした。

2NDステージはディオが優勝し、そのまま3RDステージに突入したけど、そのディオが落馬・・・・・と思ったら、すぐにジャイロ達に追いついて急にパフォーマンスを披露したけど、まさに・・・・・・・

「最高に「ハイッ!!」ってやつだァァァァァァ!!!」

でしたな。(苦笑)

ジャイロ達はディオと共にある村の小屋に泊まったと思ったら、実はディオは恐竜のスタンド能力を得てジャイロ達に襲い掛かってきたけど、その途中でそんなディオの過去エピソードが挿入されました。子供の頃の彼はジョルノに瓜二つだったけど、父親がろくでなし、母親には愛情を示していた、貧困層であり、激しい上昇志向の持ち主であった事などは一巡前の彼とよく似ていましたね。

恐竜化させられそうなジャイロ・ジョニィとディオが駆け引きを繰り広げる中で6巻の本編は終わりましたが、巻末には大統領の過去エピソードが挿入されてました。こういうボスキャラのそうしたエピソードの挿入も、もうお約束な感があるけど、その割には・・・・・・

|

« 津村長生氏の野茂英雄関連発言について | トップページ | ジョジョ7部感想-第7巻「ジャイロとディオ、そしてあの男も・・・・」 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/29374631

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ7部感想-第6巻「ノットタイムストッパーバットザウルス」:

« 津村長生氏の野茂英雄関連発言について | トップページ | ジョジョ7部感想-第7巻「ジャイロとディオ、そしてあの男も・・・・」 »