« 「ロックマン 危機一髪」を聴いたが・・・・・・・ | トップページ | 野村監督、原監督を斬る!? »

2009/02/23

WBC最終メンバー決定

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/world_baseball_classic/?1235378271

メンバー選考については色々言われていますが、確かに、和田選手が外されたのはともかく、「候補の中」で亀井選手が選ばれたのは不可解な選考とは言えないのかもしれません。守備・走塁能力が買われたのでしょうが、それならば、その前の、「候補」を選考する段階で、実績的に彼より相応しい選手は何人かいたのでは?と思います。鈴木尚選手等の名を出しておられた方の意見も耳にしましたが・・・・・・・・私から見れば、坂本・脇谷各選手と並ぶ、「巨人の若手過大評価選手トリオ」の一人な亀井選手、案外起用が当たるのかもしれないし、始まってみなければ分らない部分も勿論あります。しかし、原監督の身内ゆえの贔屓が全く無かったともまた言い切れないと思います。いずれにせよ、WBC第2回大会、日本は連覇なるのかは気にはなりますが・・・・・・・

それよりも自分が興味あるのは、和田選手等共々落選組となってしまった松中信彦選手についてです。松中選手は平成17年は3年連続打点王、しかも何れのシーズン120打点以上は、あの王前監督ですらやっていない。内16年は平成初の三冠王とまさに絶頂期でした。でも、その直後の大型契約から結果論ですが、チームも彼自身もどこか歯車が狂ってしまった。18年は首位打者となったが、長打は激減、19年はさらに打撃三部門共に期待に応えたとは言いがたい成績に低下。チームも3年連続3位で、プレーオフ4年連続敗退。まあ、プレーオフ自体私は日本プロ野球にはそぐわない代物だと信じて疑わないのですが、まさにその大型契約を結んだ時に「打つだけの選手とあんな契約を結ぶソフトバンクはおかしいですよ。」と批判した、OB・広岡達朗氏のいうとおりになってしまったわけです。元々同氏の人間性は好きではない私はこの時点で、松中選手にはそれほど思い入れは無くとも、「守備では一流だったのかもしれないけど、打撃では打撃三大タイトルどれか1回も獲った事の無い人にああまで言われて悔しくないのか!!」と思ったものでした。そして、去年は成績はやや持ち直したけど、チームは実質リーグ3連覇してからまだ3年しかたっていないのに、12年ぶりの最下位転落・・・・・・・・・・

松中選手と言えばまた、2chで「落合中日監督とどちらが上か?」というスレがたっていたけど、こうした「全盛期が異なる選手同士の比較」などまさに「無駄無駄無駄無駄無駄!!!」ですよ。

なんか、やたら「球場が狭かったから」等の理由で一昔前の選手を過小評価したがる輩がいるみたいですが、それこそ「○○の遺産」共々表面的な見方というか、短絡的でもあるでしょう。

確かに落合博満だけでなく、ベーブルースとか、王貞治とか、野村克也とかをそのまま2009年にタイムスリップさせれば、大した成績は残せないのかもしれない。でもタイムスリップではなく、生まれ変わっていれば、体格やトレーニング・用具等の環境の面で昔より恵まれていたという想像は難くないと思います。それにあと、落合監督を過小評価したがる輩はリーグ移籍1・2年目に成績が下がった事を侮辱する人もいますが、リーグを変えて成績が下がったのは決して彼だけではないですよ。

その落合氏の師匠でもあった、故山内一弘氏は優勝には貢献したけど、打率は2割6分弱で藤本定義監督も「山内が意外に低打率なのは計算に合わん。」とぼやいたほどで結局生涯打率3割を切ってしまったし、やはりまだ亡くなられてから間もない故江藤慎一氏も、ロッテ1年目は完全なレギュラーとは言いがたかった。2年目で「史上初の両リーグ首位打者」を達成したけど・・・・・・・・故大杉勝男氏も、王氏を指導した荒川博監督と指導の面で反りが合わなかったというのもあったけど、1年目の不振で一時は控えになりかけていた。田淵幸一氏も然りで、石嶺和彦氏や清原和博氏も、本塁打・打点は移籍前年以上の数字を残したけど、打率は低下で、前者は「オリックスからの移籍組は好結果をもたらさない。」という証明となってしまったし、後者は「番長」という、マスゴミに勝手に作られた虚像が半ば一人歩きしてしまっているけど、言い方悪いけど、巨人の不良債権みたいになってしまったではないですか。だからといって、落合監督本人が、評論家時代に「リーグが変わると、相手投手のデータを新たに見る必要があるから、1・2年の猶予が必要。」というような言い訳は蛇足だったと思うけど・・・・・・・・・まあ、話は少しずれてしまったけど、松中選手も、チームの大先輩の景浦安武選手より先に引退と言う事などにならないように、落選をバネにして頑張って欲しいものですね。景浦選手、いや、あぶさんは漫画の中だけでのお話ですが。

|

« 「ロックマン 危機一髪」を聴いたが・・・・・・・ | トップページ | 野村監督、原監督を斬る!? »

スポーツ」カテゴリの記事