« WBCと星野仙一とジャニーズと | トップページ | 「ロックマンワールド5」とナンバリングシリーズへの影響 »

2009/03/09

「ロックマンワールド4」と「玉に瑕」だった点

「ロックマン6 史上最大の戦い!!」「ロックマンX」とほぼ同時期に発売された「ロックマンワールド4」は確かにワールドシリーズのみならず、本家シリーズベスト3に入る名作であります。何が素晴らしかったかというと、①一部特殊武器の用途拡張②新システム・パワーチップシステム③数々のオリジナル演出④ロックマンキラー・バラード⑤オリジナルも勿論含めたBGM、この5点が挙げられると思います。

①は、レインフラッシュでファラオマンステージの流砂を止めたり、チャージキックで特定の壁を破壊出来る等でしたが、こういう拡張こそ是非ナンバリングシリーズPS版で逆輸入して欲しかったと思います。②は、チップを集める事によって、ロックマンの冒険のサポートとなるアイテムをゲットできるシステムでした。これはナンバリングシリーズにも逆輸入されましたが・・・・・・・・・③はクリスタルマンステージの地形変化とかが特に印象深いと思われ、このステージはFC版に比べ難易度が上がったとよく言われてますが、他に多少ある程度のルートもある上にラッシュジェットをゲットしていれば突破は困難ではないなど、確かに初見クリアは無理なレベルだと思いますが、ワールド1のカットマンやワールド3のダイブマン・ダストマンに比べればまだ可愛いレベルだと思います。クリスタルも落下するタイミングが一定となりましたし。他にも、ストーンマンステージも、本来はリングマンステージの中ボスだったカバトンキューが強化されて、配置換えした上に穴やトゲでミスしやすい箇所が増えていてやはり難易度が上がっています。ストーンマン本体も強化されており、画面の関係でパワーストーンがよけにくくなっています。弱点武器よりもバスターやビートの方がかえって楽に倒せます。④は2回目はサングラスをかけて本気モードになっても、バラードを倒す事自体は難しくなく、彼よりもその後の爆発する要塞を切り抜けるほうが難しいのですが、FC並の容量を与えられた事により、会話シーンなど様々なドラマを我々プレイヤーに見せてくれました。特に最後の、つくづく役者だったというか、改心してロックマンの脱出を助けたシーンはまさに「男の中の男」と評するに相応しい名シーンと言えたでしょう。

そして、この記事で私が最も重点を置きたいのは、最後のこの⑤です。オリジナルは、緊迫感あふれるステージセレクト、哀愁あふれるボス戦闘BGMパート3やワイリー要塞ステージなどどれをとってもハズレがありませんでした。これも特筆すべき点だと思います。しかし、FCベースBGMは、ボス戦闘BGMパート1はやはり、オリジナル以上の緊迫感があった良アレンジと言えましたが、クリスタルマンステージはテンポが遅くなっていたのが少々引っかかった点でした。いや、それはまだいい。

一番の問題は、スタッフロールBGM(ロックマンと4・5ボスが戦うシーンで、弱点武器を教えてくれる。)です。これは「ロックマン4」でのスタッフロールBGMでもありますが、元々「ロックマン2」でのオープニング&スタッルロールBGMアレンジ版なのです。まあ、アイテム回収用となったリングブーメランの他にも、フラッシュストッパーやファラオショットも2の特殊武器の強化版な趣があるのですが、ここにもカプコンの「ロックマン2」に対する神聖視の悪影響がちょっとありました。そもそもこのBGM自体、オリジナルと違い、同じルートを繰り返すだけというか、オリジナル以上のBGMかどうかは疑問ですし、また、さらにそれ以前に後のアーケード版でも別のアレンジ版が使用されていたけど、オリジナル自体も本当に歴代スタッフロールBGMでオンリーワンなBGM(ナンバーワンではない)だったのか?名曲なのは否定しないけど、あまり特別視すぎるのもどうかなといい加減思います。

そういう点を差し引いても、このワールド4が冒頭で述べた通りなのは否定しようがないとも思いますが、「玉に瑕」と言うか、ちょっと惜しい点でしたね。折角のGBシリーズだったし、BGMのセンス自体ももはや疑いようがなかったのですから、しっかりオリジナルのBGMで最後を締めて欲しかったなあと思います。

|

« WBCと星野仙一とジャニーズと | トップページ | 「ロックマンワールド5」とナンバリングシリーズへの影響 »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/28544507

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックマンワールド4」と「玉に瑕」だった点:

« WBCと星野仙一とジャニーズと | トップページ | 「ロックマンワールド5」とナンバリングシリーズへの影響 »